GPU情報

AMD Radeon RX 6000「RDNA 2」リフレッシュ版は2022年半ばの発売、RX 6500 無印は130ドル前後で5月に発売と噂されている。

更新日:

多くのゲーマーがRDNA 3 Radeon RX 7000のラインアップを楽しみにしている一方で、AMD自身はRDNA 2をまだ終わらせず、デスクトップセグメント向けに新しいリフレッシュ版Radeon RX 6000グラフィックカードを準備しています。

AMDは2022年半ばにRadeon RX 6000「RDNA 2」リフレッシュ版を発売するとの噂、RX 6500無印も計画中

新しい噂は、AMDがRadeon RX 6X50XTシリーズを2022年の6月から7月に発売すると言われていることを、Greymon55氏がツイートで明らかにしたものです。

RDNA 2のリフレッシュに関しては、2022年半ばに調理されるという噂が多く、2022年のComputexでの公開&その直後の発売もありえそうな感じです。

新Radeon RX 6000シリーズグラフィックスカードは、ネーミングスキームに基づき、RX 6000Mリフレッシュカードと同様の命名規則で、6*50ナンバリングスキームを特徴とし、「XT」モデルのみが提供される予定であるという。

AMD Radeon RX 6000 XT RDNA 2 グラフィックスカード リフレッシュ版

AMD Navi 21とNavi 22 GPUは、次期Radeon RX 6X50XTのラインアップのためにリフレッシュされるGPUです。

AMD Navi 21 GPUは、現在、Radeon RX 6900 XT、RX 6800 XT、RX 6800を駆動し、Navi 22 GPUは、デスクトッププラットフォームのRX 6700 XTを駆動しています。

もし、AMDがモバイル向けラインナップと同様のGPU命名規則を採用するならば、2022年第2四半期に登場する後継製品は、Radeon RX 6950 XT、RX 6850 XT、RX 6750 XTと呼ばれることになる。

以前の噂では、これらのカードは18 Gbps GDDR6メモリ・ダイを搭載することが分かっていた。現在、次期RX 6500 XTとフラッグシップのRX 6900 XT LCを除くすべてのカードは、16Gbpsのメモリ・ダイを搭載しています。

18Gbpsへの引き上げは、より高い帯域幅を提供し、パフォーマンスを2~5%向上させるかもしれないが、それはリフレッシュされたシリーズとの大きな違いを示してはいない。

AMDは、Navi 23 GPUをアップグレードの対象とは考えていないようで、1年以上前に発売されたハイエンド製品に比べ、よりメインストリーム向けの製品であり、最近発売された製品だからだ。

AMDが既存のデスクトップ用GPUに6nm処理を施し、より高い性能効率を引き出すことに成功したのなら、それはそれで価値があったのだが、しかし、そうしたラインアップが今年後半に発売されるという噂はいくつか出ている。

このソフトリフレッシュは、非常に静かなリリースになりそうで、特にAIBカード経由でのみ登場することになりそうです。

また、価格差も小さく、TGPの数値は、より高速なメモリチップの追加により若干上がると予想されます。これらのGPUは、数カ月後に発売されるIntelのハイエンドGPU「ARC Alchemist」と競合することになりそうだ。

AMD Radeon RX 6500 無印 RDNA 2 グラフィックスカード

また、AMDは、Radeon RX 6000のラインナップの中で、6nm Navi 24 GPUコアをベースにした全く新しいグラフィックカードを開発しているとリーク者は述べています。

このグラフィックスカードは、Radeon RX 6500(無印)と呼ばれ、単にRadeon RX 6400のDIY発売となると言われています。

RX 6500の価格は130ドル程度と予想され、RX 6500 XTよりも少なくとも70ドル安くなるが、6500 XTと6400の間には500MHzの差があり、これは主に外部電源コネクタ(53W TGP)がないためなので、クロックがRX 6400と同様に構成されているかどうかを確認する必要がある。

