CPU情報

AMD、Zen 2アーキテクチャを採用したエントリーレベルのRyzen 5 4500、Ryzen 3 4100、Athlon Gold 4100GEの各CPUを発表

更新日:

AMDは、Zen 2コアアーキテクチャを採用したエントリーレベルのRyzenおよびAthlon CPUをいくつか準備しているようです。

これらのプロセッサは、USB-IFデータベースで発見され、デスクトッププラットフォームを対象としたRyzen/Athlon 4000ファミリーの一部である3つの新しいSKUを含んでいます(via Komachi)。

Zen 2コア・アーキテクチャを採用したAMD Ryzen/Athlonエントリーレベル・デスクトップCPUを発見

AMD Ryzen 5 4500」、「Ryzen 3 4100」、「Athlon Gold 4100GE」という3つのZen 2デスクトップ製品が発表されました。

その命名規則に基づいて、いくつかの仕様を解読することができますが、重要なことは、これらが古い4000シリーズのラインアップの一部であり、5000シリーズのSKUに完全に置き換えられているということです。

5000シリーズにはエントリーレベルのZen 3 SKUがないため、これらのチップはZen 2ベースの3000SKUのリフレッシュとして機能し、わずかなスペックアップを提供することになるだろう。

AMD Ryzen 5 4500は、Ryzen 5 3500に代わるチップで、6コア、6スレッド、最大19MBのキャッシュを搭載しています。既存のRyzen 5 3500のクロックは、ベースで3.6GHz、ブーストで4.10GHzなので、Ryzen 5 4500はそれよりも高いクロックを提供することが期待できます。

また、TDPは65Wとなります。Ryzen 3 4100」は「Ryzen 3 3100」の後継モデルで、4コア8スレッド、18MBのキャッシュを搭載しています。

Ryzen 3 3100のクロックスピードはベースで3.60GHz、ブーストで3.90GHzとなっており、4100のSKUはそれよりも高いクロックを搭載することになります。また、TDPは65Wに設定されています。

AMD Athlon Gold 4100GEは、Athlon Gold 3150GEの事実上の後継製品で、4コア、4スレッド、6MBのキャッシュを搭載しています。

このチップは「GE」バージョンで、Vega(3 CU)統合GPUと最大4.0GHzのクロックをサポートします。

また、「GE」バージョンはTDPが35Wであるため、GE以外のSKUではより高いクロックが期待できます。

AMD Zen 2搭載Ryzen/Athlon 4000デスクトップSKU

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2 + L3)
TDPiGPU価格
Ryzen 5 45006 / 6未確認未確認19 MB65W無し未確認
Ryzen 3 41004 / 8未確認未確認18 MB65W無し未確認
Athlon Gold 4100GE4 / 4未確認未確認6 MB35WVega 3
(192SP)
未確認

現在のところ、いずれの製品も価格については明らかにされていません。

AMD Ryzen 5 4500およびRyzen 3 4100の小売価格は150ドル以下、Athlon Goldの小売価格は100ドル以下になると思われますが、

より重要な問題は、これらのチップが小売セグメントに参入するかどうかです。

今回のZen 2の刷新は、DIY市場ではなくOEMセグメントを対象としているようだが、特定のOEM専用チップがアジア太平洋地域の特定の小売業者によってDIYセグメントで販売されているのを見たことがあるので、これらのチップが実際に販売されるのを待ってみるのも面白いでしょう。

ソース:wccftech - AMD Readies Entry Level Ryzen 5 4500, Ryzen 3 4100 & Athlon Gold 4100GE CPUs Based on Zen 2 Architecture

 

 

 

解説:

Zen3世代の100ドル以下の低価格帯モデルの噂が出る

Ryzen 5 4500,Ryzen 3 4100,Athlon Gold 4100GEの3つのモデルの名前が挙がっています。

これらはリテールではなく、OEM向けのようです。

しかし、AMDのCPUがIntel製品よりも人気が出てからお得感が無くなりつつありますので、ぜひともリテールでも出して欲しいところ。

特にAthlon Gold 4100GEに関しては初のZen2コア搭載Athlonブランドですから、かなりお得感があります。

しかも4コアですので、5000円以下で発売されれば人気爆発するのではないでしょうか。

仕様的にはRyzen5 4500はRyzen 5 3500XのRyzen 3 4100はRyzen3 3100のリネームと言ってよいと思います。

クロックは不明ですから、コア数とスレッド数から判断すればそうなります。

そろそろ、Zen+コアの製品も低価格帯から一掃されてもよいころだと思います。

これだけの性能の製品が低価格帯で発売されるというのはとても意義のあることだと思います。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

 

 

Ryzen3

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.