GPU情報

AMD Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTの3DMark合成ベンチマークがリーク - Time SpyとFire Strikeでは6950 XTがNVIDIA RTX 3090 Tiより高速化

投稿日:

AMDのRadeon RX 6000 Refreshラインナップの発売が残り数日となったので、Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTを含む3枚のカードの各種3DMarkテストでの合成パフォーマンスベンチマークを紹介しよう。

AMD Radeon RX 6000 Refreshの合成性能ベンチマークがリーク。RX 6950 XTフラッグシップは、タイムスパイとファイアストライクでNVIDIA RTX 3090 Tiより速い

昨日、AMDのRadeon RX 6000 refreshラインアップ(Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTを含む)の最終仕様の全容を初めてご紹介しましたが、このたび、これらのカードのパフォーマンス結果がリークされました。

これらのカードのパフォーマンス結果は、昨日お伝えしたブーストされたクロックスピードで動作するリファレンスデザインに基づいています。

テストプラットフォームには、Windows 10 OS内の最新の22.10-220411nドライバでDDR4-3600メモリを動作させたRyzen 7 5800X3DCPUを使用しています。

ベンチマークは、Time Spy、Fire Strike、11、Port Royalといった各種3DMark Syntheticベンチマーク内で、3枚とも結果を出している。

まず、3DMark Time Spyでは、RX 6950 XTがNVIDIA RTX 3090 Tiよりも速く、RX 6750 XTがRTX 3070 Tiよりも速く、RX 6650 XTがRTX 3060よりも速いという結果になっています。

なお、RTX 3090 Tiは、2200MHz前後のヘビーオーバークロックで、メモリは23.5Gbpsのクロックで比較しています。

RTX 3090 Tiのグラフィックテストのスコアは22408点で、リファレンスクロックで動作する6950 XTよりも1%向上しています。

Radeonグラフィックスカードは、GPUとメモリを少しオーバークロックすれば、この性能を超えることは問題ないでしょう。

他のグラフィックスカードとの比較を以下に示しますが、これらは異なるテストセットアップを実行しているため、最終的なテストでは性能結果が異なる可能性があることを念頭に置いてください

3DMark Fire Strikeは、AMD Radeon RX 6000シリーズグラフィックスカード、特にRDNA 2を得意としています。

ここでは、Time Spyのベンチマークで見たものを再現していますので、ご自身で見てみてください。

3DMark Port Royalに目を移すと、より進化したRTコアアーキテクチャにより、NVIDIAがリードを保っていることがわかる。

Radeon RX 6950 XTは、RTX 3080に近いRTパフォーマンスを提供しますが、それに匹敵するものではありません。

RX 6750 XTは、RTX 2080と同程度の速度ですが、RTX 3060 Tiグラフィックスカードよりはるかに遅く、RX 6650 XTは、この性能テストにおいてRTX 3050よりわずかに速いだけです。

また、AMD Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTの3DMark 11の数値も加えて、楽しみながら比較できるようにしました。

繰り返しになるが、これらの結果は全てリファレンスモデルでのものだが、AIBでは既に3種類のデザインで2.5GHz以上で動作するモデルが開発されているようだ。

Videocardz(Chiphell Forums)が発見したように、少し前にリークしたSapphireのラインナップは、3種ともデュアルBIOS設計で、ToxicとNitroの各種モデルが用意される予定となっている。

AMD Radeon RX 6000 Refresh 3DMark 総合ベンチマーク (フル):

ベンチマーク名APIベンチマークAMD Radeon
RX 6950 XT
AMD Radeon
RX 6750 XT
AMD Radeon
RX 6650 XT
Time SpyDX12Score19,69613,64010,493
Time SpyDX12Graphics22,20913,99910,262
Time SpyDX12CPU12,00311,91112,029
Time Spy
Extreme
DX12Score9,3516,2714,731
Time Spy
Extreme
DX12Graphics10,7436,4614,634
Time Spy
Extreme
DX12CPU5,3975,3775,375
Port RoyalDXRScore10,8246,3594,697
Port RoyalDXRGraphics10,8246,3594,697
Port RoyalDXRTest 1502922
Fire StrikeDX11Score43,82332,83726,594
Fire StrikeDX11Graphics61,95038,30529,520
Fire StrikeDX11CPU29,59329,71529,364
Fire StrikeDX11Combined17,65517,14314,045
Fire Strike ExtremeDX11Score27,57517,66412,828
Fire Strike
Extreme
DX11Graphics30,38018,56113,559
Fire Strike
Extreme
DX11CPU29,64529,64029,413
Fire Strike
Extreme
DX11Combined15,3348,8305,690
Fire Strike
Ultra
DX11Score14,8629,1496,802
Fire Strike
Ultra
DX11Graphics15,1599,1466,735
Fire Strike
Ultra
DX11CPU29,63229,70229,435
Fire Strike
Ultra
DX11Combined7,8474,5003,272
3DMark 11DX11Score51,19640,66636,496
3DMark 11DX11Graphics75,47949,93342,496
3DMark 11DX11CPU27,13527,28026,820
3DMark 11DX11Combined24,60524,56124,157

SapphireのRadeon RX 6000 Refreshグラフィックカードの詳細が明らかになる可能性

Sapphire Radeon RX 6000のリーク疑惑についてですが、AIBは、RX 6950 XT Nitro+ SE、RX 6950 XT Nitro+、RX 6750 XT Nitro+、RX 6650 XT Nitro+カスタムモデルとともにフラッグシップRadeon RX 6950 XT TOXICデザインで動いているそうです。

