CPU情報

ブーストクロック5.8GHz、350Wの「無制限電力設定」CPU Intel Core i9-13900K Raptor Lakeは、CinebenchでAMD Ryzen 9 5950Xより最大67%高速

投稿日:

IntelのCore i9-13900K Raptor Lake CPUのベンチマークは、発売を2ヶ月後に控えて、続々と発表されている。

最新のベンチマークはOneRaichuによるもので、「Unlimited Power」設定とデフォルトのブースト周波数5.8GHzでこのチップの最大ポテンシャルを示しました。

Intel Core i9-13900K Raptor Lake CPUは「Unlimited Power」設定で5.8GHz&350Wでデフォルト動作、Cinebenchでは5950Xより67%高速化

今回テストしたIntel Core i9-13900K Raptor Lake CPUのサンプルは、24コア32スレッド、8Pコア16Eコア構成のリテールチップと思われる。

CPUには合計68MBのキャッシュが搭載されており、クロックだけ見ても「Retail-Ready」サンプルの方が良いということが分かる。

2コアで5.8GHz、8Pコアで5.5GHzの最大ブーストクロックを実現している。

正確なテスト構成は明らかにされていないが、OneRaichuは、標準の「Limited Power」と「Unlimited Power」設定の2つのプロファイルでチップのテストを行った。

最初の設定では、チップはシングルコアのスコアが2290点、マルチコアのスコアが35,693点、最大消費電力は253Wを達成しました。

Unlimited Power」設定では、すべての制約を取り除き、CPUのポテンシャルをフルに発揮させます。

この新しいプロファイルでは、Intel Core i9-13900K Raptor Lake CPUのシングルコアのスコアは2288ポイントと最初の設定と同じだが、マルチスレッドのCPUスコアが大きく向上しているのが特徴だ。

Cinebench R23のマルチスレッドスコアは40,616ポイントに跳ね上がり、これは標準的なパワープロファイルに比べて14%も向上していることになる。

Intel Core i9-13900K Raptor Lake 5.8 GHz CPU(電力無制限時/ソース:OneRaichu):

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Intel Core i9-13900K Raptor Lake 5.8 GHz CPU(電力制限あり/ソース:OneRaichu):

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

同時に、CPUの消費電力も253Wから345Wへと劇的に増加していることは、数日前にもお伝えしたとおりだ。

14%の性能向上に対して36%の電力増加なので、間違いなくここで最高の性能効率を得ることはできないが、電力料金を気にしない人は、最高のパフォーマンスを得るために「Unlimited Power」プロファイルを使用することになるのは間違いないだろう。

 

 

先代のCore i9-12900Kと比較して、Intel Core i9-13900Kは最大48%(Unlimited Power時)、30%(Limited Power時)の性能アップを実現しています。

AMD Ryzen 9 5950Xと比較すると、67%もの大幅な性能向上(Unlimited Power時)、Limited Power時でも47%もの性能向上を達成しています。

  • インテル Core i9-13900K vs Core i9-12900K(消費電力無制限、350W)・・・48%高速
  • インテル Core i9-13900K vs. Core i9-12900K(消費電力250W)・・・30%高速
  • インテル Core i9-13900K vs Ryzen 9 5950X(消費電力無制限、350W)・・・67%高速
  • インテル Core i9-13900K vs Ryzen 9 5950X(消費電力250W)・・・48%高速

さて、このベンチマークをもう少し面白くするために、AMD Ryzen 7000 CPUは、CinebenchにおいてZen 3パーツよりもマルチスレッド性能が35%向上すると予想されていることが分かっています。

ここでは、電力制限されたCore i9-13900Kが253WでRyzen 9 5950Xに対して48%の性能向上を実現していますが、Ryzen 7000 CPUの最大PPTは230Wであることが分かっています。

つまり、フラッグシップの13900Kのマルチスレッド性能は、Ryzen 7000フラッグシップよりも少し高い(2桁の向上)結果になるかもしれないが、20Wの差だ(8Wの差の場合)。

全体として、これは次期Raptor Lakeチップの強力なマルチコア性能と言えそうです。消費電力と温度の詳細な数値はまだ不明ですが、1つ確かなことは、MTタスクにおいて、Raptor LakeはAMDのRaphaelに苦戦を強いるかもしれないということです。

フラッグシップのCore i9-13900Kを含むIntel第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、Z790プラットフォームで10月に発売される予定です。

このCPUは、同じく2022年秋に発売されるAMDのCPUラインナップ「Ryzen 7000」と対決することになる。

Intel Raptor Lake vs AMD Raphael デスクトップCPUの比較「予想」:

