GPU情報

GTC 2020でのNVIDIAのヒント、Ampere GPUの発売:「あなたは失望しません」

投稿日:

NVIDIAのAmpere GPUは、過去1年間で多くの憶測の原因となっており、同社がついに発表する準備ができているようです。

過去のリークも2020年3月の発売のタイムフレームを示しており、ジェンセンは「あなたは失望することはない」と主張しており、これは最終的にはそうです。

会社がGTC 2020でAmpereを開始する予定の場合、すぐに通常のソースからリークが出現し始めるのを確認する必要があります。

 

NVIDIA Ampere GPUはGTC 2020で発表されますか?

NVIDIAのCEOであるJensenはここしばらく世間の注目を浴びていませんでしたが、最近の四半期決算会議で、彼はすべての人をサンノゼでGTC 2020に招待しました。

おもしろいのは、彼が少し誘いをかけるような文言で締めくくったことです。「あなたは失望することはないでしょう」

Jensenは虚偽の約束をするものではないことを考慮して、私は、今後のGTCカンファレンスで一連のローンチ(紙など)を検討することになると確信しています。

先に進む前に、呼び出しからの抜粋を以下に示します。

2020年度第4四半期のNVIDIA四半期業績におけるJensen Huangのコメント

NVIDIA RTXグラフィックスとNVIDIA AIプラットフォームへの強い需要とデータセンターの記録的な記録を記録した素晴らしい四半期でした。

NVIDIA RTXはコンピューターグラフィックスを改革し、市場の反応は優れており、ゲーム用グラフィックスとプロ用グラフィックスの両方で強力なアップグレードサイクルを推進しています。

独立したクリエイティブワーカーやソーシャルコンテンツクリエイターの巨大なコミュニティや、レンダリングとクラウドゲームの新しい市場にサービスを提供するまったく新しい機会を提供します。

..........来月のサンノゼでのGTCカンファレンスでは、これらの主要なトレンドについてさらに詳しく話します。

一緒にやろう。

失望することはありません。

みんな、ありがとう。

NVIDIAはまた、コールが価格の標準化に伴い(より)Turing GPUに移行するゲーマーをますます目にする機会が増えたと述べています。

同社は、以前の暗号通貨に支えられた高値をまだ達成していませんが、Ampereはまさにそれを実現するアーキテクチャであることが証明される可能性があります。

同社はかなり長い間16nm(12NFFノードは16nm FFノードに改名されました)にとどまり、AMDがすでに7nmになっているため、事態は過熱し始めています。

同社がAmpere GPUを搭載した7nmに移行した場合、より高度な製造プロセスの経済性を活用できるだけでなく、カードの絶対性能も向上させることができます。

これまでに分かっていること

NVIDIAのAmpere GPUがEEC認定に合格したとき、以前に聞いたことがありますが、それ以降は何も出てきませんでした。

ただし、現在は暫定的なスケジュールがあります。2020年に開始されます。

NVIDIAがRTXの哲学を継続し、Ampereで次のレベルに引き上げる可能性が高いです。

現在、Turing GPUは、ライトから中程度のパスレイトレーシングワークロードの1080p 30 fpsでレイトレーシングが可能です。

Ampere GPUはさらに先へ進むことになるでしょう。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

Samsungの7nm EUVプロセスに基づいているという事実は、パフォーマンスの利点と電力効率の利点を検討していることを意味します。

それだけでなく、信じられないかもしれませんが、実際には、7nm EUVは標準的なUVマルチパターニングよりも簡単に製造できるはずです。

EUVは、会社が新しい光源に移行する際の難易度曲線の一種のリセットと考えてください。

ただし、これには大規模なリツールが必要になりますが、大規模生産にはほぼ確実に価値があることが証明されます。

少なくとも、考慮されうるすべての比較対象と電力効率の50%の向上を見込めます。

NVIDIAはTSMCの最大の顧客の1つであり、ほぼ現代のゲーム技術の夜明け以来、忠実な後援者です。

彼らが実際にSamsungの7nmテクノロジーへの移行を計画している場合、それは会社だけでなくTSMCにも影響を与えるでしょう。

ここで起こっている可能性のあるものは2つあります。Samsungが金銭的により良い取引を提供している、またはNVIDIAがSamsungの7nm技術が優れていると信じる理由があります。

これが当てはまる理由の1つは推測できます。

現在、TSMCの7nmプロセスはEUVに基づいていませんが、EUVノードが計画されています。

NVIDIAがSamsungに移行する予定のプロセスはEUVです。

これは、TSMCベースのプロセスよりも、SamsungのEUVプロセスが目標を達成するのに役立つと考えられる理由があることを意味します。

もう1つの潜在的な理由は、TSMCが大量のボリュームを提供することができず、Apple Inc.よりも優先することは決してないことです。

同時に、AMDは多くの容量を使い果たしており、NVIDIAの好みに合わせるには難しくなりつつあります。

一方、Samsungのファウンドリは十分な能力を備えており、Samsung Electronicsの巨大な規模を考えると、歩留まりの問題には資金を投じて解消することができるでしょう。

Samsung製とみなされるものはすべて、NVIDIAのような野心的な企業にとって合理的なパートナーです。

現在、Intelファウンドリの能力に大きな疑問符があり、TSMCは受注をむさぼっているため、SamsungはNVIDIAが活用できる唯一の最先端ファウンドリです。

GlobalFoundriesは今年初めに最先端のレースから脱落しました-そもそもと考えられていたわけではありません。

ソース:wccftech - NVIDIA Hints At Ampere GPU Launch At GTC 2020: ‘You Won’t Be Disappointed’

 

解説:

nVidiaの決算説明におけるCEOのコメントからGTC2020でRTX3000シリーズの何らかの発表があるのではないかという話がまた出ています。

実際にどうなるのかははっきりしません。

Turingの時は暗通貨バブルの崩壊によって在庫が発生し、情報リークへのガードがPascalの時よりもかなり固くなっていますが、RTX3000シリーズはそれにもまして固くなっています。

一方製造工場に関してはSamsungを当て馬に使ってTSMCとの条件を有利に進めているのではないかと取れる情報もありましたが、AMDがTSMCのキャパシティのほぼすべてを使ってしまうため、Samsungで製造せざるを得ないのではないかという憶測がまた出ているようです。

現在、韓国は政情的に不安定な状態になりつつあり、中国のスマホメーカーXaomiが世界初のLPDDR5対応スマホのメモリをMicronに発注したという話も出ており、半導体製造競争の中で韓国がどのような地位を占めていくのか不透明な状況になりつつあるといってよいでしょう。

また、政治スタンスが左派のムン大統領はSamsungを激しく攻撃しており、関連会社も含めて、役員が裁判にて有罪判決を受ける事態になっています。

このような中でnVidiaがSamsungにオールインするのはやはり危険すぎるといわざるを得ないでしょう。

また、Samsungの最先端工場は停電に見舞われているという情報も入っており、個人的にはSamsungの工場を使っても一部のモデルだけになるのではないかと思います。

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

RTX2080Ti最安

RTX2080Ti OCモデル

 

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.