CPU情報

AMD Ryzen 3000シリーズ16コア、32スレッドCPU詳細リーク - 7 nm Zen 2コアの初期サンプル、3.3 GHzベースおよび4.2 GHzブースト

投稿日:

新しい7nm Zen 2コアを使用するAMD Ryzen 3000プロセッサの公式発表から1か月以内にリークが発生し、X570プラットフォームに搭載される予定の16コア製品のリークがすでに発生しています。

AMD Ryzen 3000シリーズ16コア(7nm Zen 2)プロセッサ早期サンプルクロック、最大4.2 GHzのブースト

リークはTUM_APISAKから来ています。

彼は16コアの最初のRyzen 3000シリーズプロセッサがベンチマークデータベースでオンラインで発見されたと報告しています。

特定のベンチマークはまだリンクされていませんが、関連するリークの写真は近日中に提供される予定です。

 

リークした製品の詳細を直接理解するために、16コアと32スレッドを特徴とする7nm Zen 2ベースのRyzen 3000シリーズプロセッサを調べています。

AMDが最初に第3世代Ryzenプロセッサを発表したとき、CES 2019で多少なりとも確認されていましたが、チップレット設計によりシリコンインターポーザ上に少なくとも2つのZen 2チップが可能になるでしょう。

そのため、AMDは8コアと16スレッドのプロセッサを披露していましたが、コア数がさらに多いSKUの余地がありました。

今、このリークで、私たちは16のコア部分が主流のAM4ソケットに降りていると言うことができます。

この部分のクロック速度も記載されており、それらはベースの場合は3.3 GHz、ブーストの場合は4.2 GHzに調整されています。

リークしたチップはごく初期のエンジニアリングサンプルであると言われており、過去のESチップで見たように、最終的な製品版の頻度ははるかに高いのです。

 

180WチップのRyzen Threadripper 2950Xと比較すると、これらのESクロックでさえ、AMDの現在最速の16コアチップ(Ryzen Threadripper 2950X 3.5 GHzベース)よりも高いクロッキングをもたらす可能性がある100W TDPの数字に近いチップについて話しているので、素晴らしく見えます。 / 4.4 GHzブースト)。

このプロセッサはX570チップセットベースのマザーボード上でテストされており、特定の製造元は言及されていないが、AMDパートナーは数週間のうちにComputex 2019で新しいX570チップセットベースのマザーボードを披露する準備をしている。

Ryzen 3000シリーズで興奮すべきことは、それがかつてHEDT専用(TR4 Threadripper)だった16コアを主流のAM4プラットフォームにダウンさせることです。

これにより、AMDの主流ユーザーは、ハイエンドのデスクトッププラットフォームにアップグレードすることなくコア数を大幅に増やすことができます。

これは、メモリや冷却のアップグレードを検討する場合にもコストがかかります。

 

Ryzen 3000シリーズのサンプルがリークするのを見たのはこれが初めてではありません。

AMDはすでにCES 2019でIntelのCore i9-9900Kに対して8コア、16スレッドのサンプルをデモンストレーションし、先月もクアッドコアのサンプルがMSI MEG X570 Creationマザーボードで実行されているのを発見した。

 

AMD CPU Roadmap (2018-2021)

RyzenファミリーRyzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 SeriesRyzen 5000 Series
アーキテクチャーZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2)Zen (3)Zen (4)
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
ハイエンドサーバー(SP3)EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Next-Gen'
最大サーバーCPUコア/スレッド数32/6432/6464/128不明不明
ハイエンドデスクトップ(TR4)Ryzen Threadripper 1000 SeriesRyzen Threadripper 2000 SeriesRyzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 SeriesRyzen Threadripper 5000 Series
最大ハイエンドデスクトップCPUコア/スレッド数16/3232/6464/128?不明不明
メインストリームデスクトップ(AM4)Ryzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)Ryzen 5000 Series
最大メインストリームデスクトップCPUコア/スレッド数8/168/1616/32不明不明
APU[GPU内蔵](AM4)無しRyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso) Zen+?Ryzen 4000 Series (Renior)Ryzen 5000 Series
発売年20172018201920202021?

