CPU情報

Intel Core i9-12900 Alder Lake CPUをASUSのフラッグシップマザーボード「ROG Maximus Z690 Extreme」でテスト

投稿日:

インテル社の最新CPU「Core i9-12900 Alder Lake」が、ASUS社のフラッグシップマザーボード「Z690 ROG」で動作していることが、UserBenchmarkで明らかになりました。

Intel Core i9-12900 Alder Lake CPUがASUSのフラッグシップマザーボード「ROG Maximus Z690 Extreme」で動作しているのを発見

この記事は、台湾のASUS本社で、インターネットに接続したまま、2つの未発表製品をテストした人たちからのものです。

テストプラットフォームには、12900Kのアンロックされていない兄弟製品で、16コア24スレッドのコア構成を持つIntel Core i9-12900無印が含まれています。

ここに掲載されているチップは、ベースクロックが2.4GHz、平均ブーストクロックが4.25GHzでした。残りの仕様は、30MBのL3キャッシュ、PL1で65WのTDP定格となる。

今回のエントリーのメインコンポーネントは、ASUSのマザーボード「ROG Maximus Z690 Extreme」です。

最上位のZ690 ROGマザーボードは、数週間前にEECに掲載されていましたが、発売が近いこともあり、ASUSはIntelのAlder Lake CPUを搭載したフラッグシップマザーボードのテスト・評価を開始しました。

このボードには、16GBのDDR5-4800メモリが搭載されています。ハイエンドのROG Z690マザーボードはDDR5メモリのみのサポートとなりますが、メインストリームのROG STRIXのラインナップはDDR5とDDR4の2種類が用意されています。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

パフォーマンスに関しては、UserBenchmarksが提供するベンチマークは、AMDのCPUに偏っていることが知られているため、あまり価値を置いていませんが、インテル対インテルのCPU比較は可能です。

※ UserBenchmarkはマルチスレッド性能の加重が極度に低いため、Intel有利と言われていますが、恐らく書き間違いでしょう。

ここでは、1コア(シングルコア)と64コア(マルチコア)の2つのCPUテストを紹介します。1コアテストでは214点、マルチコアでは2510点を記録しています。

インテル Core i9-11900Kはそれぞれ190点、1852点でした。これは、Core i9-12900にそれぞれ13%と36%の差をつけています。

このチップは11900Kほどブーストが高くない(最大5.3GHz)ことや、Windows 10で測定したことを考えると、パフォーマンスはやや低い。

しかし、十分な性能向上であり、完全にアンロックされたチップにはそれ以上のものが期待できるでしょう。

ソース:wccftech - Intel Core i9-12900 Alder Lake CPU Tested on ASUS’s Flagship ROG Maximus Z690 Extreme Motherboard

 

 

 

解説:

Alder Lakeのベンチマーク結果がまたリーク

今度はUserBenchmarkで、こちらは12900無印の結果のようです。

こちらは11900Kと比較されていますのが、無印であるにもかかわらず、シングル、マルチスレッド両方の結果で圧倒しており、12900Kはもっと速いことが期待されます。

発売を目前にして、次々と秘密のヴェールの向こう側がチラチラと見えてきて、圧倒的な性能が垣間見えるわけですが、私の好き嫌いは置いておいて(笑)やはり、圧倒的な性能だと思います。

AMDは年内は新製品を出しそうにありませんが、是非CESでは何か発表があって欲しいところです。

キャッシュ増量されたZen3+があったとしてもちょっと追いつけなさそうな性能ですが、それでも何も出さないと、話題にすら上りません。

ここは是非とも新製品を出して欲しいところ。

 

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.