CPU情報 その他

AMDのTHATICが米国のブラックリストにヒット、中国ではこれ以上Zenコアは作れません

投稿日:

AMD logo

今日米国は禁止団体のリストに5つの追加の中国企業を追加しました、これらはアメリカのテクノロジーへのアクセスから遮断されているHuaweiのような会社に加わるでしょう。

2016年、AMD(NASDAQ:AMD 29.1 - 3.03%)は、中国と共同で、天津海光先端技術投資有限公司(THATIC)を設立し、初代Zenコアのチップ開発ライセンスの取得を決定しました。

 

中国は現代のx86コアへのアクセスを失うでしょうが、AMDはすでにTHATICでほとんど行われています

先週議論したように、中国は現代のマイクロプロセッサを製造する部門に欠けています。

中国企業はロジック設計と製造の両方に追いつこうとしてきたましたが、AMDとのJVは「THATIC」と省略されますがロジック部分の助けとなっていました。

中国はすでにIntelのXeonの購入を制限されていたので、THATICは必要性の高いx86チップが国内に進出するための道となりました。

AMDはHaiguang Microelectronics Co.(HMC)に51%出資しており、14nm Zenベースの製品の製造を容易にします。

最終的な製品はHygon Dhyanaと呼ばれるEPYCクローンであり、これは実際には元々の合弁会社が設立されてから3年後にCESで、最近発見されました。

今日学んだことは細部については軽いことでしたが、いくつかのことを推測することができます。

私たちは、THATIC全体がHuaweiと同じ禁止リストに掲載されていると伝えています。

米国商務省は、この事業の重要な要素の1つであるSugonとの提携を挙げています。

これは、政府機関や軍事機関によって提携または所有されている顧客を含む、多くの中国の顧客にスーパーコンピューティングシステムを設計および販売します。

米国政府は、この技術が中国の核爆弾シミュレーションの実行を他の軍事アプリケーションの中で実行するのを助けているのではないかと懸念していると述べた。

Advanced Micro DevicesのCEOであるDr. Lisa Su氏は、この年のComputexで行ったコメントによると、パートナーシップの関連性を軽く扱いました。

Su博士によると、THATICはAMDの次期Zen 2搭載製品を製造するためのIPを受け取れないでしょう。

それを超えて、既存の技術のために、AMDはレジスタ転送レベル(RTL)が合弁事業の一部には移されなかったことを過去に明らかにしました。

言い換えれば、HMCとHygonは実際にZenコアを製造するための青写真を持っていません。

Hygonが販売しているのは基本的に、ブランド変更されたEPYC 7000シリーズプロセッサで、カスタマイズされたサイバーセキュリティ対策のためのロジックブロックが中国政府から要求されていることを疑う余地はありません。

GlobalFoundriesまたはTSMC(NYSE:TSM 40.52 0.03%)が実際にプロセッサを製造しているものだったので、彼らができることはあまりありません。

そのため、IPの盗難に対する懸念は最小限に抑えられます。

実際の禁止がどのようにそしていつ有効になるかは未定のままにされた、それで我々はその長期的な、JVが溺死しているとしか仮定することができない、

しかし、Hygon Dhyanaのチップ製造・販売がいつ中止されるのかは誰にもわからない。

AMDへの影響という点では、損失は最小限に抑えられます。

AMDは2016年の契約の結果として現金の注入を受けましたが、おそらく継続中のロイヤリティを受け取っています。

しかし、この取引は同社にとって大きな貢献者とはなりませんでした。

AMDが最新世代のIPをTHATICに供給するつもりはなかったことが確認できたので、同社がその事業のこの領域を拡大したくなかったとみなすことができます。

もちろん、最小限の影響があるにもかかわらず、このニュースは会社にプラスの効果をもたらすわけではありません。

AMDの株価は3%以上安値で29.10ドルとなり、先週の上昇を相殺しました。

ソース:wccftech - AMD THATIC Hit With U.S. Blacklist, No More Zen Cores For China

 

解説:

AMDが中国政府系の企業と合弁してEPYCのカスタマイズモデルを供給していたという話です。

このカスタムEPYCを供給することによって、Xeonが購入できない中国政府系企業がx86の高性能プロセッサを軍事転用できたのではないかという話です。

AMDはこの契約によって資金の注入を得ていたようです。

何か大問題のような印象を受けますが、重要なロジックの部分は技術移転されなかったということなので、Zen2コアのRyzenを中国が使うことはできないってことのようですね。

この中国とのJVはすでに有名無実化しているようで、大きな問題にはならないというような話のようです。

金だけもらって中国と合同でEPYCを作ったように見せかけて、肝心の技術移転はしなかったという、キツネとタヌキの化かし合いみたいな話です。

虎視眈々と技術の窃盗を狙う中国と、徹底的に自社の技術を守り通すアメリカ企業、中国もずるがしこいですが、アメリカの企業もしたたかです。

この辺は「どうしていいのかわからない」とか泣き言をほざくしか能のない某国の経営者にも見習ってほしいところです。

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.