その他

AMDとNVIDIAのGPU売上は減少を続け、レポートでは出荷数が50%減少すると推定される

投稿日:

AMD、Intel、NVIDIAの出荷台数は、今年後半の収益予測により修正されています。

アナリストは、IntelとNVIDIAの収益が減少すると予測しているとDigiTimesは報じています。

そして、最近の暗号通貨の下落のおかげで、GPUの出荷量も50%もの減少が予想されています。

NVIDIAとIntelは、PCのCPUとGPU部品の重要な売上を失う危険性があり、AMDとAppleは若干の増加を見込んでいる

インテルは80億~110億ドルの減益を予想し、所得目標を650億~680億ドルに引き下げた。

同組織は、PCの収益が10%減少すると見ている(2021年との対比)。

COVIDの大流行が2021年のPC販売と部品への関心を高めた。

NVIDIAは、ポストパンデミックの低下と重要なデジタルマネーのクラッシュのために、売上高が減少しました。

台湾のGPUプロバイダは、彼らの2022年の出荷が50%近くに落ちるだろうと測定し、DigiTimesによって参照されるソースは、NVIDIAの収入が "想像を超えたペースで "落ちるようになると言います。

NVIDIAはこの問題や今年のデジタル通貨の暴落で減少している。

したがって、台湾のGPUプロバイダーは、2022年の出荷量が50%もの幅で落ちると評価している。

情報筋によると、これはNVIDIAの年収の増加を殺し、下落が予想されるとのことです。

先日届けられたNVIDIAの前期の第2四半期利益報告書では、予想よりも根本的にマイナスな四半期となった。

消費者技術の減少は、現在、ディスプレイ、IC、基板を製造するあまり重要でないチップ部品メーカーに影響を及ぼしており、それは手始めに過ぎない。

そのような企業の1つであるノートブック用MCUとタッチスクリーンコントローラーのメーカーであるElan Microelectronicsは、第3四半期末に30%の収入減を予想しています。

Chromebookの出荷台数は60%もの打撃を受けると予想されています。

レノボとHPは、それぞれのChromebookの特定モデルの出荷台数が60%減少すると予想しています。

WindowsノートブックとPCの売上は、一貫して最大15%減少すると予想されています。

Asus、Acer、Dell、HPは、ゲームやビジネスノートPCの分野でより高い製品が売れるという経験しています。

さまざまなメーカーが売り上げを維持するために争う一方で、AMDとAppleはこうした広範な問題を回避する方法を見つけ出しています。

AMDは、データセンター・プロセッサーや組み込みCPUの開発でインテルから市場利益を奪ったため、第2四半期の利益が70%拡大するなど、巨大な発展を遂げました。

しかし、AMDは、出荷台数が16%減少するとの想定を拡大した。

AMDは、第3四半期の収益は増加するものの、穏やかなものにとどまると予想しています。

アップルは最近、2022年の販売台数が2800万台という記録的な数字になったことを確認した。

DigiTimesのレポートによって示されるように、AMDの開発は基本的にインテルがパイのその一般的な部分を失ったためです。

インテルは実質的に市場の80%を支配している。

しかし、最後に(M1とM2 ARMチップで)AppleがCPUプロバイダに変わったとき、多くの注文を失った。

AMDのサーバーファームにおける急速な拡張と、ザイリンクスとの合併による収入源が、インテルの困難に拍車をかけるだろう。

ソース:wccftech - AMD & NVIDIA GPU Sales Continue To Decline, Reports Estimates Shipments Drop By 50%

 

 

 

解説:

IntelとNVIDIAの収益が減少

主に暗号通貨の下落とコロナ禍の巣籠需要が消失したことによる影響です。

この2社とは対照的にAMDとAppleは収益が横ばいもしくは上昇しています。

理由はやはり、AppleはM1/M2ノートを販売しAMDはEPYCによってIntelのマーケットシェアを奪ったためでしょう。

Zen3以後、AMDは全体から見るとわずかな割合である自作市場に力を入れるのをやめ、モバイルのOEMやサーバー市場に力を入れました。

こちらの影響は極小で自作ユーザーとしては誠に残念なことながら、この決断は大正解だったと言わざるを得ません。

デスクトップでは圧倒的な負けを記録し、何か影響があったのではないかと思わされますが、残念ながらそんなことは全然なかったということです。

モバイルのAlderLakeの出荷の影響がどのあたりから出てくるのかはわかりませんが、最近ではCPUの性能よりもGPUの性能やAIアクセラレーターなど、別のベクトルの性能に力点が移っているように私には感じます。

AMDの次のモバイルCPUであるPhoenixPointではGPUの性能がまた大幅に強化されますので、これがどのように影響するのかといったところでしょう。

 

-その他
-, , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.