CPUファミリAMD Raphael (RPL-X)Intel Raptor Lake (RPL-S)
製造プロセスTSMC 5nmIntel 7
アーキテクチャーZen 4 (Chiplet)Raptor Cove
(P-Core)
Gracemont
(E-Core)
フラッグシップ
SKU
Ryzen 9 7950XCore i9-13900K
コア数/
スレッド数
最大16/32最大24/32
合計L3
キャッシュ容量
64 MB
(+3D V-Cache)
36 MB
合計L2
キャッシュ容量
16 MB32 MB
合計
キャッシュ容量
80 MB68 MB
最大クロック
(1T)
5.7 GHz5.8 GHz
サポート
メモリ
DDR5DDR5/DDR4
メモリ
チャンネル数
2チャンネル (2DPC)2チャンネル (2DPC)
メモリ速度DDR5-5600DDR5-5600
DDR4-3200
プラット
フォーム
600シリーズ (X670E/X670/B650/A620)600シリーズ (Z690/H670/B650/H610)
700シリーズ (Z790/H770/B760)
PCIe Gen 5.0GPU & M.2両対応
(Extreme チップセットのみ)
GPU & M.2両対応
(700シリーズ のみだが分割)
内蔵
グラフィック
AMD RDNA 2Intel Iris Xe
ソケットAM5
(LGA 1718)
LGA 1700/1800
TDP (最大)170W (TDP)
230W (PPT)
125W (PL1)
240W+ (PL2)
発売時期2022/92022/10

ソース:wccftech - Intel Core i9-13900K Raptor Lake CPU With 5.8 GHz Boost Clock, 350W “Unlimited Power Setting” Up To 67% Faster Than AMD Ryzen 9 5950X In Cinebench

 

 

 

解説:

電力制限解除時の13900Kのマルチスレッド性能は5950Xの1.67倍になる。

ただし、ほんの僅か、誤差レベルでシングルスレッド性能が下がっていることもあって、ゲーマーにとってはあまり意味が無い設定と言うことになりそうです。

1stと2nd Ryzenまではいくらマルチスレッド性能で勝っていても、シングルスレッド性能が及ばないのでIntelの方がゲーム向けと言う結論だったと思いますが、電力制限とそうでない場合について、どのように解釈されるのか海外も含めた商業メディアさんのレビューに注目しています。

この辺の論調の一貫性が保たれているのかどうかと言うのは興味深いところです。

現時点ではZen4はRaptorにはちょっと敵わないのではないかと言うのが私の解釈になります。

よってRaptorの電力制限と解除時の比較ですね。

確かに当時、マルチスレッド性能が高くなってFPSが上がるのはアサシン・クリード・オデッセイのみだったと思いますので、その結論が変わるのかどうかと言うのは非常に興味深いです。

 

電力制限解除時の私のRaptorlakeに対する解釈です。

正直ゲーマーとしてはあまり魅力的ではないかなと思います。

またCPUに350Wも使ってしまってはRT4090を使用した場合、600Wとのことですから、CPUとGPUだけで950Wになってしまい、日本における一般的ハイエンド電源のほぼ上限である1200Wの電源を使用したとしてもたったの250Wしかマージンがありません。

まっとうなメーカーの出している日本での最高の電源容量は1300Wだったと記憶しています。

正直、これだとゲームに人生をかけているような廃ゲーマーでもかなり厳しい環境だと思います。

日本の家庭用電源のマックスは1500Wでこれはコンセント1個口辺りでなく、1ブレーカー当りですから、何も考えてない人だとブレーカーを落としまくる予感です。

これだと、ハイエンドマザーにメモリ、PCIe Gen 5.0対応のSSDなどを同時に使用した場合、かなり厳しいのではないかと思います。

HDDを搭載したい場合ははNASを使用して外付けにせざるを得ないでしょう。

しかもモニターも含めて、他の周辺機器は別のブレーカーにぶら下がっているコンセンとから引っ張ってくることになるので、コードリールの付いた延長コードを用意するかゲーミングPCのために宅内配線工事が必要になるかもしれませんね。

RTX4090のカスタムモデルは800W程度まで行くかもしれないことを考えるとちょっと厳しいかなと思います。

次世代GPUの場合、CPUは無印モデルを使うというのが常識になるかもしれません。

 

何よりも、RTX4090がそんなに売れるのかな?と思います。

おりしも、今はロシア-ウクライナ戦争の影響で電気代が世界中で爆上がりしています。

幾ら高性能でもあまりに扱いにくいのはどうなのかなと思います。

もちろんですが、資金がたっぷりある廃ゲーマーの皆さんの気持ちは私にはわかりかねるので、バカ売れする可能性もありますが・・・(苦笑。

8Pコネクタ世代ではGPUに使える電源容量は335Wがマックスでしたが、PCIe5.0世代ではこの制限が取っ払われました。

これが受け入れられるのかどうかはブレーカー当り1500Wと言う制限がある日本に住んでいる私にはちょっとわかりかねます。

正直、私は一時的にならよいですが、常時は使いたくないかなと思います。

次世代のCPUとGPUはあまりに消費電力が上がり過ぎて気が重いです。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.