GPU情報

NVIDIAは、RTX 4000 GPUの商品棚の場所を作るために、Ampereの在庫を値下げしてAIBを支援する

投稿日:

暗号マイニングの暴落が始まって以来、グラフィックスカードの価格は低下している。

価格低下と入手可能性に起因する可能性がありますが、アドインボード(AIB)企業は、既存のAmpere「GeForce RTX 30」GPUの在庫を大量に過剰保有したままです。

NVIDIAは現在、次世代RTX 40ラインアップのためのスペースを作るために、そのAIBセラーに残っているNVIDIA Ampereの数量を移動するように支援していると噂されていると、Moore's Law is Deadは報じています。

動画の中でTomは、「NVIDIAは直接、AIBがEnthusiast Lovelaceの大きな事前購入と引き換えに、GA 102の予備在庫を解消する手助けに乗り出しました」と述べています。

この情報は、YouTuberが現場のインサイダーから観察したものだそうです。

彼は続けて、NVIDIAの援助があったとしても、どの企業もプレミアムGA102(RTX 3080およびRTX 3090 GPU)の在庫を解消するまでに数カ月はかかるだろうと述べています。

AIBは、RTX 3060 TiやRTX 3070といったローエンドおよびミッドレンジGPUで構成されるグラフィックスカードの在庫を「自分たちで」処理することになる。

AIBを支援する同社の過剰在庫解消計画は成功しているように見える。

"チャネルはすでにRTX 3090が枯渇し始めており、RTX 3090 Tiも同様に在庫枯渇の兆しを見せ始めている "と関係者の1人はコメントしている。

AMDとNVIDIAは、まだ懸念を示すのに十分な数量がある場合、8月末に向けて積極的に行動することが予想されます。

グラフィックスカードの価格は、今月末を過ぎても下がり続け、9月には再び伸びると示唆されている。

NVIDIAはさらにコストを下げる可能性があるが、AMDは価格を保つために市場から退出することを予想している。

AMDとNVIDIAは、今後数ヶ月の間に次世代グラフィックスカードをリリースする予定ですが、これが市場に打撃を与えるかもしれません。

一つ確かなことは、今が、個人またはビジネス・システム用の新しいグラフィックス・カードの交換またはアップグレード可能なオプションのために買い物を始める最適な時期であるということです。

ソース:wccftech - NVIDIA Reportedly Assists Its AIBs With Ampere Stock Through Price Drops To Make Room For RTX 40 GPUs

 

 

 

解説:

nvidiaがAmpereの在庫を処分するために値下げを敢行

現在では上位モデルはほとんど在庫が処分できたようです。

しかし、ミドルからローエンドモデルに関しては販売店の努力に負うところが大きいようです。

Ampereの在庫問題が解消しなかったため、本来のスケジュールでは6-7月に発売出来たはずのRTX4000シリーズがQ4まで後退したのですから、暗号通貨マイニングは終わっても大迷惑だと断言できるレベルです。

イーサリアムのPoS移行によってもう2度とGPUがマイニングに使われることは無いと思いますが、マイナーには最後まで責任持ってもらいたいですね。

ゲーマーにとっては迷惑千万です。

納得できれば販売店の在庫処分に付き合うのも一つの手段だと思いますが、RTX4070がRTX3090Tiとほぼ同等の性能があるとわかった現在、どうひっくり返っても消費電力と価格はRTX4070の方が下でしょうから、Ampereの在庫処分に付き合う合理的な理由はありません。

※ ただし、クリエイター用途でメモリ容量が必要な方はその限りではありません。

RTX3090Tiの価格が下がったとしても10万以下になるとは考えられれず、10万以下で売られる可能性が高いRTX4070の準備が始まっている以上、Ampereの在庫処分は見送るのが賢いと私は思います。

 

 

-GPU情報
-, , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.