CPU情報

インテル、AMD Ryzen 9 7950Xより11%優れたゲーミングパフォーマンスを実現するRaptor Lake CPU「Core i9-13900K」を公開

投稿日:

AMDが示した性能比較スライドでは、同社のCPU「Core i9-13900K Raptor Lake」がゲームベンチマークで「AMD Ryzen 9 7950X」より高速であることを主張している。

IntelのCore i9-13900K "Raptor Lake "はCPUゲーミングベンチマークでAMD Ryzen 9 7950X "Zen 4 "より11%高速になる

Intelは、先日インドで開催されたRaptor Lake発表イベントでスライドを公開し、合計12タイトルでIntel Core i9-13900K CPUとAMD Ryzen 9 7950Xを比較する全く新しいスライドを披露しました。

設定や解像度については言及されていませんが、ゲームは以下のタイトルに及んでいます。

  • Arcadegeddon
  • Total War: Warhammer 3
  • PUBG Battleground
  • Grid Legends
  • Total War Saga: Troy
  • Far Cry 6
  • Hitman 3
  • Guardians of The Galaxy
  • League of Legends
  • Marvel's Spiderman Remastered
  • Conqueror's Blade
  • The Riftbreaker

Intel Core i9-13900K Raptor Lake CPUは、AMD Ryzen 9 7950Xと比較して、-1%から最大22%のゲームパフォーマンスの向上を実現します。

平均すると、11%の性能向上となり、非常に大きな伸びとなります。

同社はこれにとどまらず、いくつかのコンテンツ作成アプリでのパフォーマンスを紹介し、CPUが最大16%、平均で6%高速化されていることを示しました。

これらのベンチマークが純正の電源プロファイルで実行されたのか、それとも「Unlimited Power」プロファイルで実行されたのかはまだ不明ですが、もしこれが本当に純正の結果であれば、かなり良い結果であると言えます。

インテル Core i9-13900K 24コア Raptor Lake CPU仕様

インテル Core i9-13900Kは、Raptor LakeのフラッグシップCPUで、24コア32スレッド、8Pコア16Eコアの構成となっている。

CPUの構成は、ベースクロック3.0GHz、シングルコアブーストクロック5.8GHz(1-2)コア、オールコアブーストクロック5.5GHz(P-Core8個全て)です。CPUは68MBの複合キャッシュを搭載し、PL1定格は125Wで最大253Wまで対応する。

また、今回詳しく紹介した「無制限電力モード」使用時には、最大350Wの電力を消費することができるCPUだ。

  • Core i9-13900K 8+16(24/32) - 3.0 / 5.8 GHz - 66 MBキャッシュ、125W(PL1)/ 253W(PL2)
  • Core i9-12900K 8+8 (16/24) - 3.2 / 5.2 GHz - 30 MBキャッシュ、125W (PL1) / 241W (PL2)

Intelの第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、700シリーズチップセットファミリーと一緒に明日10月20日にリテールで発売される予定です。

AMDとIntelは、メインストリーム/バジェットセグメントに移行する前に、まずプレミアム製品を押し出すことで知られているので、Intelが非Kラインナップに踏み切る前に、'K' unlocked partsとZ790ボードを導入することを期待します。

ソース:wccftech - Intel Shows Core i9-13900K Raptor Lake CPU To Deliver 11% Better Gaming Performance Than AMD Ryzen 9 7950X

 

 

 

解説:

Ratporlake Core i9-13900KはAMD Ryzen 9 7950Xより平均11%ゲーム性能が勝っている。

らしいです。

環境が公開されていませんので、本当にフェアな比較かどうかは分かりません。

しかし、各メディアにレビューが掲載されるのは既に時間の問題なので変な嘘はさすがにつかないと思います。

CEOが前にはいかせないと言った以上はフラッグシップでは勝っていると思いますが、ゲーム以外のベンチマークではイーブンな結果があるのは気になるところです。

Zen4が余ったことから考えても、Raptorlakeの販売の主力は無印モデルになると思います。

特に日本では円安効果でかなり値上がりしていますので、もう手が出ないよと思っている方もいるでしょう。

Intel600シリーズからの乗せ替えが中心になるのではないでしょうか。

特にCore i5はAlderと比較するとEコアが付いていますので、買い替えの恩恵が大きいです。

世界的に景気が減速して、IntelやAMD、nVidiaの業績もかなり悪化しています。

この時期に強気にK付モデルを大量に仕入れてくるのは難しいと思います。

また、リーク情報を追いかけている方は来年に出るMeteorから大きく変わることもご存じでしょうから、どうせ買うなら来年かなと思っている方も多いのではないでしょうか。

Raptor自体は良い製品だと思いますが、時期が悪かったですね。

それはZen4も同じですが。

 

 

 

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

(AMD 100-100000926WOFはRyzen 7 5700Xです)

created by Rinker
AMD
¥11,869 (2022/11/26 13:13:57時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥10,404 (2022/11/26 13:18:02時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.