これらのカードは、カスタムデザインを採用するだけでなく、BIOS内に格納されたファクトリーオーバーロックとより高いTGPを採用する予定です。以下は、そのラインナップの紹介です。

  • Sapphire RX 6950 XT Toxic: 332W (2310/2532 MHz) / 346W OC BIOS (2343/2565 MHz)
  • Sapphire RX 6950 XT Nitro+ SE:303W (2162/2368 MHz) / 325W OC BIOS (2226/2435 MHz)
  • Sapphire RX 6950 XT Nitro+ OC: 289W (2116/2324 MHz) / 284W S BIOS (2100/2310 MHz)
  • Sapphire RX 6750 XT Nitro+ OC:230W (2554/2623 MHz) / 200W S BIOS (2495/2600 MHz)
  • Sapphire RX 6650 XT Nitro+ OC:164W(2523/2694 MHz)/157W S BIOS(2486/2680 MHz)

Nitro+ OCの3モデルで興味深いのは、TDPがリファレンスモデルより若干低くチューニングされている点だ。

RX 6950 XT Nitro+ OCは46W、RX 6750 XT Nitro+ OCは20W、RX 6650 XT Nitro+ OCは16W、TDPが低くなっているのである。

Silent BIOSを有効にすると、さらに下がります。それにもかかわらず、GPUはより高い標準周波数で動作できるのが印象的です。

Sapphire Radeon RX 6950 XT ToxicとNitro+ SEは、かなり高いクロックで動作可能で、リファレンスデザインより若干低いTDPも特徴的です。

Toxicは335Wの壁に近いが、2565MHzまでなら346Wまで拡張できます。

これは2525MHzまで動作するものの、OC BIOSの定格電力が400WだったRX 6900 XT Toxic Extremeから2%向上しています。

従来のToxic Extremeと同様、Hybrid冷却のパッケージとなり、Nitro+ OCモデルはトリプルファン仕様となる。

AMD Radeon RX 6000 Refresh グラフィックスカードのスペック:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 6950 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6750 XT
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6650 XT
AMD Radeon
RX 6600 XT
GPUNavi 21 XTXNavi 21 XTXNavi 22 XTNavi 22 XTNavi 23 XTNavi 23 XT
製造プロセス7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ520mm2520mm2336mm2336mm2237mm2237mm2
トランジスタ数26.8 Billion26.8 Billion17.2 Billion17.2 Billion11.06 Billion11.06 Billion
演算ユニット数808040403232
ストリーム
プロセッサ数
512051202560256020482048
TMU数/ROP数320 / 128320 / 128160/64160/64128/64128/64
ゲームクロック2100 MHz2015 MHz2495 MHz2424 MHz2410 MHz2359 MHz
ブーストクロック2310 MHz2250 MHz2600 MHz2581 MHz2635 MHz2589 MHz
FP32演算性能23.65 TFLOPs23.04 TFLOPs13.31 TFLOPs13.21 TFLOPs10.79 TFLOPs10.6 TFLOPs
メモリ容量
・種類
インフィニティ
・キッシュ
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache
メモリバス幅256-bit256-bit192-bit192-bit128-bit128-bit
メモリクロック18 Gbps16 Gbps18 Gbps16 Gbps17.5 Gbps16 Gbps
メモリ帯域幅576 GB/s512 GB/s432 GB/s384 GB/s280 GB/s256 GB/s
実効帯域1728.2 GB/s1664.2 GB/s1326 GB/s1278 GB/s468.9 GB/s444.9 GB/s
TBP335W300W250W230W180W160W
PCIeインター
フェイス
PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x8PCIe 4.0 x8
価格~$1099 US$999 US~$499 US$479 US~$399 US$379 US

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6950 XT, RX 6750 XT, RX 6650 XT 3DMark Synthetic Benchmarks Leak Out – 6950 XT Faster Than NVIDIA RTX 3090 Ti In Time Spy & Fire Strike

 

 

 

解説:

Geforceがナンボのもんじゃい! AMD意地の一発

RDNA2リフレッシュのベンチマークがリークしました。

RX6950XTは定格でRTX3090Tiのヘビーオーバークロックと同等で、OCすればさらに伸びると思わせる結果になっています。

この結果を見ると、わざわざ今時期にモデルチェンジするのはやはりOCer向けだったのだと再確認しました。

3DMarkはOCer向けの部門もあって、新製品が発売されるたびに次々と記録が塗り替えられる競技的な側面もあります。

Radeonで勝てるという実績があれば、次もRadeonを使ってみようと思われる方が増えるのは当然です。

一般人にとってはあまり関係がないと思われるかもしれませんが、上位をRadeonが独占することには大きな意義があると思います。

ゲームの細かい互換性(マイナーなゲームやマイナーなソフトも含めて)を考えるとどうあってもGeforceのほうが有利ですが、純粋に性能だけで見るならば、今はRadeonも無視できない存在になっていると思います。

先日スペックダウンが報じられたRDNA3ですが、工場出荷状態でギリギリまで追い込まれていそうなTDP(TBP)900WのRTX4090Tiと比較して、OC出来る余地が残っている可能性もありますから、競技的OCを行っている人たちから見て、RDNA3の価値が0になったということは無いと思います。

数字ではっきり優劣が決まるので、白黒つけやすいだけあってチップやボードのメーカー側も記録が更新されるたびに一喜一憂しているのではないかと思います。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.