GPU情報 その他

Intel の Raja Koduri 氏は、毎年数百万台の Arc GPU を PC ゲーマーの手に届けたいと考えています。

投稿日:

2020年以降、PC用GPU市場は悲惨な状況に陥っているが、IntelのRaja Koduri氏は、Arc GPUのラインナップでこれを克服するために努力しているという。

Intelは、毎年数百万個のArc GPUをPCゲーマーの手に届けるために、手を尽くしている

GPU業界には、いくつかの外的要因や内的要因がありました。

外的要因としては、パンデミックや鉱山危機があり、内的要因としては、部品の不足や工場の閉鎖による製造能力の低下が挙げられます。

これらの要因のほとんどは緩和されていますが、サードパーティの販売業者や、時には小売業者やメーカー自身が全体の状況から利益を得ようとすることで、スキャルピングの状況はまだ続いています。

状況が好転し、価格も改善の兆しを見せていますが、数ヶ月前に同じことが起こり、価格が以前の高値に戻っただけなので、あまり期待しない方がいいでしょう。

そのため、ほとんどのPCゲーマーは絶望しており、PCGamerはIntelに公開書簡を送り、この暗い時代に助けてくれるよう頼んだ。

IntelのRaja Koduri氏は、ここで述べられていることはすべて、PCゲーマーだけでなく、業界全体にとって大きな問題であることは間違いないと述べている。

さらに彼は、Intelは毎年何百万ものArc GPUをPCゲーマーの手に届けるというミッションに向けた道筋を見つけるために懸命に働いていると述べ、次のように続けました。

これが本当なら、Intel Arc GPU の供給が他のメーカーに比べて非常に好調であることを示唆するものでさえあるかもしれません。

一方で、IntelはまだArc GPUのラインナップを発表したり、きちんと公開したりはしていない。2022年第1四半期に発売するとされているが、すでに1月を過ぎ、2月に突入している。

最初のチップはラップトップ向けで、デスクトップ向けはその後になるようです。

性能に関するリーク情報では、AMDやNVIDIAの製品に対して高い競争力を持つことが示されていますが、決定的な性能ベンチマークはまだ出てきていません。

第3のメーカーが登場することで、他の市場への供給が緩和されることは間違いないでしょう。

ソース:wccftech - Intel’s Raja Koduri Wants To Get Millions of Arc GPUs Into The Hands of PC Gamers Every Year

 

 

 

解説:

Intelは年間数百万台のdGPUを市場に届けると約束

海外のPCゲームメディアからIntelに嘆願書です。

なかなか格好の良い話です。

では数百万台とは何%なのか?

国内の多くのメディアが引用しているJPRの記事から概算します。

JPR - GPU shipments increase year-over-year in Q3

上のリンクは2021Q3の単体GPU出荷台数が1270万台とされています。

話を単純化するために4倍します。

4倍すると5080万台となります。

Intelの想定する数百万台がどのくらいになるかわかりませんが、300から700万台とします。

理由は100から200万台と800から999万台は数百万台の範囲から外れていると思うからです。

すると約5.9%から13.8%となります。

つまりIntelの想定では多くても今のAMDの出荷台数より少ないということになります。

私は第一世代の単体GPU版Xeのマーケットシェアは多くても10%程度と言っていましたが、奇しくもそれが証明された形になります。

これでも今から成熟しきったGPUに市場に参入してくるのは大したものだと思いますし、やはりIntelは凄い企業だと思います。

Intelを絶対神聖視する方が多いですが、成熟しきった市場を一気に変えるにはIntelのような大企業でも困難極まるものだと私は思います。

Xeがどのくらい躍進するか期待している人もいると思いますが、第一世代ではRadeonより出荷台数を増やすのはほとんど不可能だと思います。

恐らくそれよりも多くの数で生産計画を立ててはいないと思います。

今の言葉で言うと「エモい」話の体ででまとめられていますが、これが現実です。

 

 

-GPU情報, その他
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.