CPU情報

AMD Ryzen 5 3400Gおよび3 3200G APU動作クロックの詳細 - 12 nmで最大4.2 GHzのブースト、Zen+ベースのPicassoファミリ

投稿日:

AMD Ryzen 5 3400GおよびRyzen 3 3200G APUの最終クロック速度は、TUM_APISAKによって明らかにされました。 AMD Ryzen 3000“ Picasso”ファミリーの一部であるプロセッサーはまもなく市場に出回る予定で、すべてのAM4ソケット付きマザーボードと互換性があります。

 

AMD Ryzen 5 3400GおよびRyzen 3 3200Gの動作クロックが発表 - Zen+ APUは最大4.2 GHzのブーストクロック

AMD Ryzen 3000シリーズAPUは12nm FinFETプロセスに基づいており、Zen +コアアーキテクチャを特徴としています。

Zen +コアはRyzen 2000シリーズプロセッサで利用可能ですが、以前のAPUラインナップは14nm Zenコアをベースにしていました。 Picassoにより、AMDは現在デスクトッププラットフォーム上のAPUに最新のZen +コアを提供しています。

 

ピカソファミリーの一部となる2つのプロセッサ、Ryzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gがあります。

Ryzen 5 3400Gは、4 MBのL3キャッシュ、704のストリームプロセッサを搭載したVega 11 GPU、および65 WのTDPを備えた4コアおよび8スレッド製品です。

プロセッサは3.70 GHzのベースと4.20 GHzのブーストのクロックを特長としており、Ryzen 2000シリーズのAPUよりも優れています。

価格の面では、チップは米国の150ドル以下の価格になると予想できます。

 

2番目のチップ、Ryzen 3 3200Gは4コア4スレッド部品です。つまりマルチスレッドは存在しませんが、100米ドルの範囲でこの部品にはより低いコストが期待できます。

予算が構築されます。 このプロセッサは、512 SP、65 W TDP、4 MBのL3キャッシュを備えたVega 8 GPUを搭載する予定です。

Ryzen 3 3200Gのクロックは、3.60 GHzベースと4.00 GHzブーストで定格されています。

 

AMD Ryzen 3000シリーズデスクトップAPU

APU NameAMD Ryzen 3 2200GAMD Ryzen 3 3200GAMD Ryzen 5 2400GAMD Ryzen 5 3400G
製造プロセス・アーキテクチャ14nm Zen12nm Zen+14nm Zen12nm Zen+
コア数/スレッド数4 / 44 / 44 / 84 / 8
ベースクロック3.5 GHz3.6 GHz3.6 GHz3,7 GHz
ブーストクロック3.7 GHz4.0 GHz3.9 GHz4.2 GHz
キャッシュ4 MB4 MB4 MB4 MB
サポートメモリDDR4-2933DDR4-2933DDR4-2933DDR4-2933
内蔵GPUVega 8Vega 8Vega 11Vega 11
SP数512 SPs512 SPs704 SPs704 SPs
GPUクロック1100 MHz1250 MHz1250 MHz1300 MHz?
TDP65W (cTDP 45W)65W (cTDP 45W)65W (cTDP 45W)65W (cTDP 45W)
ソケットAM4AM4AM4AM4
価格(USドル)$99 US不明$169 US不明

我々ははRyzen 3 3200Gエンジニアリングサンプルのフェイク情報を流そうとして失敗したあるユーザによるRyzen 3000 APUに関しするいくつかの初期のリークを見ています。

殻割するとIHSの熱伝導材は金メッキされたはんだ使われていました。そして、それは古い第一世代 ZenベースのRyzen APUsと比較してより良い温度とオーバークロック結果をもたらすでしょう。

 

仕様はそれほど変わっていないように思われるかもしれませんが、AMD Picasso世代のAPUは、電力/パフォーマンスの向上のためにZen+コアを採用しながら、Raven Ridgeデザインを採用することを常に意図していました。

Ryzen 3000 APUはすでにノートブックプラットフォーム向けに発表されており、今度はデスクトップAM4プラットフォームでも動作するようになるでしょう。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 5 3400G and 3 3200G APU Clock Speeds Detailed – Up To 4.2 GHz Boost On 12nm, Zen+ Based Picasso Family

 

解説:

コメント欄でもいただいていたので、Ryzen3000シリーズのAPU、Ryzen 3 3200GとRyzen 5 3400Gの話題について取り上げることにしました。

基本的にGPU付きのモバイル版Ryzen 3000Uとデスクトップ版Ryzen 3000Gシリーズは型番は似ていますが、これから発売予定の7nmで製造されるRyen3000シリーズとは全くの別物です。

CPUコアは現世代のRyzen2000シリーズと同じZen+で製造プロセスも12nmです。

また、内臓GPUもVegaであり、今ある製品を組み合わせたものになります。

Zen2コア+Naviの組み合わせはRyzen4000U/4000Gになるものと思われます。

Ryzen 5 3400Gは4コア8スレッドですが、ブーストクロックが4.2GHzと現行のRyzen2000シリーズフラッグシップモデルRyzen 7 2700Xのブーストクロックと100MHzしか変わらないというものであり、これでTDP65Wというのはちょっと驚くべき仕様というほかはありません。

TDP95W程度の許容ができるならばOCしてブーストクロック4.3GHzも可能かもしれません。

AMDはGPU内蔵型のRyzenは一世代前同士の組み合わせでも高い商品力を持っているとみなしているようです。

この仕様だと旧モデルから買い替えたいと思う方やサブマシンとして新規に購入したいと思う方も多いのではないかと思います。

幸いなことに、マザーボードはBIOSのアップデートのみで対応可能であり、APUだけ交換すれば新しいAPUの威力を実感することが出来ます。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.