CPU情報

AMD Ryzen 16コア5.2GHz CPUベンチマークリーク、Intelのi9 9980XEを粉砕

更新日:

AMD logo

AMDの7nmベースのRyzen 3000シリーズプロセッサの正式リリースから2週間以内であり、新規参入者の間でのリークは、減速の兆候をまったく示していません。

この最新のものは大したことに他ならないので、ジューシーな部分を直接調べてみましょう。

3週間弱前に、AMDの次世代Zen 2マイクロアーキテクチャをベースにした16コアのモンスターチップがリークされました。

ほんの2、3日後、CPUはRyzen 9 3950Xとして確認され、発表されました。これは世界初の「ゲーム用」16コアプロセッサであり、史上最速のものです。

Ryzen 9 3950Xは3.5GHzのベースクロック速度と4.7GHzのブーストで動作します、そしてこれを読んでいるならあなたはおそらくすでにそれを知っています。

しかし、この記事の主題である漏洩したRyzen 3000シリーズ16コアプロセッサは、これらの周波数では動作しないため、まったく別のチップになる可能性があるため、重要です。

 

AMD Ryzen 3000シリーズ16コアCPU、5.2 GHz全コアクロックリーク

では、この不思議な新しいチップの数字はどうなっているのでしょうか。

これは16コア、32スレッドプロセッサで、標準ベース周波数は3.3GHz、Ryzen 9 3950Xの200MHz以下です。 しかし、これは非常に重要です。5.2GHzの全コアオーバークロック周波数で動作しています。

基本周波数はこれが3950Xであるという可能性を排除します。

つまり、これはまだ発表されていないRyzen 9プロセッサか、あるいはAMDがテストしている単なるエンジニアリングサンプルです。

後者が最も可能性が高いのは、単に別の16コアチップを導入するのは意味がないからです。唯一の差別化要因は、3950Xよりもベースクロックがわずかに低いことです。

どちらにしても、これを切り分ければ、AMDのZen 2は、コア数の多いSKUであっても、驚くほど高速のクロック速度を達成できることがわかります。

このチップはかなり速いDDR4メモリとトップエンドのMSIマザーボードと対になっていました。

 繰り返しになりますが、これはAMDが16コアチップのオーバークロックの限界をテストしている可能性を示しており、3950Xから予想できることを示す非常にエキサイティングな指標です。

 

5.2GHzのAMDの16コアは無責任な程の性能があります

右側にはAMDの16コア5.2 GHzモンスターがあり、左側にはIntelの史上最速のデスクトッププロセッサ、18コアの$ 2000 i9 9980XEがあります。

そしていいえ、あなたの目はあなたにトリックをプレイしていない、2つ以上のコアを持つ2、000ドルチップは実際には負けています。

しかし、それは必ずしも驚くべきことではありません。

結局のところ、Ryzen 9 3950Xの発表の前夜に、プロのオーバークロッカーが複数のパフォーマンス記録を破るのをすでに見てきました。

そして、このような高い全コア周波数を維持するために、ここではエキゾチックな冷却が行われている可能性が非常に高いです。

そうは言っても、私たちは7月7日にAMDの輝く新しいZen 2マイクロアーキテクチャと7nmプロセスが本当に可能であるものを見るのを待つことができません。

AMD Ryzen 3000シリーズCPUラインナップ

CPU名Ryzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900XRyzen 9 3950X
コア数/スレッド数6/126/128/168/1612/2416/32
ベースクロック3.6 GHz3.8 GHz3.5 GHz3.6 GHz3.8 GHz3.5GHz
ブーストクロック4.2 GHz4.4 GHz4.4 GHz4.5 GHz4.6 GHz4.7GHz
トータルキャッシュ35 MB35 MB36 MB36 MB70 MB72MB
PCI Exレーン数(CPU+チップセット)404040404040
TDP65W95W65W105W105W105W
価格(USドル)$199 US$249 US$329 US$399 US$499 US$749

ソース:wccftech - AMD Ryzen 16 Core 5.2GHz CPU Benchmark Leaked, Crushes Intel’s i9 9980XE

解説:

Ryzen 9 のエンジニアリングサンプルか、未発表のSKUとみられる16コア32スレッドの全コア5.2GHzにOCしたGeekbenchの結果がリークしました。

Ryzen 9 16コア32スレッド 5.2GHz

シングル 6714

マルチ 64953

Core i9-9980XE 18コア36スレッド ベース3.0GHz/ターボ4.4GHz

シングル 5528

マルチ 60124

という結果です。注意してほしいのは両方ともメモリの速度が妙に遅いことです。

Ryzen9の型番不明がDDR4-2133MHz、16GB

Core i9-9980XEがDDR4-1600MHz 96GB

です。

まあ、9980XEは4chなのでそれでもRyzenよりは速いですが、それにしてもこの時代にDDR4-1600MHzって探すのが大変なレベルだと思います。

そういうわけで、両方とも実力を発揮しているとは言い難い環境ですが、5.2GHzにOCされたRyzen9はそれなりに優秀ということです。

可能な限り環境をそろえたベンチマークは発売後に嫌というほど出ると思いますが、この結果からも優秀であることはうかがえると思います。

Ryzen9のベンチマーク流出結果はどれもメモリが妙に遅いのが気になりますね。

一番最速でこの間記事を書いた6コア12スレッドのRyzen5 3600のDDR4-3200でしょうか。

あの結果もメモリレイテンシが妙に大きいので、やはり現時点では調整が終わっているとは言い難いBIOSなのでしょうね。

メモリの速度が動作に大きな影響を与えるといわれているRyzenなので、その真価を発揮するのは発売後、いくつかのBIOSアップデートを経た後になるかもしれません。

ただ、メモリ2133MHzでシングルスレッド性能6714というのは圧巻なのかなと思います。

Core i9-9900Kのシングルスレッドの結果が6236なので、メモリが遅くても5.2GHzまでOCすれば、Skylakeコアの5.0GHzを抜くことになりますね。

いずれにしても16コア32スレッドのSKU Ryzen9 3950Xは9月発売ですので、まだまだ先です。

 

なお、今回の結果に関しては、以前の記事で情報をいただいたため、メモリなどの動作環境を気を付けてチェックすることが出来ました。

情報をお寄せいただいた方、ありがとうございます。

なお、現時点でのリークはマザーボードのメーカーやAMD自身がテストした結果がベンチマークソフトの自動送信機能で送られているものと思いますので、意識して悪意のある結果を出しているわけではないと思います。

その点はAMDファンの方には冷静な言論をお願いします。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.