CPU情報

Intel Core i9-13900K Raptor Lake CPUのゲーミング&合成パフォーマンスベンチマークがリーク、Core i9-12900Kより平均5%高速

投稿日:

 

IntelのCPU「Core i9-13900K Raptor Lake 5.5GHz」のゲームおよび合成性能ベンチマークが、BilibiliのExtreme Playerによって初めてリークされました(HXLより)。

IntelのCore i9-13900K Raptor LakeはCore i9-12900K Alder Lakeより平均で5%速いことがリークされたゲーミングベンチマークで判明

今回リークされたベンチマークでテストされたIntel Core i9-13900K Raptor Lake CPUは、24コア32スレッド、8Pコア16Eコア構成のQSサンプルである。

L3キャッシュを36MB、L2キャッシュを32MB、合計68MBの「Smart Cache」を搭載する。

また、ベース(PL1)のTDPは125W、MTPは約250Wとなっている。

このチップは、同じリーカーによる以前のベンチマークで見られたのと同じ、ベースクロック3.0GHz、ブーストクロック5.5GHz程度で動作しています。

最終的なチップは、シングルコアのブーストクロックが最大5.7~5.8GHzになると予想されていますが、これは最終的に市場に投入されるまでわかりません。

性能面では、32GBのDDR5-6400メモリとGeForce RTX 3090 Tiグラフィックスカードを搭載したZ690プラットフォームで、Intel Core i9-13900K (5.5 GHz) と Core i9-12900K (4.9 GHz) をそれぞれの標準周波数で動作させたゲームおよび合成ベンチマークをより詳細に示しています。

Core i9-13900KはCore i9-12900Kに対してすでに12.2%のクロックアドバンテージを持っているので、アーキテクチャが同じでもデフォルトで速くなるはずだ。

その分、キャッシュが50%以上増えている(68MB vs 44MB)ので、さらに高速化されている。

Intel Raptor Lake Core i9-13900K vs Alder Lake Core i9-12900Kの合成ベンチマーク(Extreme Player経由):

※画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

インテル Core i9-13900K vs Core i9-12900K フルゲーミングベンチマークパフォーマンスの内訳:

※画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

興味深い比較として、消費電力の数値があり、Intel Core i9-13900KはCore i9-12900Kと比較してゲームでは最大52%、テストした3つの解像度すべてで平均20%高い消費電力となっています。

つまり、次世代CPUであるRaptor Lakeのラインナップは、ゲームでもAlder Lakeよりも消費電力が高くなることがわかる。

各解像度での平均FPSの内訳は以下の通りです。

  • インテル Core i9-13900K と Core i9-12900K の 1080p での比較。平均で4.22%高速化されたパフォーマンス
  • インテル Core i9-13900K vs Core i9-12900K(1440p時)。平均で6.97%高速なパフォーマンス
  • 2160pでのインテルCore i9-13900KとCore i9-12900Kの比較。平均で3.30%高速なパフォーマンス
  • インテル Core i9-13900K vs Core i9-12900K 全解像度平均 - 4.83% 高速化

最低FPSについては、各解像度での内訳は以下の通りです:

  • インテル Core i9-13900K vs Core i9-12900K(1080p時):最小FPSが27.93%向上
  • インテル Core i9-13900K vs Core i9-12900K(1440p時):最小FPSが21.83%向上
  • 2160pでのインテルCore i9-13900KとCore i9-12900Kの比較。最小FPSが12.82% 向上
  • インテル Core i9-13900K vs Core i9-12900K 全解像度最小平均:20.86%向上

そして最後に、各解像度の最大FPSの内訳は以下の通りです。

  • 1080pでのIntel Core i9-13900KとCore i9-12900Kの比較。最大FPSが6.29%向上
  • 1440pでのIntel Core i9-13900K vs Core i9-12900K。最大FPSが4.42%向上
  • インテル Core i9-13900K vs Core i9-12900K(2160p時):最大FPSが2.58%向上
  • インテル Core i9-13900K vs Core i9-12900K全解像度最大平均:4.43%向上