カードは768コア、64bitバスインターフェイスで4GB GDDR6メモリ、16MBのInfinity Cacheを搭載していることになる。

以下の表は、AMDが現在提供しているすべてのRDNA 2グラフィックスカードである。

AMD Radeon RX 6000シリーズ「RDNA 2」グラフィックスカードラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX6400
AMD Radeon
RX6500
AMD Radeon
RX6500XT
AMD Radeon
RX 6600
AMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
Liquid Cooled
AMD Radeon
RX 6900 XTX
GPUNavi 24 (XL)?Navi 24 (XL)?Navi 24 (XT)?Navi 23 (XL)Navi 23 (XT)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTXNavi 21 XTXHNavi 21 XTXH
製造プロセス6nm6nm6nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ107mm2107mm2107mm2237mm2237mm2336mm2520mm2520mm2520mm2520mm2520mm2
トランジスタ数54億54億54億110.6億110.6億172億268億268億268億268億268億
演算ユニット数1212?162832406072808080
SP数768768?102417922048256038404608512051205120
TMU数/ROP数48/3248/32?64/32112/64128/64160/64240 / 96288 / 128320 / 128320 / 128320 / 128
ゲームクロック2039 MHz不明2160 MHz2044 MHz2359 MHz2424 MHz1815 MHz2015 MHz2015 MHz2250 MHz未確認
ブーストクロック2321 MHz不明2815 MHz2491 MHz2424 MHz2581 MHz2105 MHz2250 MHz2250 MHz2345 MHz2435 MHz
FP32演算性能3.5 TFLOPs不明5.7 TFLOPs9.0 TFLOPs10.6 TLOPs13.21 TFLOPs16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs24.01 TFLOPs24.93 TFLOPs
メモリ容量・種類
インフィニティ
キャッシュ
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
メモリバス幅64-bit?64-bit?64-bit128-bit?192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック14Gbps不明18Gbps16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps18 Gbps
メモリ帯域幅112GB/s不明144GB/s256 GB/s?256 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s576 GB/s576 GB/s
TDP53W不明107W132W160W230W250W300W300W330W350W
価格$120 US?$130 US?$199 US$329$379$479 US$579 US$649 US$999 US~$1199 US~$1199 US

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6000 ‘RDNA 2’ Refresh Rumored For Mid-2022 Launch, RX 6500 Non-XT In May For Around $130 US

 

 

 

 

解説:

RDNA2リフレッシュとRX6500無印の情報が入ってきました。

RDNA2リフレッシュはかなり静かなリリースになると予告されています。

また、リフレッシュされるモデルはNavi21とNavi22を搭載するRX6900XT/RX6800XT/RX6700XTのみでネーミングスキームはRX6950XT/RX6850XT/RX6750XTになるのではないかと言われています。

メモリやクロックが高速化される可能性が指摘されていますが、メモリに関してはインフィニティキャッシュでかなり見かけ上のメモリ帯域が高速化されていますので、性能が上がったとしても2-5%程度にとどまるのではないかとされています。

私としては、RDNA3がハイからミドルハイまでで、ミドルレンジ以下はRDNA2リフレッシュをそのまま使うつもりなのかなと思っていましたが、あまり大々的にPRしないと書いてありますので、違うのかなとも思いました。

RDNA3がどのような仕様になるのかまだ確定していませんが、一部ユーザーの噂と言うか願望で言われている通り、Tensorコア相当の演算器を積むのではないかと言われています。

もしそうなった場合、RDNA2をリネームしてミドルロー以下のラインナップにそのまま充てるのはなしかなとも思います。

RX6500無印に関しては、これはもうRX6400のリテール版(自作市場向けモデル)と予測されています。

ただ、クロックに関しては75W枠までは上げられるのではないかと言われています。

まあ、元になっているRX6500XTの仕様がアレですので、性能的にはあまり期待できないでしょう。

Navi24搭載モデルの欠点としてはPCIeX4、メモリバス64bit、インフィニティキャッシュ16MBが挙げられています。

このうちのどれか、理想は全部を直さないと根本的な性能の問題は解決しない残念GPUになるでしょう。

TSMC6nmの無駄遣いです。

意識高い系GPUメーカーのnVidiaさんの製品は先代を見ると最下位のGTX1650に至るまでX16です。

こういう、仕様の甘さがなく、徹底しているのはAMDとは対照的です。

AMDにはもうちょっと意識を高く持ってほしいです。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.