その他

ロシアでAMDとIntelのCPUが販売禁止報道にもかかわらず低価格で販売可能に

投稿日:

米国商務省によるロシア連邦への制裁措置を受けて、チップメーカーのインテル コーポレーションとチップ設計会社のアドバンスト・マイクロ・デバイス社(AMD)がロシア連邦での製品販売停止を決定したと発表した後、ロシアの報道では、両社の製品がオンライン小売業者によって販売されていることが指摘されています。

この報道は、中国のニュースメディアであるITHomeが伝えたもので、ロシアの出版社CNewsが伝えたAMDの最新プロセッサが古いマザーボードで使用されているとする報道と同時に掲載されたものです。

AMDとIntelのCPUがロシアで価格下落、Eコマースストアが販売を再開した模様

ITHomeのレポートは非常に簡潔で、ロシアの報道を引用して、AMDとIntelのプロセッサがロシアでeコマース小売店を通じて入手可能であることを示すにとどまっています。

これには、2020年に発売されたAMDのRyzen 5000シリーズ製品と、昨年発売されたIntelのTiger Lake-Hプロセッサが含まれる。

ITHomeによると、これらの製品の価格は1月の水準から下がっている。

さらに、同誌はインテルの第12世代プロセッサー、通称「アルダーレイク」についても言及しています。

これらは同社の最新のチップ製造技術で作られており、1月に発表されました。Alder Lake製品と「ハイエンドRyzen」は、以前の最高値よりも価格が下がっていることもITHomeは示唆しています。

同誌は、急速なルーブル安と、IntelとAMDがロシアへの製品供給を停止したことによる供給不安から、小売店には価格をつり上げるインセンティブが十分にあると、ロシアの情報筋からの簡単な分析を加えている。

米国商務省によるロシア連邦への制裁措置を受けて、チップメーカーのインテル コーポレーションとチップ設計会社のアドバンスト・マイクロ・デバイス社(AMD)がロシア連邦での製品販売停止を決定したと発表した後、ロシアの報道では、両社の製品がオンライン小売業者によって販売されていることが指摘されています。

この報道は、中国のニュースメディアであるITHomeが伝えたもので、ロシアの出版社CNewsが伝えたAMDの最新プロセッサが古いマザーボードで使用されているとする報道と同時に掲載されたものです。

AMDとIntelのCPUがロシアで価格下落、Eコマースストアが販売を再開した模様

ITHomeのレポートは非常に簡潔で、ロシアの報道を引用して、AMDとIntelのプロセッサがロシアでeコマース小売店を通じて入手可能であることを示すにとどまっています。

これには、2020年に発売されたAMDのRyzen 5000シリーズ製品と、昨年発売されたIntelのTiger Lake-Hプロセッサが含まれる。ITHomeによると、これらの製品の価格は1月の水準から下がっている。

さらに、同誌はインテルの第12世代プロセッサー、通称「アルダーレイク」についても言及しています。これらは同社の最新のチップ製造技術で作られており、1月に発表されました。Alder Lake製品と「ハイエンドRyzen」は、以前の最高値よりも価格が下がっていることもITHomeは示唆しています。

同誌は、急速なルーブル安と、IntelとAMDがロシアへの製品供給を停止したことによる供給不安から、小売店には価格をつり上げるインセンティブが十分にあると、ロシアの情報筋からの簡単な分析を加えている。

AMDのRyzen 5000プロセッサがロシアで利用可能であるという報告は、これらのチップの購入者が古いマザーボードを使用できることをロシアのニュースメディアであるCNewsが共有したことに由来します。

ASUSなどのボードメーカーもロシアでの販売を中止しており、Ryzen 5製品を手に入れることができたユーザーは、下位互換性のおかげで古いマザーボードに差し込むだけで使用できることをCNewsは伝えています。

さらに、CNewsは、IntelとAMDの製品がロシアで販売されているチャネルについての詳細も提供しています。

AMD製品の価格は、供給圧力により高騰しているものの、一部の消費者にとってはまだ手の届く価格であることを紹介しています。

また、欧米の取引プラットフォームがロシアでの業務を停止している一方で、ロシアは中国とカザフスタンの小売業者へのアクセスが可能であり、両国との国境が開かれていることも付け加えています。

したがって、AMD製品を手に入れたいと考えているロシアの消費者は、これらのプラットフォームを通じて製品を購入することができ、後方互換性と組み合わせることで、製品用に新しいマザーボードを購入する心配もないのである。

特に、CNewsは、A320、B350、X370チップセットがAMD製品にとって有用であると言及しており、AMDは今週初め、Ryzen 5000でこれらのボードのサポートを開始したばかりだそうです。

米国政府の対ロシア制裁は、同国軍のさらなる能力開発を阻止することを目的としている。

また、非政府組織などのユーザーが、他の制裁を受けた製品にアクセスできる余地も残されている。

制裁発表後、世界有数の受託チップメーカーである台湾積体電路製造(TSMC)は、新しい規制を遵守することを確認した。

また、ロシアはバイカルのラインナップと呼ばれる国産プロセッサーを使用している。

これは、英国のデザイン会社Arm Ltd.の設計を採用し、現地で製造している。しかし、ロシアには最先端の半導体を製造する能力がなく、世界でも米国、台湾、韓国の3地域しかない。

ソース:wccftech - Exclusive: Intel’s Powerful Next Generation Gaudi 2 HL 2080 AI Processor Leaked

 

 

 

解説:

ロシアの小売店で、AMDとIntelが供給を停止したにもかかわらず、製品が販売され続け、剰え値下がりまでしているという衝撃的ニュースが流れています。

ロシアは現在、SWIFTと言う外貨送金システム網から外されており、ルーブルは外貨と交換できない状態が続いています。

ロシアへの制裁は旧西側諸国にとっても非常に大きな代償を伴っており、あちこちでかなりの影響が出ています。

電気代が9000円→5万6000円に…英国市民を直撃する「ロシア制裁」の大きすぎる代償

ドイツ消極姿勢でEUの取り組み失速-ロシアのSWIFT排除拡大

ロシアは天然ガスが豊富で、ロシアからの天然ガスが無ければ、EU圏の国々に大きな影響が出るとされています。

メーカーが輸出を停止しても、末端の小売店が守らなければあまり意味が無く、どこかの小売店が品物を流し続けているのでしょうね。

こういった制裁は守られなければ意味が無く、この状態を放置していると中国など領土的野心を抱いている国々に間違ってメッセージを与えかねません。

こうした状態をどうしていくのか?

やったもの勝ちと言うことになれば、日本も大きな危険にさらされることになると思います。

 

 

-その他
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.