GPU情報

NVIDIA、GeForce RTX 4080 12GBをキャンセル、RTX 4080 16GBは11月16日の発売に向けて調整中

投稿日:

 

NVIDIAは、GeForce RTX 4080 12GBグラフィックスカードの発売を中止する一方、16GBのバリエーションは11月の発売を予定していることを公式に確認しました。

NVIDIA、GeForce RTX 4080 12GBグラフィックスカードをキャンセル、RTX 4080 16GBは11月の発売予定に

NVIDIA GeForce RTX 4090グラフィックスカードは、技術コミュニティ全体から好評を得ていますが、GeForce RTX 4080 16GBと12GBモデルについては、多くの論争がありました。

この論争は、RTX 4080 16 GBの価格が1199ドルであるのに対し、RTX 4080 12 GBの価格が899ドルであり、2枚のカードの価格性能比が単に一線を画していたことに起因しています。

最近のベンチマークでNVIDIAは、RTX 4080 16 GBがRTX 4080 12 GBより最大30%高速であることを示しました。

RTX 4080 12GBは素晴らしいグラフィックスカードですが、名称が正しくありません。4080という呼称のGPUが2つあるのは紛らわしいです。

そこで、4080 12GBの「unlaunch」ボタンを押すことにしました。RTX 4080 16GBは素晴らしく、11月16日に世界中のゲーマーを喜ばせる勢いです。

4090の行列や熱狂ぶりがその表れなら、4080の評判も凄いことになりそうです。

NVIDIAより

公式ベンチマークを元にまとめると

  • RTX 4090 vs RTX 4080 16GB、ネイティブ4K時=50%高速
  • RTX 4080 16GB vs RTX 4080 12GB、ネイティブ4K時 = 28%高速
  • RTX 4080 12GBとRTX 3090 Tiの比較(ネイティブ4K時) = 11% 低速

ご覧の通り、NVIDIA GeForce RTX 4090とRTX 4080 16GBの2枚は、AmpereのフラッグシップであるRTX 3090 Tiにかなり差をつけられていることがわかる。

RTX 4080 12GBは約11%遅いのに、NVIDIAはこのモデルを899USドルで販売したが、RTX 3090と3090 Tiが小売市場で800~1000USドル程度、中古市場でそれよりずっと安く手に入ることを考えると、非常に悪い値付けであることがわかる。

NVIDIAは、RTとDLSSの数値を使用することによって、このカードの性能の位置付けをより良く示すことができると考えたかもしれませんが、それはうまくいかず、したがって、現在、12 GB RTX 4080グラフィックスカードの公式なキャンセルを見ているのです。

https://twitter.com/hms1193/status/1580982934160699393?ref_src=twsrc%5Etfw

RTX 4080 12GBのキャンセルにより、今度は「80」クラスのGPUとしては過去10年以上、最大の値上げが行われることも意味する。

GTX 680の発売以来、NVIDIAの80クラスの価格は最大40%引き上げられ、699USドル(RTX 2080 & RTX 3080)になっている。

RTX 4080 16GBでは、1世代で71%という非常識な値上げが行われている。

そのため、80クラスのグラフィックスカード、それもNon-Tiのパーツをこのような高い値段で勧めるのは難しいでしょう。

NVIDIA GeForce RTX 4080 16GBの「公式」スペック

NVIDIA GeForce RTX 4080 16GBグラフィックスカードは、従来の構成が80SMまたは10,240コアを提供していたのに対し、合計84ユニットのうち9,728コアまたは76SMを有効にしたカットダウンAD103-300 GPU構成を利用することが期待される。

フルGPUは64MBのL2キャッシュと最大224個のROPを搭載しているが、RTX 4080は縮小設計のため、48MBのL2キャッシュと低いROPにとどまるかもしれない。

このカードは、PG136/139-SKU360 PCBをベースとすることが予想される。このグラフィックスカードは、ピーククロック2505MHzを提供すると言われている。

メモリのスペックとしては、GeForce RTX 4080は16GB GDDR6Xの容量を揺り動かすと予想され、256ビットバスインターフェースで22.5Gbpsの速度で調整されると言われています。

これは、最大720GB/sの帯域幅を提供することになります。

これは、RTX 3080が320-bitインターフェイスを搭載しているが、容量が10GBと少ないため、RTX 3080が提供する760GB/sの帯域幅よりまだ少し遅い。

低い帯域幅を補うために、NVIDIAは次世代メモリ圧縮スイートを統合して、256-bitインタフェースを補うことができるかもしれません。

  • NVIDIA GeForce RTX 4080 16GB「公式」TBP - 320W
  • NVIDIA GeForce RTX 3080 12 GB 「公式」TBP - 350W

電力については、TBPの定格電力が340Wに設定され、前回取得した320Wのスペックから20W増加した。

これにより、TBPは既存のRTX 3080グラフィックスカード(最大350W)と同程度の性能となった。

なお、BIOSの最大TGPは516Wとされている。現在、他のRTX 40シリーズグラフィックスカードもより高速なGDDR6Xメモリ処理を受けるかどうかは不明だが、Micronが最大24Gbps GDDR6Xメモリモジュールのフル量産を開始したことが分かっているので、どこかに行くはずだ。

NVIDIA GeForce RTX 4080 12GBの「公式」スペック(現在はキャンセルされています。)

