CPU情報 その他

Intel TejasとJayhawk Intel 7GHz Pentium 5チップが放棄された経緯

投稿日:

YouTubeチャンネルFully Bufferedは昨日、Intelが中止したTejasプロジェクトの歴史について説明するビデオを公開しました。

このプロジェクトでは、シングルコアで7~10GHzという非常に高いクロックを実現した2つのPentium 5チップが市場に投入されるはずでした。

このプロジェクトは、消費電力と過熱の問題から棚上げされ、Intelはマルチコアプロセッサーに焦点を合わせるように変更しました。

18年の時を経て、Intelの悪名高い失敗作、Pentium 5プロセッサの詳細が明らかになった

まず、この2つのチップそのものについて、もう少し詳しく見てみよう。Tejasは、Pentium 4プロセッサーの後継となるマイクロプロセッサに付けられたコードネームである。

Jayhawkは、放棄されたPentium 5シリーズのXeon版である。

インテルのCoreは、電力効率の高いアーキテクチャの基礎を形成した。2000年11月、x86プロセッサのマイクロアーキテクチャであるNetburstが発表された。

このマイクロアーキテクチャは、新しいプロセッサの最初のリリースであるWillametteコアのPentium 4シリーズに搭載されました。

Netburstは、2006年7月に同社がこのマイクロアーキテクチャをより現代的なCoreアーキテクチャに置き換えることを選択するまで、Pentium Dシリーズにも利用されていた。

2003年、インテルはTejasシリーズの開発を開始し、翌年にはリリースする予定だった。

しかし、チップの設計に問題があったため、インテルは発売日を2005年に変更せざるを得なくなった。

残念ながら、Tejasプロジェクトでは目標を達成することができず、2004年5月7日に開発を終了した。熱や消費電力の問題以外にも、クロックあたりの性能を犠牲にするという問題もあった。

これと似たような問題は、Prescottの性能にも見られ、Northwoodをわずかに上回った。

Prescottは5GHzを超えるクロックで動作したが、軽度ではあるが消費電力の増加や温度上昇に悩まされた。

IntelのTejasは、Prescottよりも高いクロックを実現するものであった。10年以内(2000年~2011年)に10GHzという驚異的なクロックを達成しようとしたのである。

しかし、YouTuberが指摘するように、Prescottは大失敗に終わった。

TejasとJayhawkチップは、NetBurstを強化・改良するもので、Tejasは90nmプロセスで製造された。

結局、チップは90nmプロセスから65nmプロセスへと縮小せざるを得なかった。

当時、このシリーズでは、1メガバイトのL2キャッシュを提供することになっていた。

65nmプロセッサは、90nmチップのキャッシュサイズを倍増し、2MBのL2キャッシュを提供します。IntelによるCedar Millと呼ばれるデュアルコアプロセッサも開発されると噂されていたが、日の目を見ることはなかった。

Tejasプロセッサの仕様については、ボードパートナーに送られた初期のサンプルでは、クロックが2.8GHzに達し、TDPが150Wであったと各社が報じている。

未発表のCPUはLGA 775ソケットに搭載され、ダイサイズはPrescottチップセットの2倍となる213mm²を実現する予定だった。

なお、Fully Bufferedの動画の前に報告されたサンプルは、Anandtechが入手したモデルのみで、Tejasシリーズではなく、Prescott BO ESであることが判明している。

エンスージアスト界隈で出回っている推測サンプルは、おそらくTejasラインのサーマルサンプルだけだったのだろう。

Fully Bufferedは、CPU Shack(eBay)のJohn CulverからTejasとJayhawkプロセッサを非公開の金額で手に入れました。

YouTuberによると、Tejasチップは、報告されているLGA 775ソケットではなく、LGA 771ソケット用とのことです。

Intelは、"j-holes "という名前でラベルを貼っていた。

チップに記載され、RoHS文書で確認された日付は2004年4月中旬で、これは同社がこのラインを完全に廃止する数週間前としか考えられません。

TejasとJayhawkプロセッサを担当したIntelのエンジニアの一人であるSteve Fischer氏は、現在Fully Bufferedのチャンネル以外では報告されていない、開発史の一部について洞察を述べています。