これがAMD Ryzen 3000シリーズプロセッサに期待することです。

AMD Ryzen 3000のラインナップは、TSMCの最先端の7nmプロセスノードで可能になった新しいZen 2コアアーキテクチャに基づいています。

AMDは、AM4デスクトッププラットフォーム用のZen 2ベースのRyzen 3000シリーズプロセッサが2019年中頃に発売されることを再確認しました。

7月上旬に発売予定の複数の報告を聞いています。 新しいデスクトッププロセッサに関心がある。

AMDは、第一世代のZenアーキテクチャの2倍のスループットを実現するのに役立つ、彼らのCPUアーキテクチャに大きな変更を加えました。

主なポイントには、完全に再設計された実行パイプライン、浮動小数点レジスタを256ビットに倍増したロード/ストアユニット用の2倍の帯域幅を含む、主な浮動小数点の進歩が含まれます。

Zen 2の重要なアップグレードの1つは、コア密度が2倍になったことです。これは、各コアコンプレックス(CCX)のコア数が2倍になっていることを意味します。

 

  • 実行パイプラインの改善
  • 倍精度浮動小数点(256ビット)およびロード/ストア(倍増帯域幅)
  • 二倍のコア密度
  • 命令当たりの半分の省電力性
  • 改善された分岐予測
  • より良い命令プリフェッチ
  • 再最適化された命令キャッシュ
  • より大きいOpキャッシュ
  • ディスパッチ/リタイア帯域幅の増加
  • すべてのモードで高いスループットを維持

Zen 2では、セキュリティに関しても、より強力なハードウェアレベルの機能強化が行われています。

これによりAMD CPUは強化されたSpectreの変種に対してさらに強化され、これらの緩和策はZen 2によって完全に採用されるでしょう。

Zenに関して言えば、AMDはセキュリティに関してはすでに強力なソフトウェアレベルのサポートを受けていましたが、低レベルのソフトウェア緩和によってさらに強化しています。

AMD X570チップセット - AMDの次世代Ryzen 3000シリーズCPUのための新しい家

X470で見たように、Ryzen 2000シリーズプロセッサには、Precision Boost OverdriveやXFR 2.0などの新しいマザーボードでのみサポートされていた機能がいくつかありました。

AMDのZen 2ベースのRyzenメインストリームプロセッサファミリに新機能が追加されることは間違いありませんが、主なハイライトはPCIe Gen4のサポートです。

X570プラットフォームは、すべてPCIe Gen4ソリューションになるでしょう。つまり、これはおそらく、新しいPCIe規格のサポートをフィーチャーした最初のコンシューマープラットフォームになるでしょう。

 

ただし、AMD Ryzen 3000シリーズが前回と同じようにX570ボードとのみ互換性があることを意味するわけではありません。

新しいCPUは、X470およびX370ボードとも下位互換性があります。

 

それらは確かに新しく発売されたX570マザーボードと同じ機能は使えないでしょう。

しかし、マザーボードを1からアップグレードする手間をかけずに、新しいCPUを取り付けてPCを使い続けたいユーザーのための、完全に安定した機能を備えています。

2019年5月27日に開始されるComputex 2019で続報を期待してください。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 3000 Series 16 Core, 32 Thread CPU Details Leaked – Early Sample With 7nm Zen 2 Cores Clocks In At 3.3 GHz Base and 4.2 GHz Boost

 

解説:

有名なリーカー、TUM ASPIKからまたリーク情報が出ました。

Zen2のESの情報です。

16コア、クロック3.3GHz、ブースト4.2GHzとのこと。

私は以前、IPCの増加分からCore i9-9900Kと同程度のシングルスレッド性能をマークするには4.5GHz程度になるというZen2は4.5GHzまでしか回らない説を唱えていましたが、今回出たリークはそれよりも300MHzほど低いものです。

IPCの増分がもっと上なのか、これからもっとクロックを上げるために最終調整を行うのかどちらかはわかりませんが、最初に出たガセ情報の5.1GHzというのは少しドリームすぎたクロックだったようです。

しかし、現行のRyzen7 2700Xと同程度の(おそらく)105Wほどで16コア32スレッドCPUが発売されることは確定したので、これはうれしいニュースです。

残念ながら、当分intelは追いつけそうにないですね。

ぱっとしないNaviと違ってこちらの方はかなり期待できそうです。

取り急ぎ翻訳したので、コメントはこのくらいにしておきます。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.