CPU情報

AMD Threadripper PRO 5995WX 64コア「Zen 3」は、Passmarkベンチマーク内でテストされた史上最速のチップとなりました。

投稿日:

AMDが最近発売したフラッグシップ・ワークステーション用CPU「Threadripper PRO 5995WX」が、さまざまな性能ベンチマークを打ち破っています。その1つがPassmark CPUベンチマークで、このチップは他のあらゆるチップを圧倒的な差で上回っています。

AMD Threadripper PRO 5995WXは、Passmarkベンチマークにおいて、64 Zen 3コアの力により、究極かつ最速のCPUとなりました。

AMD Threadripper PRO 5995WXは、怪物のようなチップです。

7nm Zen 3アーキテクチャに基づき、8つのCCDと1つのIOダイを含む合計9つのチップレットを搭載しています。各CCDは8個のZen 3コアで構成され、合計64コア、128スレッドとなります。

CPUのクロックはベースが2.7GHz、ブースト周波数が4.5GHz。

その他の仕様は、L3キャッシュ256MB、L2キャッシュ32MBの合計288MB、PCIe Gen4レーン数128、TDP 280Wなど。

このCPUは最大8チャンネルのDDR4メモリをサポートし、最大2TBの容量をサポートし、TDPは280Wのパッケージで提供される。

CPU名CPUコア数CPU
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
L3キャッシュ
/ PCIeレーン数
TDPサポート
メモリ
価格発売時期
AMD Ryzen
Threadripper
5995WX
64コア128スレッド2.7 GHz4.50 GHz256 MB /
128 PCIe Gen 4
280W8-Channel
DDR4 (2 TB)
不明2022/3
AMD Ryzen
Threadripper
5975WX
32コア64スレッド3.6 GHz4.50 GHz128 MB /
128 PCIe Gen 4
280W8-Channel
DDR4 (2 TB)
不明2022/3
AMD Ryzen
Threadripper
5965WX
24コア48スレッド3.8 GHz4.50 GHz128 MB /
128 PCIe Gen 4
280W8-Channel
DDR4 (2 TB)
不明2022/3
AMD Ryzen
Threadripper
5955WX
16コア32スレッド4.0 GHz4.50 GHz64 MB /
128 PCIe Gen 4
280W8-Channel
DDR4 (2 TB)
不明2022/3
AMD Ryzen
Threadripper
5945WX
12コア24スレッド4.1 GHz4.50 GHz64 MB /
128 PCIe Gen 4
280W8-Channel
DDR4 (2 TB)
不明2022/3

今のところ、このチップに価格は付いていませんが、ワークステーション・ユーザーにとって素晴らしいこれらの高額なスペックを考慮すると、5000ドルから6000ドル程度に近いはずです。

残念ながら、AMD Threadripper PRO 5000のラインナップは、現在LenovoのP620ワークステーションの時限独占となっており、同社のプラットフォームでしか動作しない。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで開きます。

 

しかし、今日、私たちが求めているのはそんなことではありません。フラッグシップのAMD Theadripper PRO 5995WXは、兄弟たちとともにPassmark CPUベンチマークに登場し、先代の3995WXから28%、Zen 3ベースのEPYC 7763 CPUから23%アップの108822点という、圧倒的な数値を記録しているのである。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで開きます。

 

Threadripper PRO 5965WXでも3975WXより速いという結果になりました。

これは24個のZen 3コアが32個のZen 2コアより8%速いということです。16コアの5955WXは3955WXより29%速く、12コアの5945WXは3945WXより24%速いのです。

これは、Zen 3コアの追加による非常識な性能向上と言えるでしょう。

AMDは、Zen 3コアにアップグレードしてコア数を同じにするだけで、平均で20~25%向上したことを考えると、AMDがコア数を増やして最新のZen 4コアアーキテクチャを提供すると予想される次世代では、さらに高い向上が期待できます。

ソース:wccftech - AMD Threadripper PRO 5995WX 64 Core ‘Zen 3’ Is Now The Fastest Chip Ever Tested Within Passmark Benchmark

 

 

 

解説:

AMDさん、ノーマルThreadripperも出ますよね?

TR4からsTRX4にしたとき、「長く使えるプラットフォームにする」と言う話だったと思いますが、もちろんワークステーション版の後にノーマル版のThreadripperも出るんですよね?

待っている方はいると思いますので、是非お願いします。

これほど高価なプラットフォームを販売して、言ったことの責任を取らないのはちょっとどうかと思います。

リーク情報はワークステーション版しかありませんが、もちろんそのあとにノーマル版のThreadripperも颯爽と登場する予定だと私は信じています。

redditでユーザーの意見を吸い上げるほどユーザーフレンドリーなAMDがユーザーを裏切るはずがない。

私はそう信じます。

Xeonも単一コア、EPYC(Threadripper)も単一コア。

単一コア同士の競争だと依然、AMDのCCX-CCD方式に分があるということがよくわかる結果になっています。

Intelがハイブリッドを出したデスクトップでは不利ですが、総てのコアをちゃんと使う分野ではまだまだ戦えます。

 

 

 

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズ発売!

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.