最初の質問は、Fischer氏のプロジェクトとの関わりと、プロジェクトに関するいくつかの洞察に焦点を当てたものでした。

Tejasは主にオースティンにあるエンジニアリングチームが主導して開発されましたが、フォルサムプロセッサ開発チームも大きな役割を担っていました。フォルサムには、以前の P6 や P4 の派生製品の開発で培った製造可能な設計の専門知識があり、オースティンのチームはインテルに入社して間もないですが、元 Power PC のエンジニアなど外部から連れてきた別のマイクロアーキテクチャの専門知識がありました。私はこのプロジェクトに遅れて参加し、.comブームの頃にインテルの買収した企業で2年ほどまったく別のことをしていました[...]インテルに戻った後は、マイクロコードの開発に専念していました。これらの努力は、まずPrescottに、そして後に最新かつ最高のP4製品であるTejasに適用されました。この製品は、パイプラインの深さが約50段で、ある時点では7GHz以上のクロックターゲットが予想されていました。

私はこの製品を「プロセッサーのデス・スター」と呼び、液冷筐体を消費者が受け入れるかどうかは大した問題ではないだろうと半ば冗談で予想していました。

2004年半ばには、私は(Intel社で)マイクロアーキテクチャの活動をリードする立場に移っていたと思います......」。

当時最速のPentium 4プロセッサは3.8GHzでTDP115Wを提供していたので、Tejasは7GHzレベルでTDP約250W以上を提供することになり、当時は熱量を抑えるために液冷が必要だったと思われる。

続いてフィッシャー氏は、intel社内のプロジェクトについて、特にマイクロアーキテクチャがCoreアーキテクチャの始まりの入り口であったことを問われた。

この「複数チームによるアプローチ」は、インテル社ではごく一般的なことです。その方が健全で、より競争力のある製品を作ることができます。当時の開発では、他の多くの製品と同様に、どのアーキテクチャの方向性がベストなのか、多くの議論があった。チーム内でも、多くの議論がありました。Tejasは、ある意味、P4マイクロアーキテクチャをさらに極端にしたものでしたが、多くの人が、極端なパイプラインの使用とそれに伴う電力的な影響から、これは行き詰まりだと考えていた一方で、より最近のモバイルと低電力へのトレンドから、ミラーアーキテクチャーの方がより良い選択であることを示唆していました。

Meromチームが非常に良好な結果を示した後、こうした疑念が生じたため、企業レベルでTejasを中止し、ミラーマイクロアーキテクチャをデュアルコアにすることが決定されました。

Fischer氏は、eBayでCulver氏から購入した2つのプロセッサの正当性についてコメントできるかどうか、Fully Buffered社が尋ねたところ、元Intelのエンジニアは次のように述べた。

...2004年は、プロジェクトが中止された年です。いくつかの初期のシリコンの結果を得た後、私はこれらがおそらく実際のシリコンであると信じています。

A4ステップの指定は、熱的または機械的なサンプルにそれだけのリビジョンがある可能性は非常に低いので、そのような意味合いを持たせています。

2つのプロセッサーの名前の由来について、フィッシャーは次のように語っている。

テキサス州にある公園や川の名前からとったものだと思います。ジェイホークについてはよくわからないが......。

このようなプロジェクト名は、単に影響力のあるマネージャーの気まぐれで、法務部の承認も得ている場合が多いので、あまり重要視しない方がよいでしょう。

Fischer氏はインタビューの中で、プロセッサが動作する可能性があると思うかと聞かれ、「わからないが、恐らく動作しないのではないかと思う」と答えています。

Fully Bufferedは旧型と新型のIntelボードを試したが、プロセッサを作動させることができなかった。

プロジェクト全体の中止は、企業の経費に関わる数百万円の損失である。インテル社の場合、エンタープライズサーバーやハイパフォーマンスコンピューティングシステム向けに販売されていたItaniumプロセッサーのデュアルコアプロセッサーの最初の試みとして、TejasとJayhawkのキャンセルはかなり劇的な効果をもたらした。

