GPU情報

NVIDIA CEOが台湾を訪問したとされる。3nmウェハーの確保、RTX 3000 GPUの在庫とRTX 4080 12GBのキャンセルでAIBを支援するためにTSMCと協議する

投稿日:

NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏が、最近台湾を訪れ、TSMCでの次世代GPUの3nm受注を確保したとの情報が台湾の情報筋から入ってきている。

ジェンセン氏は、TSMCと話をしたほか、いくつかのAIBを訪問し、既存のGPUの在庫とその処理方法に関する最新情報を入手したという。

NVIDIAのCEO、Jensen Huang氏がTSMCの3nmウェハの受注を確保するために台湾を訪問したと報告される

MyDriversが報じたように、NVIDIAのCEOは最近台湾を訪問し、TSMCおよびそのAIBパートナーのトップエグゼクティブと会談したようです。

AMDのCEOであるリサ・スー博士も、TSMCの3nmおよび2nmを中心とした次世代ウェーハの受注を確保するために同様の計画を立てていると最近報じられていた。

TSMC(Taiwanese Semiconductor Manufacturing Company)訪問の主要議題の1つは、N5と4Nの追加キャパシティの確保であり、同時に次世代3nmウェーハの確保に向けた交渉も開始した。

TSMCの最先端3nmプロセスノードで次世代チップを生産するために、多くの顧客が列をなしており、NVIDIAも間違いなくその1社になりたいと思っているはずだ。そ

のため、同社は事前に計画を立て、生産段階に先駆けてTSMCと話し合いを始めなければならない。

TSMCの3nmノードが量産されるのは来年ですが、Apple、AMD、NVIDIAのいずれからも、この新しいノードを採用した次世代製品が登場するのは2024年以降になる見込みです。

つまり、これらの企業が次世代製品について話し始めるまで、長い間待つことになりそうです。

一方、NVIDIAとAMDは、いずれもTSMCの4NとN5プロセスノードを採用した最新のGPUとCPUをリリースしており、これらは少なくとも2年のライフサイクルを経て、新しいものに置き換わっていくことになる。

3nmプロセスノードを利用したNVIDIAの次世代製品がどのようなものになるかは断言できないが、以前のリークで示唆されたBlackwell GPUになる可能性はある。

NVIDIAのCEOは、同社のグラフィックスカードの製造を担当するAIBパートナー数社を訪問したとも伝えられている。

訪問の理由は、GeForce RTX 3000 GPUの在庫状況が円滑に処理されているかどうかを確認するためだったという。

周知の通り、NVIDIAは暗号通貨が暴落し、PC市場が縮小した際に、GPUの在庫を大量に抱えることになった。

NVIDIAのAIBパートナーは最近、DIYとOEMセグメントの両方で利用できるRTX 3070 Ti(GA102)、RTX 3060 Ti(GDDR6X)、RTX 3060(8GB)などのさまざまなGeForce RTX 3000シリーズ製品のリリースを開始しました。こ

れらにより、AIBは在庫の大部分を一掃し、NVIDIAのRTX 4000シリーズGPUに集中することができます。

また、同社は最近、GeForce RTX 4090グラフィックスカードの生産能力を削減し、データセンターのHPC/AIチップにシフトして、中国禁止前のGPU A100 & H100の最後の残りの注文を満たすようにしました。

最後に、NVIDIAのCEOであるJensen Huangは、最近のRTX 4080 12GBグラフィックスカードのキャンセルについて、AIBの完全なサポートを行ったとも伝えられています。

NVIDIAはすでに、AIBが負担した製造コストの大部分を負担することを約束しています。

AIBは、これをNVIDIAのCEOによる前向きな意思表示と見て、次の発売がよりスムーズに行われるようにするのは間違いないでしょう。

ソース:wccftech - NVIDIA CEO Allegedly Visits Taiwan: Talks With TSMC To Secure 3nm Wafers, Help AIBs With RTX 30 GPU Inventory & RTX 4080 12 GB Cancellation

 

 

 

解説:

TSMC3nm確保へ向けて、nviida CEOが台湾詣で

RTX5000シリーズの生産に使用するため、TSMC3nmの確保に向けて既に動き出しているようです。

一般消費者向けに最初のRTX4000シリーズであるRTX4090を出したばかりですが、既に次のモデルの生産について動き出しているようですね。

RTX5000は一説によるとコードネームはBalckwellになると言われています。

TSMC3nmは未だに量産が開始されていないような書き方が本文中にされていますが、これは間違いで、

中国の短文SNS、weiboで情報発信しているユーザーによるとTSMC3nmを使う半導体企業は上のような画像の予定になっているようです。

この投稿は今年の8月になされたものですが、この予定通りだとすると、Appleは既に生産に入っているということになります。

PC勢ではIntelが来年のQ4で一番手、nVidiaとAMDが2024年のQ3で二番手に付けています。

 

 

RTX4080 12GBキャンセルに関する補償はnVidiaは全面的に持つ

と言う噂を裏付けるようにまたしても情報が流れてきています。

RTX4080 12GBは名前を変えて来年早々に販売される可能性が高いと私は考えています。

逆に言うと年内発売はほぼ無いでしょう。

元々のRTX4080 16GB/12GBの発売日は11/16ですから、ここでキャンセルするとなると、年内は不可能です。

RTX4070がどうなるのかは不明ですが、RTX3060Tiが12月に発売されたことを考えると、年内に発売される可能性も0ではないのかなと思います。

如何にnVidiaと言えども新製品の発売にクリスマスシーズンを逃すのは痛いのではないかと思います。

RTX4080 12GBは既に現物は生産されているのでしょうから、名称とパッケージを変更して販売するのでしょう。

変更される可能性が最も高い名称はRTX4070Tiだと思います。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.