GPU情報

AMD Radeon RX 6900 XTは、過去2年間で初めて希望小売価格を下回る価格となり、899米ドルで販売されました。

投稿日:

AMD Radeon RX 6900 XTは、小売希望小売価格999ドル(米国)を下回る価格で入手できる最初のグラフィックス・カードです。

現行世代のグラフィックス・カードが希望小売価格を下回るのは久しぶりで、希望小売価格が復活し、GPUの在庫も増えていることを物語る、非常に歓迎すべき変化です。

2年ぶり! AMDのRadeon RX 6900 XTが希望小売価格を下回り、Neweggで899USドルで販売開始

一過性のものかもしれませんが、本物です。リファレンス希望小売価格999ドルに対して249ドルのプレミアムがついていたAMDのカスタムRadeon RX 6900 XT Gaming OCモデルが、希望小売価格を下回る899ドルで発売されました。

このグラフィックスカードは、実際には949.99ドルで販売されていますが、販売店では、50.0ドルのリベートカードを提供し、価格をさらに899.99ドルに引き下げています。

Radeon RX 6900 XTは非常に高性能なカードで、まだ1500ドルから2000ドル程度で販売されているRTX 3090と同等であることを考えると、これは素晴らしいお買い得品です。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで開きます。

 

特にGigabyte Radeon RX 6900 XT Gaming OCグラフィックスカードは、3スロット設計のカスタムトリプルファンクーラー、複数のヒートパイプを備えた巨大ヒートシンクが付属し、起動には3つの8ピンコネクタを必要とします。

Windforce 3Xクーラーは、フラッグシップGPUであるNavi 21で非常に高いパフォーマンスを発揮します。

このグラフィックスカードは、デザインに加えて、工場出荷時にオーバークロックが施されており、クロック速度は2050 MHz「Game」と2285 MHz「Boost」と定められ、それぞれ35MHzと25MHzの向上が図られています。

さて、このプロモーション案件は、来週発売予定のAMD Radeon RX 6000 refreshラインナップの登場で、既存カードの価格調整を示唆しているのかもしれない。

AMD RX 6950 XTは、RX 6900 XTの後継ではなく、上位モデルとして位置づけられるが、両カード間の価格設定は非常に似通っていると予想される。

また、GPUの供給がほぼ正常化したことを考えると、今グラフィックスカードに高い金額を支払う理由はない。

RX 6950 XT Gaming OCは、すでにリストで発見されているが、カードが正式に発売されるまでは、初期の価格は単に不合理であることに注意してください。

Gigabyte RX 6900 XT Gaming OC グラフィックスカード:

※ 画像をクリックすると別Window・タブで開きます。

 

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6900 XT Is The First Graphics Card To Be Priced Below Its MSRP In The Last Two Years, Available For $899 US

 

 

 

解説:

不人気の殿堂、Radeon RX6900XTがアメリカでついに希望小売価格割れ

マイニング特需で品不足の時は何故か性能が良くないRX6800/XTの方が高い価格で販売され、あまり人気が無いことがはっきりしていたRX6900XTですが、今度はRDNA2 Refleshの販売を目前に控え、ついに希望小売価格割れしました。

メーカーやモデルによっても違いますが、リファレンスモデルの価格は$999で、AIBもそれを基準に価格を設定しているものと思われますが、なんと$899で販売している小売店が出たようです。

この価格でRTX3080Tiとほぼ同レベルの性能が手に入るのはもはやバーゲンセールと言っても過言ではありません。

Radeonは人気が無いので高価なモデルの新製品が出るとなればこうなるのはある意味必然なのかもしれません。

用途にも寄りますが、コスパ重視の方はRadeonは良い選択だと思います。

遂に希望小売価格割れが出始めたGPU市場ですがRX6900XTを皮切りに他のメーカーやモデルにも広がって欲しいところです。

私が思うのはIntelのXe-HPGは付いてないなあと言うことですね。

ユーザーにとってはかなりうれしい状況ですが、メーカーにとってはかなり厳しい話でしょう。

発売が遅すぎるとも思いますし、一番おいしい時期を逃してしまいました。

これが世界中に広がり、日本にも上陸してほしいところです。

全米が泣いたなら、次は日本のユーザーを感動の渦に巻き込んで欲しいです。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.