CPU情報

Intel Core i9-12900KS 5.5GHz CPUがCinebenchでテストされ、AMD Ryzen 9 5950Xを大破させ、より速いマルチスレッド性能を実現

投稿日:

Intelの第12世代Alder Lakeラインアップは、新たにリークされたCore i9-12900KS 5.5GHzのベンチマークで、シングル&マルチスレッド性能テストにおいてRyzen 9 5950Xを上回る性能を示し、AMDのRyzen製品を上回る勢いとなっています。

リークされたシングル&マルチコアベンチマークでIntel Core i9-12900KS 5.5 GHzのCPUがAMDのRyzen 9 5950Xを大破する

Intel Core i9-12900KSは来月まで発売されませんが、すでに各販売店でリストアップされ、販売されています。

一部の幸運な購入者は早くもチップを手に入れ、パッケージのスナップを撮り始め、他の人はベンチマークを投稿しています。

RedditユーザーのSeby9123は、このチップを入手した1人で、リテールユニットの最初のベンチマークを投稿しています。

インテル Core i9-12900KS 5.5GHz CPU仕様

インテル Core i9-12900KSは、第12世代Alder LakeデスクトップCPUラインアップのフラッグシップチップとなります。

Golden Coveコア8個とGracemontコア8個の合計16コア(8+8)、24スレッド(16+8)を搭載します。

Pコア(Golden Cove)は1-2コアで最大5.5GHz、全コアアクティブで最大5.2GHz、Eコア(Gracemont)は1-4コアで3.90GHz、全コアロードで最大3.7GHzで動作する。CPUには30MBのL3キャッシュが搭載される。

主な変更点は、周波数の上昇に対応するため、IntelがCore i9-12900KよりもベースTDPを25W引き上げたこと。

これにより、12900KSのベースTDPは150Wとなり、最大ターボ電力も19W引き上げられ260W(241W)となっている。

Intel Core i9-12900KS 5.5GHz CPU ベンチマーク

ベンチマークでは、ASUS ROG Maximus Z690 APEXマザーボードと32GB(16GB×2)DDR5-6200(CL36)メモリモジュールを使用しています。

CPUはIntel Core i9-12900KSで、Cinebench R23ベンチマーク内ではノーマル&オーバークロックの両条件でテストされたようだ。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

定格では、2つのPコアが5.5GHz、残りのコアが5.2GHz、Eコアが4.0GHzと、興味深いクロックのCPUとなっています。このクロックで、シングルコアで2162点、マルチコアテストで29164点を記録しています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

しかし、CPUはオーバークロックが可能で、Ryzen 7 5800X3Dのような制約がないため、Pコア全体で5.4GHz、Eコア全体で4.2GHzまで追い込むことができた。

CPUのVコア電圧は最大で1.418Vと高めで、CPUは100℃に迫る高温となり、消費電力は319Wと非常に高いが、Cinebench R23では30Kのスコアを叩き出している。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

また、Pコアのみを有効化し、1.341Vで5.3GHzまでオーバークロックした動作もあります。

このCPUはマルチスレッドベンチマークで20510点を記録し、消費電力は最大187Wだった。

比較のため、AMD Ryzen 9 5900Xは、12コア24スレッドで約21000点のスコアを出していますが、Pコアはわずか8コア16スレッドにすぎません。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

ベンチマークからわかるように、Intel Core i9-12900KSは純正で12900Kより6%も速いだけでなく、AMD Ryzen 9 5950Xを最大で14%もリードして粉砕しているのだ。

しかも、これはZen 3が得意とするマルチスレッド性能の話だ。シングルスレッド性能では、Intelのチップは約35%速く、これは非常に印象的で、5800X3Dが発売されても、Intelがゲームでも王者の地位を保つのに役立つと思われます。

KSは、標準的なKのバリエーションよりも追加コストがかかり、消費電力も高くなりますが、手に入れられる最速のチップを求めるエンスージアストのために作られたものなのです。

インテル第12世代Alder LakeデスクトップCPUのスペック "速報版"

CPU名Pコア数Eコア数全コア/
スレッド数
Pコア ベース /
ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコア ベース /
ブースト
Eコアブースト
(全コア)
L3キャッシュTDP (PL1)TDP (PL2)予想
小売価格
Core i9-
12900KS
8816 / 243.2 / 5.5 GHz5.2 GHz2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz30 MB150W260W$750 US
程度?
Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W241W$599 US
Core i9-
12900
8816 / 242.4 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
未確認未確認30 MB65W~200W$509 US
Core i9-
12900T
8816 / 24未確認 /
4.9 GHz
未確認未確認未確認30 MB35W未確認未確認
Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W190W$429 US
Core i7-
12700
8412 / 202.1/ 4.9 GHz4.6 GHz
(全コア)
未確認未確認25 MB65W~200W$359 US
Core i7-
12700T
8412 / 20未確認 /
4.7 GHz
未確認未確認未確認25 MB35W未確認未確認
Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W150W$279 US
Core i5-
12600
606 / 123.3 / 4.8 GHz4.4GHz
(全コア)
未確認未確認18 MB65W~200W$249 US
Core i5-
12600T
606 / 12未確認 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5
-12500
606 / 123.0 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB65W未確認未確認
Core i5
-12500T
606 / 12未確認 /
4.4 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-
12400
606 / 122.5 / 4.4 GHz未確認未確認未確認18 MB65W~200W$210
$180(F)
Core i5-
12400T
606 / 12未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i3-
12300
404 / 82.5 / 4.4 GHz未確認未確認未確認12 MB60W
58W(F)
~100W未確認
Core i3-
12200T
404 / 8未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認
Core i3-
12100
404 / 83.3 /
4.3 GHz
未確認未確認未確認12 MB60W
58W(F)
~100W$140
$110
Core i3-
12100T
404 / 8未確認 /
4.1 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W無し未確認
Intel Pentium
G7400
202 / 43.7 GHzN/AN/AN/A6 MB46W無し$80 US
Intel Celeron
G6900
202 / 43.4 GHzN/AN/AN/A4 MB46W無し$60 US

ソース:wccftech - Intel Core i9-12900KS 5.5 GHz CPU Tested In Cinebench Benchmark, Wrecks The AMD Ryzen 9 5950X & Offers Faster Multi-Threaded Performance

 

 

 

解説:

Cinebench R23のマルチスレッドで5950Xが12900KSに大敗

12900Kは環境によっては5950Xに負けることもあったのですが、12900KSは完全勝利、元記事の内容では12900K/KSで1-3位までを独占、5950Xに差をつけています。

基本的にZen3は1世代前のモデルであり、残念ですが、Alderlakeには敵いません。

3D V-Cache搭載モデルもゲーム性能ではよい勝負になると思いますが、キャッシュが増えて100MHzクロックが下がっただけなのでベンチマークで特に優位性があるわけではありません。

※ キャッシュの量が数字を左右するテストを除きます。

アーキテクチャーに大幅に手が入ったAlderLakeにかなうものではありません。

勝負が出来るとしたらZen4からになると思われます。

Zen4はIPC+20%に加えてクロックが5.0GHz前後になると言われていますが、TSMC5nmとAlderlakeよりは優れた製造プロセスで作られる予定ですので、もう少し頑張って欲しいところです。

以前のIntel製品なら余裕で勝利したでしょうが、今のIntel製品に対してかなり苦しいです。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.