以下は、@Harukaze5719さんがまとめた結果のすべてです:

※画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

テストした解像度ごとに消費電力の数値を分解してみると、Intel Core i9-13900K vs Core i9-12900Kでは以下のような結果になる。

  • 1080pでのIntel Core i9-13900KとCore i9-12900Kの比較。19.1%消費電力が高い
  • 1440pでのIntel Core i9-13900K vs Core i9-12900K。19.8%消費電力が高い
  • インテル Core i9-13900K vs Core i9-12900K(1440p時):26.2%消費電力が高い

Intel Raptor Lake Core i9-13900K vs Alder Lake Core i9-12900Kの消費電力(Extreme Player経由):

※画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Intel 第12世代 Alder Lake-S & 第13世代 Raptor Lake-S デスクトップCPU比較(速報版):

CPU名Pコア数Eコア数合計コア数
/スレッド数
Pコアベース /
ブースト(最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコアベース /
ブースト(最大)
Eコアブースト
(全コア)
キャッシュTDP希望小売価格
Intel Core i9-
13900K
81624 / 32未確認 /
未確認?
未確認未確認未確認68 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W (PL1)
241W (PL2)
$599 US
Intel Core i7-
13700K
8816 / 24未確認 /
未確認?
未確認未確認未確認54 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W (PL1)
190W (PL2)
$419 US
Intel Core i5-
13600K
6814 / 20未確認 /
未確認?
未確認未確認未確認44 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W (PL1)
150W (PL2)
$299 US

Intel Core i9-13900Kは、以前リークされたベンチマークにおいて、Core i9-12900Kに対して平均でシングルスレッドが約10%、マルチスレッドが約35%高速化されたとのことです。

全体的に見ると、ワークロードに特化したタスクではRyzen 9 7950Xよりも速く、ゲーミングベンチマークでは同程度の性能を発揮するCPUになりそうだ。

しかし、AMDは今年後半に同じZen 4コアアーキテクチャを採用したRyzen 7000 3D V-Cacheチップをリリースしており、IntelがZen 4からゲームの王座を奪うことができたとしても、それは短命に終わるだろう。

フラッグシップのCore i9-13900Kを含むIntel第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、Z790プラットフォームで10月に発売される予定だ。

このCPUは、同じく2022年秋に発売されるAMDのCPUラインナップ「Ryzen 7000」と対決することになる。

ソース:wccftech - Intel Core i9-13900K Raptor Lake CPU Gaming & Synthetic Performance Benchmarks Leaked, 5% Faster Than Core i9-12900K On Average

 

 

 

解説:

見事な性能のRaptorlake

RaptorLakeのさらに詳しいゲーム性能がリークしました。

Zen3から性能がかなり上がったAlderlakeと比較して性能が順当に向上しており、最近のCPUの進化のレベルの高さを象徴する性能となっています。

正直、これ以上の性能向上は難しいのではないかと思っていましたが、キッチリFPSが向上しているのは驚きです。

常識ですが、ベンチマーク結果のうち、4KはGPUの性能に依存する部分が大きく、CPUの性能はあまり大きく影響しません。

逆にFullHD(またはそれ以下)ではFPSがCPUの性能に大きく依存します。

CPUの性能を見るには今回だとFullHDを確認すればよいということになります。

その上昇幅は平均4%とあまり高くありませんが、最低FPSが底上げされています。

もはや、AlderLake以降はCPUの性能はあまり影響を及ぼさないところまで来ていると判断してよいのではないでしょうか。

AlderLakeからRaptorlakeはマイナーチェンジと言われていますが、キッチリ仕上げてきているのはさすがはIntelと言わざるを得ないです。

今回の結果は恐らく、製品版とほぼ同じでしょう。

唯一の欠点は消費電力ぐらいです。

Meteorlakeはまた少しトラブルになるような話も出ていますので、まだ4コア8スレッド時代のCPUを持っている方はそろそろアップグレードした方が良いと思います。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.