CPU情報

AMD、2022年にZen 4搭載のデスクトップ向けCPU Ryzen 7000 Raphael、2023年にノートPC向けAPU Dragon Range & Phoenixの発売を決定

投稿日:

AMDは、デスクトップ向けのRaphael、ハイエンドノートPC向けのDragon Range、ライトゲーミングノートPC向けのPhoenixの3つのZen 4「Ryzen 7000」製品を発売する予定であることを明らかにした。

AMD、Ryzen 7000シリーズにZen 4搭載CPU「Raphael」、「Dragon Range」、「Phoenix」のデスクトップとノートPCの投入を確認

AMDは、2022年第1四半期決算の中で、2022~2023年のロードマップ計画の最新情報を提供する最新ロードマップを発表した。AMDのZen 4コアアーキテクチャは、エンスージアストデスクトップ向けのRaphael、Extreme Gaming Laptops向けのDragon Range、Thin & Light laptops向けのPhoenixなど、1つだけではなく少なくとも3つのクライアントプラットフォームを強化するために重要な役割を果たすようだ。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Zen 4搭載のRaphael CPUが2022年にエンスージアストデスクトップ向けに登場

AMD Zen 4が搭載される最初のプラットフォームはRaphaelです。5nm Zen 4を搭載したチップは、DDR5とPCIe 5.0の両方の機能を提供し、TDPが65W以上からという全く新しいAM5プラットフォームを中心に、エンスージアストデスクトップセグメントをターゲットにしたものになるという。

RaphaelデスクトップCPUプラットフォームは、2022年後半に発売される予定です。

AMD Ryzen 7000「Raphael」CPUの詳細はこちら。

AMD Ryzen「Zen 4」デスクトップCPUの期待される機能:

  • 新しいZen 4 CPUコア(IPC/アーキテクチャの改善)
  • 新しいTSMC 5nmプロセス・ノードと6nm IOD
  • LGA1718ソケットのAM5プラットフォームでサポート
  • デュアルチャネルDDR5メモリサポート
  • 28 PCIeレーン(CPU専用)
  • TDP 65-120W(上限170W)

AMDメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

AMD CPU
ファミリ
コードネーム製造プロセスコア数/
スレッド数(最大)
TDPプラット
フォーム
チップセットサポート
メモリ
PCIe
サボート
発売年
Ryzen 1000Summit Ridge14nm (Zen 1)8/1695WAM4300シリーズDDR4-2677Gen 3.02017
Ryzen 2000Pinnacle Ridge12nm (Zen +)8/16105WAM4400シリーズDDR4-2933Gen 3.02018
Ryzen 3000Matisse7nm (Zen 2)16/32105WAM4500シリーズDDR4-3200Gen 4.02019
Ryzen 5000Vermeer7nm (Zen 3)16/32105WAM4500シリーズDDR4-3200Gen 4.02020
Ryzen 5000 3DWarhol?7nm (Zen 3D)8/16105WAM4500シリーズDDR4-3200Gen 4.02022
Ryzen 7000Raphael5nm (Zen 4)16/32?105-170WAM5600シリーズDDR5-4800Gen 5.02022
Ryzen 7000 3DRaphael5nm (Zen 4)16/32?105-170WAM5600シリーズDDR5-5200Gen 5.02023
Ryzen 8000Granite Ridge3nm (Zen 5)?未確認未確認AM5700シリーズ?DDR5-5600?Gen 5.02024-2025?

AMD Zen 4搭載のDragon Range APUは2023年のエクストリームゲーミングノートPC向け

本日、Zen 4の新製品が発表され、それはDragon Rangeであることが確認されました。

新しいDragon Range APUのラインナップは、20mmを超えるサイズのエクストリームゲーミングノートPCをターゲットにしているようで、AMDの発表によると、モバイルゲーミングCPUとしては過去最高のコア、スレッド、キャッシュを実現するとのことです。

また、モバイルPC史上最速のクリエイターパフォーマンスと生産性パフォーマンスを実現します。新しいDragon Rangeのラインナップは、DDR5とPCIe 5に準拠し、55W以上のSKUを搭載する予定です。

Dragon Rangeの前に、AMDがデスクトップ向けのRaphaelと同じダイをベースに、より高いコア数、スレッド数、キャッシュ数を備えた高性能ノートPC向けのRaphael-Hを出すという噂があった。

最大16コアを搭載する見込みで、8+8のハイブリッド設計で最大16コアを搭載するIntelのAlder Lake-HXに対するAMDの直接的な答えになるものと思われる。

AMD Zen 4搭載のPhoenix APUは2023年の薄型軽量ゲーミングノートPC向け

最後に、AMDはZen 4とRDNA 3の両方のコアを利用するPhoenix APUのラインアップを確認している。

新しいPhoenix APUは、LPDDR5とPCIe 5をサポートし、35Wから45WのSKUで提供される。

また、このラインナップは2023年に発売される予定で、最も可能性が高いのはCES 2023での発表となる。

また、AMDはノートPC向け製品に、LPDDR5やDDR5以外のメモリ技術を搭載する可能性を指摘している。

以前の仕様に基づくと、Phoenix Ryzen 7000 APUは、依然として最大8コア16スレッドで、Dragon Rangeチップ専用のより多いコア数を搭載する可能性があるようです。

