CPU情報 GPU情報

AMDのCEO、7nmハイエンドNavi Radeon RX GPUと7nm Mobility Ryzen CPUを確認 - 高性能ゲーミングPCとノートブックを目指して

投稿日:

復活の赤いドラゴン

AMDは昨日第2四半期の2019年の収益を発表し、収益発表の間に彼らの今後の7nm製品に関するたくさんの情報を明らかにした。 ハイライトされた製品には、主流およびハイエンドデスクトップPC向けのRyzenプロセッサシリーズおよびRadeon RXグラフィックスシリーズがあります。

 

AMDのCEO、エンスー向けデスクトップPC用の7nm NaviハイエンドRadeon RXグラフィックカードとハイエンドノートパソコン用の第4世代Ryzen CPUを確認

Q / Aセッションでは、AMDのCEOであるDr.Lisa Su氏が、ハイエンドの7nm Naviグラフィックスカードと7nmモビリティプロセッサについての質問が出された。

 

Hans Mosesmann

「素晴らしい。そして、7nmのHigh-end NaviとMobileの7nmのCPUで可能であれば、私たちに意味を教えてもらえますか。 ありがとう。」

Lisa Su

ハンス、とても良い質問です、それはもうすぐ発売されます。 それらは順調に進んでおり、そして私たちが現在次の四半期に発表した製品を超える多くの7nm製品のポートフォリオを持っていることを期待してください。」

アルファを求める より

AMDは最近、7nm Navi 10 GPUベースのRadeon RX 5700シリーズを発売しました。

Radeon RX 500シリーズの次世代代替品として設計されたRadeon RX 5700シリーズは、NVIDIAのRTX 2060およびRTX 2070シリーズのグラフィックスカードと比較して優れた競争力を提供します。 しかし、GeForce RTX 2080、RTX 2080 Tiを含む

NVIDIAの最先端のグラフィックスカードスタックにはまだ議論の余地はなく、AMDは現在それらと競合するグラフィックスカードを持っていません。

Radeon VIIは存在すると言えるかもしれませんが、最近の報告によると、市場で入手可能ないくつかのカスタムデザインがあるRTX 2080およびRTX 2080 SUPERと比較して、カードのEOLが終了しました。

 

AMDがハイエンドの7nm Naviが確実に登場していることを確認したことで、ハイエンドのグラフィックス市場でもやっとAMDが活動を再開することができます。

ハイエンドのナビGPUが$ 700 US RTX 2080または$ 1200 US RTX 2080 Tiに対して配置されるのであれば、面白いでしょう。

それにもかかわらず、500ドルのUS +市場でより多くのオプションを用意できるのは、常にいいことです。

現在、AMDの次のNavi SKUがNavi 12になるという噂が広がっています。

実際、2つの変種、おそらくハイエンドのデザインであるNavi 12とローエンドの市場に役立つことになるNavi 14が進行中です。

Navi 12は、Navi 10 GPUの40 CUと比較して、64 CU設計を推奨する最大4096のSPを搭載できるとも言われています。

どれだけこれが真実になるかは確かではありませんが、AMD NaviとRDNAのアーキテクチャーが今後も変わらないことがわかっています。

Naviの発売前には、AMDのハイエンドNaviグラフィックスカードが2020年に発売され、レイトレーシングがサポートされるという報告がありました。

それがAMDが彼ら自身のスライドでほぼ確認したことです。

第一世代のRDNAベースのハイエンドカードは、2019年後半に発売される可能性がありますが、さらに情報が届くのを待つ必要があります。

リサはまた、AMDのノートブックPC向け第4世代のRyzenファミリーが近日中に発売されることを確認しました。

Renoirとして知られる最新のファミリは、現在の3rd Gen Ryzenの「Picasso」CPUファミリに代わるもので、7nm Zen 2コアと7nm GPUアーキテクチャをすべてシングルチップパッケージに収めたものです。

High-end  NaviグラフィックスカードとMobile Ryzen CPUはどちらもそれぞれのプラットフォームにとって素晴らしいニュースであり、これからの四半期にはそれらについてもっと知るべきです。

アンケートで、High-end Naviのパフォーマンスが上がると思うところを教えてください。

ソース:wccftech - AMD CEO Confirms 7nm High-End Navi Radeon RX GPUs and 7nm Mobility Ryzen CPUs – Aimed at High-Performance Gaming PCs and Notebooks

解説:

先日techpowerupの翻訳記事のwccftech版が出ました。

こちらは私が書いた解説とほとんど同じことが書いてありますが、Navi12が64CU、4096SPとなっています。

これだけのSP数だと、RTX2080Ti相当という可能性もあるのかなと思います。

なかなか面白い展開となっていると思います。

サムスンの7nmEUVがコケて、Naviが予定通り出るとすると、AMDがnVidiaに追いつく可能性が出てきたと言ってもよいでしょう。

また、Mobile Ryzen 7nmの話も出てきました。

第三世代のMobileRyzenが出たのが今年の1月で、毎年更新されていることを考えると、そろそろそんな時期かなあという感じです。

このMobile RyzenはゲーミングPCには直接関係がありませんが、ほぼ同様の体裁でデスクトップのAPUにも出まし、PS5などのAPUにも関係がある可能性がありますので、要チェックです。

やはり、毎年プロセスが更新されるというのはものすごいメリットで毎年新しい技術の恩恵が受けられるというのは強いと思います。

こちらは7nmですが、7nmEUVを使うZen3のうわさもそろそろ流れてきてもよいころかもしれません。

intelが足踏みしている間にどんどん先に進むAMD。

しばらくはAMDの快進撃が続くでしょう。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 5700シリーズ発売開始

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-CPU情報, GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.