GPU情報

AMD最小のRDNA 2 GPU「Navi 24 "Beige Goby"」が目撃される - 最大1024コア、16MB Infinity Cache、64ビットバスを搭載

更新日:

AMDの最小のRDNA 2 GPUであるNavi 24(コードネーム:Beige Goby)の詳細が、最新のドライバLinuxグラフィックドライバパッチでリークされました。

Phoronixが発見したこの新しいGPUの詳細は、TwitterのLocuzaによって強調されており、AMDの最小の第2世代RDNAチップに何を期待すべきかについての素晴らしい概要を示しています。

AMD Navi 24 RDNA 2 GPUのコードネームは「Beige Goby」、最大1024コアと16MBのInfinity Cacheを搭載

AMDのNavi 23「Dimgrey Cavefish」GPUの実物はまだ見ていませんが(最近のリーク情報によると、発売はかなり近いようです)、Navi 24「Beige Goby」GPUがリークし、その初期仕様が明らかになりました。

RDNA 2ファミリーの最小チップであるNavi 24 GPUは、デスクトップ/モビリティ用のRadeon RX 6000グラフィックスカードやRyzen APUにいくつかの使用例があると思われます。

翻訳

おもしろいですね、ベージュのハゼはNavi24のようです。

SDMAエンジンは1つですが、通常のdGPUは2つ、16MiB Infinity Cache/Last Level Cacheを搭載しています。

128KiBのL1$を4つのWGP/8CUで共有しています。

1MBのL2$。

1つのShader Engineに2つのShader Arraysを組み合わせても、8WGP/16CU=1024 Shader Coresにしかならない。

Locuza社によると、AMD Navi 24 RDNA 2 GPUは、シングルSDMAエンジンを搭載します。

チップには2つのシェーダアレイが搭載され、合計8つのWGPと最大16のコンピュートユニットが搭載される。

AMDはコンピュートユニットあたり64個のストリームプロセッサを搭載していますので、Navi 24 GPUの総コア数は1024個となり、32コンピュートユニットに2048個のストリームプロセッサを搭載しているNavi 23 GPUの半分となります。

コア数に加えて、各シェーダーアレイには128KBのL1キャッシュ、1MBのL2キャッシュ、16MBのLLC(Infinity Cache)が搭載されています。

初期の噂では、Navi 23以下のGPUには最終レベルのキャッシュが追加されないと言われていたので、Infinity Cacheの追加は非常に興味深い。

Van GoghとRembrandtのAPUには、RDNA 2と同様の統合GPUが搭載される見込みだが、ディスクリートチップにはInfinity Cacheが搭載され、iGPUにはInfinity Cacheが搭載されないようだ。

また、AMD Navi 24 RDNA 2 GPUは、64ビットのバスインターフェースを採用し、ローエンドのRadeon RX 6500またはRX 6400シリーズに搭載される予定です。

AMDがRDNA 2ベースのNavi 24 GPUをいつ市場に投入するかはわかりません。

モバイルプラットフォーム向けのRDNA 2はまだ発売されておらず、Navi 23は数週間後に発売される予定です。

2021年半ばには発売されると予想されます。つまり、NVIDIAのGeForce RTX 3050シリーズのグラフィックカードは、モバイルとデスクトップの両方の分野で、しばらくの間、競合他社の追随を許さないでしょう。

グラフィック
アーキテクチャー
GPU
コードネーム
別名アーキテクチャー製品
GFX900VEGA 10GCN 5.0RX VEGA /
Radeon Pro
GFX902RAVENRaven Ridge / PicassoGCN 5.0Ryzen 2000/3000
(G/GE)
GFX904VEGA 12GCN 5.0Vega Pro 20
(MAC)
GFX906VEGA 20GCN 5.0Radeon VII /
Radeon Pro VII
GFX908ARCTURUSCDNA 1Instinct MI100
TBCALDEBARANCDNA 2Instinct MI200
GFX909RAVEN2GCN 5.0未確認
GFX909RENOIRGCN 5.0Ryzen 4000
(H/U/G)
GFX1010NAVI 10RDNA 1RX 5700/
5600(M/XT)
GFX1011NAVI 12RDNA 1PRO 5600M
(MAC)
GFX1012NAVI 14RDNA 1RX 5500
(M/XT)
GFX1030NAVI 21Sienna CichlidRDNA 2RX 6900/
RX 6800
GFX1031NAVI 22Navy FlounderRDNA 2RX 6700
GFX1032NAVI 23Dimgrey CavefishRDNA 2RX 6600
GFX1033NAVI 24Beige GobyRDNA 2RX 6500/
RX 6400
GFX1033VAN GOGHRDNA 2Ryzen Low-
Power APU
GFX1040VAN GOGH
LITE
RDNA 2Ryzen Low-
Power APU
AMD GPU
キャッシュ
構成
RDNA L1
(GL1)
L2 (TCC)L3 / インフィニティ
キャッシュ (MALL)
Raven / Picasso
Renoir / Lucienne / Cezanne
---1M---
Raven2---128K 2---
Vega20---4M---
Arcturus---8M?---
Aldebaran---8M---
Navi10 / Navi12128K4M---
Navi14128K2M---
Van Gogh128K1M---
Sienna Cichlid128K4M128M
Navy Flounder128K3M96M
Dimgrey Cavefish128K2M32M
Beige Goby128K1M16M

ソース:wccftech - AMD’s Smallest RDNA 2 GPU, The Navi 24 ‘Beige Goby’, Has Been Spotted – Features Up To 1024 Cores, 16 MB Infinity Cache & 64-bit Bus

 

 

解説:

コードネーム「ベージュのハゼ」が姿を現す

「ベージュのハゼ」とは何のことかと言うとNavi24のことです。

nVidiaも最下位モデルのGT1030のような製品は一つおき(つまり4年に一度)しか更新しませんが、AMDもRDNA2世代ですべての製品を更新してしまうつもりのようです。

Navi24は1024SP+16MBインフィニティキャッシュを搭載することになるようです。

元記事ではRX6500やRX6400といった製品に搭載されるのではないかとされています。

nVidiaは比較的下位モデルの搭載に向いているモバイル製品のRTX3050をさっさと出してしまうようですが、AMDはデスクトップ製品から噂が聞こえるようになってきました。

Polaris世代のAMDの下位製品はnVidiaのラインナップに押し出される形で有名無実化していましたので、ラインナップの一新は実に印象的な出来事です。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.