しかし、Phoenix APUは、グラフィックスコアに多いCU数を搭載し、競合他社が提供するどんなものよりも大きな差をつけて性能を向上させるでしょう。

3つの製品はすべて、Ryzen 7000シリーズとしてブランド化される予定です。

現在、わかっていることはこれだけですが、2022年のComputexでAMDからさらなる詳細が発表されることが期待されています。

AMD Ryzen Hシリーズ モバイルCPU:

CPUファミリ
ネーム
AMD Dragon Range
Hシリーズ
AMD Phoenix
Hシリーズ
AMD Rembrandt
Hシリーズ
AMD Cezanne
Hシリーズ
AMD Renoir
Hシリーズ
AMD Picasso
Hシリーズ
AMD Raven Ridge
Hシリーズ
ファミリブランドAMD Ryzen 7000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 7000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 6000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 5000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 4000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 3000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 2000
(Hシリーズ)
製造プロセス5nm5nm6nm7nm7nm12nm14nm
CPU Core
アーキテクチャー
Zen 4Zen 4Zen 3+Zen 3Zen 2Zen +Zen 1
CPU コア数/
スレッド数(最大)
16/32?8/16?8/168/168/164/84/8
L2 キャッシュ (最大)4 MB4 MB4 MB4 MB4 MB2 MB2 MB
L3キャッシュ (最大)32 MB16 MB16 MB16 MB8 MB4 MB4 MB
最大CPU
クロック
未確認未確認未確認4.80 GHz (Ryzen 9 5980HX)4.3 GHz (Ryzen 9 4900HS)4.0 GHz (Ryzen 7 3750H)3.8 GHz (Ryzen 7 2800H)
GPU Core
アーキテクチャー
RDNA 2 6nm iGPURDNA 2 6nm iGPURDNA 2 6nm iGPUVega Enhanced 7nmVega Enhanced 7nmVega 14nmVega 14nm
最大GPU
コア数
未確認未確認未確認8 CU
(512 cores)
8 CU
(512 cores)
10 CU
(640 Cores)
11 CU
(704 cores)
最大GPU
クロック
未確認未確認未確認2100 MHz1750 MHz1400 MHz1300 MHz
TDP (cTDP
Down/Up)
35W-45W
(65W cTDP)
35W-45W
(65W cTDP)
35W-45W
(65W cTDP)
35W -54W
(54W cTDP)
35W-45W
(65W cTDP)
12-35W
(35W cTDP)
35W-45W
(65W cTDP)
発売時期2023Q1?2023Q1?2022Q12021Q12020Q22019Q12018Q4

ソース:wccftech - AMD Confirms Zen 4 Powered Ryzen 7000 Raphael CPUs For Desktops In 2022, Dragon Range & Phoenix APUs For Laptops In 2023

 

 

 

解説:

Zen4世代のAPU

モバイル系でAM5相当のプラットフォームになるのかどうかはDDR5に対応するか否かで判断できると思います。

それを考えるとRembrandtは完全にAM5(デスクトップ向けのAPUが出るとしたらAM5対応)なのですが、こちらはAlderlakeが発売されてから競合には敵わなくなってしまいましたので出るのかどうかは微妙です。

一応、AM5用としてはやろうと思えば出せるのかもしれませんし、ニッチなユーザーはRembrandtを使いたいと思うのかもしれません。

しかし、AM5がとても高価なプラットフォームになることを考えると、出しても仕方ないですから、Rembrandtのデスクトップ版は出ない可能性が非常に高いと思います。

それ以降のPhoenixに関してはデスクトップ向けも出るのではないかと思います。

Dragon Rangeは恐らく、デスクトップ用Zen4のモバイル向けでしょう。

モバイル用の単体GPUと組み合わせて高性能だけど大きいノートPCに搭載するのではないかと思います。

この中で一番商品性が高くて人気の出るノートに搭載されるのはPhoenixだと思います。

どの程度のGPUを搭載するのかにもよりますが、インフィニティキャッシュを搭載するならば、見かけ上のメモリ帯域幅を大幅に大きく出来ますので、Rembrandt以上の性能を出すことができます。

来年はTSMC3nmで内蔵GPUタイルを生産すると言われるIntelのMeteorlakeが出ますので、PhoenixとMeteorLakeモバイルでもう一つの頂上決戦が行われることになると思います。

さすがにIntelも単体GPU製品を持っていますので、どことは言いませんが今までのように「凄い、凄い」と言う売文を書かせて中身は全く伴っていないということは無いと思います。

どことは言いませんが、Intelの内蔵GPUは大したことがないという悪評が広まったのは過剰に売文を書かせてきたことも理由の一つだと思います(苦笑。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥80,190 (2022/10/07 08:03:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.