その他

【160個なら】インテル製CPU160個を体に装着して税関を回避した中国人が逮捕される【バレねえだろ?】

投稿日:

中国の税関当局は絶好調で、160個のIntel CPUを体に装着して逃走しようとしていた別の人物を阻止しました。

中国税関、160個のIntel CPUを体に装着して逃走していた個人を拘束

中国の脱税は、大企業だけでなく、個人でも行われています。

MyDriversの最新レポートでは、160個のIntel CPUを体に装着して逃げようとしていた個人の身柄を、中国の税関当局が確保したと報じています。

この個人は「歩くCPU」または「CPU男」と呼ばれていると、Videocardzは報じています。

この人物は、160個のCPUを両手にテープで固定して逮捕されました。これらのチップには、顧客からの需要が高い第11世代と第12世代のプロセッサが含まれていました。

また、CPUの他にフォルダーフォン16台も所持していた。CPUのほとんどはIntelのCore i5-12600KFで、販売価格は2099人民元または330米ドルなので、160個で5万米ドル以上となる。

[歩くCPU】3月9日、ゲート税関は中央処理装置(CPU)を隠している乗客の入国ケースを押収しました。) 同日午前1時頃、曾という男性が拱北港の旅行検査場で税関の「無申告ルート」を通って入国した。税関職員は彼の歩行姿勢が異常であることを発見し、検査のために彼を呼び止めました。

さらに検査を進めた結果、税関職員はふくらはぎ、腰、腹部の内側にテープで縛ったCPU計160個と折り畳んだ携帯電話計16台を押収した。現在、本件は関連法規に基づき、さらに処理されています。税関は、個人が国内外に持ち込む荷物類は、自己の使用に限定し、合理的な数量でなければならず、税関の監督を受けなければならないと注意を呼びかけている。個人の隠匿や物品保管などの手段で税関の監督を逃れ、密輸に該当する者に対しては、税関は法律に従って法的責任を調査することにしています。

中国税関事務所

これらの脱税者や密輸業者は、いずれも中国の税関がこれらの有利な品目に高額の税金を課していることを承知で、それを欺くためにさまざまな策略を講じているようである。

これはあくまで報告されたケースであり、実際にはこのような人物が大量に存在し、顧客には知られずに市場で違法な品物を販売している可能性がある。

ソース:wccftech - Chinese Individual Caught For Evading Customs By Carrying 160 Intel CPUs Attached To His Body

 

 

 

解説:

以前、256個のCPUを体にくっつけてCPUを密輸しようとした中国人の話がありましたが、今度は160個ならばれないだろうとばかりにさっそく実行した男性がいたらしいです。

中国人にはこういう無駄にアグレッシブな方が多い印象ですが、無事につかまったらしいです。

体にくっつけていたCPUの総額は5万ドル以上なので日本円で約600万円以上をくっつけて歩いていたことになりますね。

これが通ると思ったのでしょうか。

氷山の一角の可能性もありますが、本当に中国人は金のためなら何でもやるという印象です。

この男は「歩くCPU」「CPU男」と呼ばれているようです。

電車男ならぬCPU男。

 

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.