NVIDIA GeForce RTX 4080には、12GBのバリエーションも用意されており、フルファットSKUである7,680コアまたは60SMを有効にしたAD104-400 GPU構成を利用すると予想される。

GPUは48MBのL2キャッシュを搭載し、192-bitバスインターフェイスを採用しているため、最大で12GBのGDDR6X容量が用意されることになる。メモリは21Gbpsで動作し、504GB/sのメモリ帯域幅を実現するという。カードは2610MHzのブーストクロックとされているが、ピーク周波数はより高くなる予定だ。

NVIDIA GeForce RTX 4080 12GB「公式」TBP - 285W
NVIDIA GeForce RTX 3080 10GB "公式 "TBP・・・320W

電力については、TBPの定格が285Wに設定され、RTX 3080の10GBモデルに対して35W減少している。

RTX 3080よりも高いパフォーマンスが期待できるカードだが、4080 16GBよりもスペックが削られていることを考えると、両モデルには大きな開きがありそうだ。なお、BIOSの最大TGPは366Wとされている。

NVIDIA GeForce RTX 4000シリーズ公式スペック:

グラフィック
カード名
NVIDIA GeForce
RTX 4090
NVIDIA GeForce
RTX 4080 16G
NVIDIA GeForce
RTX 4080 12G
GPU名Ada Lovelace
AD102-300
Ada Lovelace
AD103-300
Ada Lovelace
AD104-400
製造プロセスTSMC 4NTSMC 4NTSMC 4N
ダイサイズ608mm2378.6mm2294.5mm2
トランジスタ数760億459億358億
CUDAコア数16,3849,7287,680
TMU数 /
ROP数
512 / 176320 / 112240 / 80
Tensor /
RT コア数
512 / 128304 / 76240 / 60
ベースクロック2230 MHz2210 MHz2310 MHz
ブーストクロック2520 MHz2510 MHz2610 MHz
FP32演算性能83 TFLOPs49 TFLOPs40 TFLOPs
RT TFLOPs191 TFLOPs113 TFLOPs82 TFLOPs
Tensor-TOPs1321 TOPs780 TOPs641 TOPs
メモリ容量
・種類
24 GB GDDR6X16 GB GDDR6X12 GB GDDR6X
メモリバス幅384-bit256-bit192-bit
メモリ速度21.0 Gbps23.0 Gbps21.0 Gbps
メモリ帯域幅1008 GB/s736 GB/s504 GB/s
TBP450W320W285W
価格 (希望小売
価格 / FE版)
$1599 US$1199 US$899 US
発売日2022/10/122022/11/16キャンセル

旧スケジュールでは、NVIDIA GeForce RTX 4080 16GBとTX 4080 12GBが11月に発売される予定でしたが、11月16日に発売されるのは16GBモデルのみ&RTX 4080 12GBは別のカードとして、別の名前でいつか再登場するかもしれないようですね。

ソース:wccftech - NVIDIA “Unlaunches” GeForce RTX 4080 12 GB, RTX 4080 16 GB On Track For 16th November Launch

 

 

 

解説:

RTX4080 12GBがキャンセル、RTX4080 16GBは11月16日発売へ

となりました。

RTX4080 12GBの仕様を見たとき、明確にRTX4070(Ti)として予定されていたモデルを無理やりRTX4080に仕立てたような印象がありましたが、やはり、海外のユーザーからの評価もあまり高くなかったようです。

RTX4080 12GBはRTX4070かRTX4070Tiとして使うべきモデルだと思います。

モデル名採用チップCUDAコア数1CUDAコア
22円とした
時の価格
RTX4070TiAD1047,680168,960
RTX4070AD1046,912152,064
RTX4060TiAD1045,120112,640
RTX4060AD1064,09690,112
RTX4050AD1063,07267,584

これを受けて私が予測していた各モデルの想定価格は上のように直しておきます。

機械的な計算で出している予測なので外れる可能性が大きいです。

単なる参考と言うことにとどめてください。

1CUDAコア当たり22円としているのはRTX4080 16GBから計算しています。

割合が同じならば、上のようになると思います。

ただし、下位のモデルになるとクロックが上がったり下がったりしますので、恐らくこのようにきれいに均一にはならないと思います。

クロックは考慮してません。

今は為替が円安に振れています。

1ドル147円台になっていますので、この想定価格から上がることはあっても下がるのは難しいかもしれません。

以前話をしたように、RTX4000の生産計画がマイニング特需終了前のモノだったとして、価格が下がったとしても円安で日本での価格は下がらないかもしれません。

高いなあと言うのが正直な感想です。

この方のツイートによると、アメリカ20代公務員の給与が手取り44万円くらいなので、これでもアメリカ人にとっては十分現実的な価格なのでしょうね。

日本人の平均給与が30年間停滞している間に外国ではどんどん給与が上がっていたのでいったん円安に振れると購買力の差がモロに出ています。

今更のようにDXなどと言っていますが、未だにFAXやフロッピーディスクを使っているようなアナログな社会ではもう海外には追いつけないということなのでしょう。

 

 

 

 

nVidia RTX4090(Amazon検索リンク)

※転売品が横行していますのでご注意ください。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥92,180 (2022/11/26 05:02:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/11/26 05:15:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥96,800 (2022/11/26 05:30:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.