CPU情報

ワークステーション用CPU「Alder Lake-S」を2021年第3四半期に予定しているインテルのロードマップがリークされました

投稿日:

Alder Lake-SはQ3に登場?

非常に興味深いリーク情報が@9550proによって共有されました。

Intel Alder Lake-Sの発売は、これまでの予想よりもずっと早くなるかもしれないというのです。

今回リークされたロードマップは、特にクライアントの「Core」シリーズに言及しているわけではなく、エントリーワークステーションとクライアントデスクトッププラットフォームの両方に用意されている「Sシリーズ」に言及しています。

このリークされたロードマップによると、Alder Lake-S CPUを搭載したインテルのエントリーワークステーションシリーズは、2021年第3四半期末までに登場することになります。

このロードマップの実際の出所は不明ですが、代理店やパートナーとのミーティングのようです。

このロードマップでは、8+8のSKUが早ければ2021年の第35週に生産を開始することまで確認されています。

8+8とは、高性能・高効率なコアの数を指しています。大きなコアが6個、小さなコアが0個のモデル(6+0)は、遅れて今年の第41週から製造されることになりそうだ。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

Intel Alder Lake-Sの詳細、ソース:@9550pro

 

リークされたロードマップのスライドでは、このプラットフォームが、ワークステーションビルドをターゲットとしたW680チップセットをサポートすることが確認されています。

このスライドによると、Intel Alder Lake-Sは最大16コアを搭載しており、これはもはや読者の誰にとっても驚きではありません。

また、TDPは125W(Kシリーズ)、65W、35Wの各シリーズが用意されています。

ロードマップでは、LGA1700ソケットと20本のPCIeレーンが使用可能であることが確認されています。

Rocket Lake-Sは先月正式に発表されたばかりですが、今回のロードマップでは、当初の発売日が2020年となっており、明らかに日付が変わっています。

Rocket Lake-Sは先月正式に発売されたばかりであり、Alder Lake-Sの計画にも影響を与えている可能性があります。

しかし、次期第12世代Coreシリーズの初期発売予定を示すリーク情報は、これが初めてです。このロードマップが変更されたかどうかは、すぐに分かるはずです。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

Intel Xeonのロードマップ、ソース: @9550pro

ソース:Videocardz.com - Intel roadmap with Alder Lake-S workstation CPUs planned for Q3 2021 has been leaked

 

CPU-ZがIntel Alder LakeおよびZ6XXシリーズのマザーボードに対応

CPU-Z、インテル第12世代Coreに暫定対応

ハイブリッド技術を搭載したインテル CoreシリーズがCPU-Zでサポートされました。

CPU-Zの開発者は、プロセッサとマザーボード用のモニタリングユーティリティを更新し、Intel Alder LakeとZ6XXプラットフォームを暫定的にサポートしました。

Alder Lakeのコードネームで呼ばれる第12世代Coreシリーズは、CPU-Zのようなツールにとって問題となりうるビッグコアとスモールコアのx86アーキテクチャを採用しています。

高効率(スモール)コアは、高性能(ビッグ)コアとは異なり、ハイパースレッディングをサポートしません。

この点を考慮して、Alder Lakeの各SKUのスレッド数を正しく報告するようにツールを修正することが重要でした。

1.96のアップデートにより、この問題は解決されるはずです。しかし、このツールではプロセッサの大小のコア数を読み取ることができないようで、残念です。

CPU-Z 1.96では、Alder Lakeに加えて、Z6xx(Z690など)にも対応します。

これは、LGA1700ソケット搭載のマザーボード用の新しいチップセットシリーズです。また、CPU-ZはDDR5のメモリ構成をレポートするようになり、4800MT/sから8400MT/sになると予想されています。

AMD社からは、CPU-Z 1.96が、Ryzen 5000GデスクトップAPUとして知られるCezanne-Gシリーズをサポートします。

さらに、Radeon RX 6000グラフィックスカードシリーズを認識するようになりました。

CPU-Z 1.96 changelog

  • Intel Alder LakeとZ6xxプラットフォームの予備的なサポート。
  • DDR5メモリの予備的サポート。
  • AMD Ryzen 5700G、5600G、5300G APU。
  • AMD Radeon RX 6900 XT, 6800 (& XT), 6700 XT GPU。

CPU-Z 1.95 変更履歴

  • インテル Core 第11世代「Rocket Lake」。
  • AMD ThreadRipper PRO 3995WX、3975WX、3955WX、3945WX、WRX80チップセット。
  • AMD CezanneおよびLucienne APU。
  • Mainboard PCI-Express generation report (Mainboard tab).
  • Graphics Interface Linkの現在の速度と最大速度(「Mainboard」タブ)。
  • NVIDIA GPUのベースクロックとブーストクロック(「グラフィックス」タブ

 

 

解説:

発売に向けて着々とリーク情報が入ってくるAlder Lake

TSMC 7nmのトランジスタ密度に相当するIntel 10nmで製造されるAlder Lakeは今年のQ3に発売されると言われていましたが、リーク情報通り、Q3の発売に向けて準備がなされているようです。

今回情報が入ってきたのはXeonに使われる Alder Lake-Sです。

スライドにはQ3の半ばにAlder Lake-Sが発売される予定が載っており、かなり信ぴょう性が高い情報のように見えます。

Alder Lake XeonがQ3に発売されるならば、ほぼ同時期にデスクトップも発売されるものと思います。

intel CPU製品の製造プロセスの更新はSky Lakeの2015年8月発売以来、実に6年ぶりとなります。

※ Broadwell搭載のCore i7-5775Cはもっと早いですが、特殊な製品なのでここでは除外します。

それを裏付けるようにCPU-ZにもAlder LakeとIntel600シリーズのサポートが入っています。

こうした環境チェックソフトの情報は当てにならないこともありますが、リーク情報と同時期に入ってくるものに関してはある程度信じてもよいのではないかと思います。

Rocket lakeは短命な製品になりそうですが、そのあとのAlder Lakeがどんな製品になるのか、ここがIntelの正念場といった感じです。

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.