また、AMDは、同社のAthlon 64プロセッサを開発・発売しており、Intelのライバルとして大きな一歩を踏み出した。

AMDはすぐにPentium Mマイクロアーキテクチャに焦点を移し、同社のノートパソコンCentrinoに使われているP6アーキテクチャと同じビルディングブロックをいくつか使用するようになりました。

このマイクロアーキテクチャは、いくつかのNetBurstベースの設計を凌駕しただけでなく、Coreプロセッサの先駆けとなり、今日まで使用されているCore 2アーキテクチャにつながるという意味で、Intelにとってより重要なステップとなった。

しかし、今日に至っても、AMD と Intel の両社は、最新チップを 5.5GHz の壁を越えて 6.0GHz のクロック制限に近づけており、GHz 競争はかつてないほど活気に満ちているのです。

ソース:wccftech - Intel Tejas and Jayhawk: The Story of the abandoned Intel 7 GHz Pentium 5 chips

 

 

 

解説:

2000年末ごろからシリーズが発売されたPentium4の三代目にあたるPrescottの次に予定されていたTejasがどんな経緯でキャンセルされたかと言う話がなぜか今頃上がっていたので、取り上げてみました。

実に懐かしい話です。

Tejasは7GHzを超えると言われていたネットバーストアーキテクチャーのCPUです

当時AMDがAthlon64X2を発売し、時代はマルチコアと言うところにネットバーストアーキテクチャーのNocona=Pentium D(単にPentium4をニコイチにしただけの失敗作)を慌てて発売することになりました。

Pentium4は1コアでも爆熱だったため、同一パッケージ上に2個もあったら大変な爆熱で肝心のクロックもあまり上がらずにPentium Dは2世代で幕を閉じました。

同時にTejasも放棄されたということなのでしょう。

ネットバーストが失敗作と断じられたのはSmithfieldやPreslerやAMDのAthlon64X2の話が不可欠だと思うのですが、なぜか元記事には書いてありませんでしたので、補足しておきます。

ちなみにSmithfieldやPreslerを搭載したPentium Dシリーズはユーザーからもボロクソに叩かれました。

After Pentium4世代ではCore2DUOやCore2 QuadでAMDと激戦を繰り広げ、その後に発売したCore iシリーズが今に続き現在に至ります。

ちなみに、「Sandyおじさん」と言う呼び名が有名なSandyBridgeでそれまでの製品とは一線を画する性能を経て、AMDを引き離します。

AMDはBulldozerと呼ばれるネットバーストの後追い製品をだし、IntelがPentium4で踏んだ轍を踏んで、会社倒産寸前まで経営が傾きました。

色々と言われていますが、AMDはキーパーソンであるジム・ケラー氏が設計したチップと時代が求める製品を投入した時のみ、爆発的なヒットを飛ばしており、運や一人の天才設計者の才能に助けられた部分は大きいと思います。

危なくなると常に複数のバックアッププランを走らせて、いかなる危機からもカムバックしてくるIntelの方が地力は上でしょう。

時価総額も追いついてきて、資金調達しやすくなったわけですが、AMDがそのマネーパワーをIntelやnVidiaに伍する企業になるために使うのかどうか?それがx86の今後のカギになってくると思います。

AMDは時価総額でIntlelを超えたというニュースが出ましたが、ここまで来て、投資や開発を怠って負けたということの無いように祈っています。

AMDは規模の小さい企業だからという言い訳はもうできなくなったということです。

 

-CPU情報, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.