GPU情報 その他

2022年第2四半期にGPU市場がクラッシュ:NVIDIA、Intel、AMDがGPU出荷で大幅減に

投稿日:

JPR(Jon Peddie Research)は、2022年第2四半期の最新GPU市場レポートを発表し、NVIDIA、AMD & Intelの出荷台数が大幅に減少していることを明らかにしました。

2022年第2四半期のGPU市場は、NVIDIA、AMD、GPU需要&出荷がどん底になり、大幅な落ち込みを見せる

2022年第2四半期は、NVIDIAを中心とするGPU企業にとって残酷なものとなった。

IntelとAMDも出荷台数が大きく減少したが、NVIDIAはその中でも最もひどい状態に陥った。

そのため、各ベンダーは在庫一掃のため、既存GPUのさらなる値下げを実施する方向で動いており、すでにその成果がリテール市場に及んでいる。

プレスリリースを掲載しました。Jon Peddie Researchの報告によると、Q2'22の世界のPCベースのグラフィックプロセッサユニット(GPU)市場の成長は8400万ユニットに達し、PC CPU出荷数は前年比-34%で減少した。

全体として、GPUは2022-2026年の間に複合年間成長率3.8%を記録し、予測期間終了時にはインストールベースが31億300万ユニットに達する見込みです。

今後5年間で、PCにおけるディスクリートGPU(dGPU)の普及率は30%の水準に達するまで成長する。

前四半期からの全体シェア比率は、下表の通り、AMDが1.1%増、インテルが2.0%増、Nvidiaが▲3.15%減となりました。

 

GPU全体の出荷台数は前期比で-14.9%減少した。AMDは-7.6%、Intelは-9.8%、Nvidiaは-25.7%減少した。

ハイライト

 

  • 当四半期のPC向けGPUの装着率(統合および個別GPU、デスクトップ、ノートブック、ワークステーシ ョンを含む)は全体で121%となり、前四半期から-7.9%減少しました。
  • PC用CPU市場全体では、前四半期比7.0%減、前年同期比33.7%減となりました。
  • デスクトップ用グラフィックス・アドインボード(AIB、ディスクリートGPUを使用)は、前四半期比 -22.6%の減少となりました。
  • タブレット端末の出荷台数は前四半期から横ばい

第2四半期は通常、前四半期に比べて減少し、今期は前四半期比-12.7%となり、10年平均の-10.5%を下回る結果となりました。

GPUは、サプライヤーがPCを出荷する前にシステムに搭載されるため、市場の先行指標となってきた。

半導体ベンダーの多くは、次の四半期を平均で-2.81%下方修正するようです。

前四半期は1.98%で、これは高すぎました。

JPRのジョン・ペディ社長は、「今期は、前四半期に比べてGPUベンダーの業績が全体的にマイナスになった。ウクライナでの戦争の継続、ロシアによる西ヨーロッパへのガス供給の操作、そしてそれらの出来事がもたらす神経質さといった世界的な出来事が、ヨーロッパ経済に水を差している。イギリスは高いインフレでリセッションに陥っている。」と指摘。

米国は、学生ローンの救済、代替エネルギーへの大きな条項を含むより強力な気候制御法案、長年の懸案であったCHIPs法案など、いくつかの重要な法案を可決することができた。

このような景気刺激策とインフラ投資により、米国は今後10年間、あるいはそれ以上、より強固な体勢を築くことになるでしょう。

「予測はかつてないほど難しくなっており、その結果、新しいデータが出てくれば、私たちの予測も他の予測も頻繁に修正されるでしょう」とペディーは述べています。

JPRは、グラフィックスアドインボード市場やPCゲームハードウェア市場に関する一連のレポートも発行しており、システムやアクセサリーを含む市場全体をカバーし、31カ国について調査しています。

ソース;wccftech - GPU Market Crashed In Q2 2022: NVIDIA, Intel, AMD Saw Huge Decline In GPU Shipments

 

 

 

解説:

GPU市場が崩壊、いっぽう、EUはロシア-ウクライナ戦争の影響で景気が減速、PC市場に影を落とす。

ゲーミングPCは単なる嗜好品ですから、今後需要に影が落ちるかもしれません。

JPRのレポートでも

予測はかつてないほど難しくなっており

と表現されています。

 

EUでは既にLNGが去年の10月と比較して約7倍に、原油のWTI市場では価格が2.89倍になっています。

参考:

新電力ネット - 液化天然ガス価格(コモディティ)

新電力ネット - 原油価格(コモディティ)

 

昨年の冬と比較すると燃料価格が高騰し、のんきにゲーミングPCなどと言ってられない状態になる可能性が高いということになります。

ドイツでは国内の電力を20%削減できなければ、冬に計画停電を行うと言われています。

EUでは、このままロシアとウクライナの戦争が続けば5-10年はこのような状態が続くかもしれないと言われています。

PCはビジネスインフラになっていますので、全く売れなくなるということは無いでしょう。

しかし、ゲーミングPCのようなエンタメ分野に関しては大きく減速する可能性があります。

電気ガス燃料暖房代が上がって生活費がままならないのにゲームもへったくれもありませんからね。

日本でも少しずつ値上げが始まり東京ガスですと来年の3月に1.5倍になると言われています。

戦争が早期に終結することを願うばかりです。

 

 

 

 

 

-GPU情報, その他
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.