その他

wccftech独占:インテルの強力な次世代AIプロセッサー「Gaudi 2 HL 2080」のリーク情報

投稿日:

今日は読者の皆様にとても興味深いものをご紹介します。

我々は最近、Intelが今年後半にモンスター級の性能を持つ次世代AIトレーニングアクセラレータの発売を準備していることを確認する内部資料を入手した。

Habana Gaudi 2プラットフォームと名付けられたこの製品は、NVIDIAの深層学習用データセンター新製品(今週末発売)を狙い、より価値の高い(TCOの観点から)代替品を提供することを目的としています。

この文書は今年初めの日付であり、この間に発売時期が動いた可能性があることを念頭に置いて、この点は大目に見てください。

IntelはHabana Gaudi 2深層学習プロセッサで「攻める」準備を整え、2022年5月に発売する

インテルが提供するハバナは、2つのカテゴリーに分かれています。AI学習とAI推論です。

GaudiプラットフォームはAIトレーニングのプラットフォームで、GoyaはAI推論のプラットフォームです。

Gaudi 2チップは、Intelが提供する旧来のGaudiチップの後継となる。私たちが入手したドキュメントではGaudi 2チップについてしか語られていませんでしたが、[注意:編集部の推測]Goya 2チップも登場している可能性があります[/編集部の推測] - AIトレーニングと推論は通常ほとんどのベンダーがコンボで提供しているためです。

ベンダーは、Amazon AWS EC2DL1インスタンスを使用してIntelのGaudiプラットフォームを利用することができ、すでにNVIDIAベースのインスタンスよりもドル当たり40%優れたパフォーマンスを提供しています。

また、Gaudi 2プラットフォームをベースにしたAIチップ「Intel HL 2080」の写真も初公開しています。

Gaudi 2 HL 2080チップに関する追加情報は得られなかったが、6つのHBMダイを搭載していることが確認できる。

これがHBM2タイプであれば、合計48GBのメモリが搭載されていることになる。

HBM3タイプであれば、96GB(あるいはそれ以上)になる可能性がある。

また、12+12フェーズの設計と思われる合計24個のVRMのハンダ付けパッドも確認できる。

これは、8+8設計で合計16個のVRMを備えていた旧Habanaチップと比較して、およそ50%の電力増となります。

これらが標準的なHBMサイズのチップであると仮定すると、Intelは前世代のGaudiプロセッサに比べてダイサイズを50%増加させているように見えます。

私はここでダイサイズの推定を行なうつもりはなく、それは必然的に同僚に任せることにする。

しかし、大まかなトランジスタ数の増加を知るには、チップが作られたプロセスも知る必要がある。Habana LabsのCOOであるEitan Medina氏のインタビューから、Intel Gaudi 2 HL 2080チップは「a」7nmプロセスで作られていることが分かっている。

残念ながら、7nmはTSMCのN7プロセス、Intel 7(旧Intel 10nm)、またはIntel 4(旧Intel 7nmと最も可能性が低い)を指す可能性があるため、これは実際にはあまり役に立ちません。

オリジナルのHabana Gaudiプロセッサは、16nmのTSMCプロセスで製造されており、このチップはN7またはIntel 7である可能性が高くなります。

いずれにせよ、Gaudi 2 プラットフォームが 16nm よりもはるかに小さいノードであることは明らかであり(それ自体、およそ 50% の密度増加をもたらします)、ダイサイズの増加と相まって、私たちは、ドルあたりの性能という点で NVIDIA の次期 Hopper データセンター GPU と容易に互角に渡り合える、そしておそらく絶対性能という点でさえ、完全な獣となるプロセッサに注目しているのです。

IntelのCEOであるPat Gelsinger氏は以前、同社のAI部門であるHabanaの「非常に積極的な路線」をほのめかしています。

私たちはディフェンスではなくオフェンスをしている』...。

また、私たちはHabana製品群[インテルが2019年に買収したA.I.専門チップメーカー]で、疑いなく非常に積極的な道を示しており、[hotlink]Amazon[/hotlink]とのクラウド提携はその素晴らしい実証例です。ですから、はっきり言って、CPUのアイデアはインテルの実績だと言えます。私たちは今、そこにA.I.を組み込んでおり、これは今後、私たちが防御ではなく、攻撃に回る分野となることを期待しています。

ヤフーファイナンス経由

インテルに買収されたことで、ハバナラボはより多くのリソースを使えるようになり、DL/MLアプリケーションに本腰を入れる準備が整ったようだ。

Intelはついに、NVIDIAをかわし、さらにはNVIDIAから市場シェアを奪うことができる、非常に現実的な製品ロードマップを手に入れたのです。

ソース:wccftech - Exclusive: Intel’s Powerful Next Generation Gaudi 2 HL 2080 AI Processor Leaked

 

 

 

解説:

Intelの次の目標はnVidia

Intelは近年単体GPUを発売するなど、GPU分野に参入をは手しています。

※ ゲーミングPC向けの単体GPUはまだ発売されていませんが、ノート向けは今月中に出ますので、一応この表現を使わせていただきます。

今度はモロにnVidiaにターゲットを絞ったかのようなサーバー向け機械学習アクセラレーターを投入するようです。

このチップは7nmクラスの製造プロセスで製造され、nVidiaのHopperと互角に渡り合うことの出来る性能を有しているようです。

ゲーム分野ではぱっとしないIntelですが、利益率の高いサーバーの分野では着実に成果を上げられる製品を投入しているようですね。

nVidiaは目覚ましい業績を上げていますが、参入出来ればおいしい市場であるGPU、機械学習アクセラレーターをIntelが見逃す道理はないので、今後激しくnVidiaと争うことになりそうです。

nVidiaも今後は価格のために型落ちのプロセスをあえて使うというようなことはもうできなくなるかもしれません。

実際、Samsungの8nmを使ってTSMCの7nmで製造されているRX6900XTにベンチマークで負けていますし、今後は恐らく、最低でもトップモデルに使われるチップはTSMC製造になるのでないかと思っています。

-その他
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.