GPU情報

EECにASRock のRadeon RX 6400 Challenger Mini-ITXグラフィックスカードが登録される

投稿日:

※上の画像はRX6500XT Challenger ITXとなります。

 

ASrockはRadeon RX6400のカスタムカードを準備しているようです。

ユーラシア経済委員会はロシア、ベラルーシ、カザフスタンの「関税同盟」ですが、事前に製品名(型番)の登録がなされるためリークの情報源の一つとなっています。

ASrockがユーラシア経済委員会に「Challenger ITX」のRX6400版と見られる型番を登録したようです。

RX6400はRX6500XTに搭載されているNavi24チップのカットダウン版を搭載したGPUとなります。

ASrockは既に「RX6500XT CLI 4G」を発売していますが、こちらはカットダウン無しのNavi24のフルモデルとなります。

以前当サイトでもお伝えしましたが、RX6400はOEM専用になると言われており、EECは実際には発売されない製品やOEM専用品なども型番を登録されることがあるため、必ずリテール品が出回るとは限りません。

OEM専用品となると、一部の大規模なBTO業者や大手のメーカーなどが限定的に扱う製品になる可能性があります。

RX6400はRX6500XTで必要とされていた補助電源端子を搭載しておらず、補助電源端子無しの75W枠に収まるモデルとなります。

リファレンスボードはロープロファイル、1スロット設計となっていて、最近の強力な小型PCが好まれるMini-ITXに相応しいのかと言う疑問も出てきます。

ただし、RX6400が実際に存在するという確認が取れた意義は大きいと思います。

ソース:

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.