CPU情報

AMD RAMPはAMDのRyzen 7000 CPU向けのXMPで、AM5プラットフォームでDDR5メモリを高速化する。

更新日:

数日前、HWiNFOは、同社の監視ソフトウェアの最新バージョンにAMD RAMPサポートを導入することを報告しました。当時はこの機能についての詳細な情報はありませんでしたが、今回、AMD RAMPがIntelのXMPと同様のDDR5アクセラレーション技術であることが開発元によって確認されました。

RAMP(Ryzen Accelerated Memory Profile)はIntelのXMPに対するAMDの回答、Ryzen 7000「Zen 4」CPUでAM5 DDR5プラットフォームへ登場

この技術は、その名の通り、AMDによるIntel XMPの対抗馬である。

AMD RAMP技術は、AM5プラットフォームで登場し、JEDECのスペックを超えてDDR5メモリをアクセラレートすると言われている。

今のところ、AMD RyzenデスクトップCPUは、6000Mbpsを超えるIntelのXMPの速度に追いつくことができないでいる。

それがRAMP(Ryzen Accelerated Memory Profile)で変わると期待されている。

以下は、HWiNFOの近日中の変更点のリストです。

  • HWiNFO64がUNICODEに移植されました。
  • Intel XMP 3.0 Revision 1.2 のサポートが強化されました。
  • 一部の ASRock B660 および H610 シリーズでセンサーの監視が強化されました。
  • AMD RAMP の予備サポートを追加しました。
  • 将来の AMD AM5 プラットフォームのサポートが強化されました。

HWiNFOの作者と開発者は、Computerbase Forumsに投稿し、AMDがAM5プラットフォームでサポートされる次世代Ryzen 7000デスクトップCPUでRAMPサポートを提供することを確認しました。

この技術により、メモリメーカーとマザーボードベンダーが連携して、それぞれの製品で最高のDDR5 DIMMサポートを提供することができるようになる

RAMPによって、AMD Ryzen CPUは、Alder Lakeが現在サポートしている膨大なDDR5速度に追いつくことができ、さらに、AMDのZen 4チップと同時期に予定されているRaptor Lake CPUで拡張される予定です。

AMD RAMPが、A-XMPやAMP(AMD Memory Profile)といったAMDのこれまでの試みにはなかった技術として確立されるかどうかは、Computerbaseのレポートによれば、まだ不明です。

チームレッドが次世代AM5プラットフォームをキックオフする際に、AMDからメモリのオーバークロッキングスタンダードが確立されるのは喜ばしいことです。

AMDのRaphael Ryzen「Zen 4」デスクトップCPUについてわかっていることのすべて

Zen 4ベースの次世代RyzenデスクトップCPUは、コードネーム「Raphael」と呼ばれ、コードネーム「Vermeer」と呼ばれるZen 3ベースのRyzen 5000デスクトップCPUの後継となる予定です。

現在得られている情報では、Raphael CPUは、5nmのZen 4コアアーキテクチャをベースに、チップレットデザインの6nm I/Oダイを搭載する予定だ。

AMDは、次世代メインストリームデスクトップCPUのコア数を増加させることを示唆しているので、現在の最大16コア32スレッドから若干増加することが予想されます。

新しいZen 4アーキテクチャは、Zen 3に比べて最大25%のIPC向上を実現し、約5GHzのクロックスピードを達成すると噂されています。

AMDのZen 3アーキテクチャをベースにした次期Ryzen 3D V-Cacheチップは、スタックドチップレットを採用しているので、そのデザインはAMDのZen 4ラインのチップにも受け継がれると予想されます。

AMD Ryzen「Zen 4」デスクトップCPUの期待される機能:

  • 全く新しいZen 4 CPUコア(IPC/アーキテクチャの改善)
  • TSMC 5nm プロセスノードと 6nm IOD を採用。
  • LGA1718ソケットのAM5プラットフォーム対応
  • デュアルチャネルDDR5メモリ対応
  • AMD RAMP (Ryzen Accelerated Memory Profile)のサポート
  • 28 PCIeレーン(CPU専用)
  • TDP105~120W(上限170Wまで)

プラットフォーム自体は、AM5マザーボードはLGA1718ソケットを採用し、かなり長い間使用される予定です。

このプラットフォームは、DDR5-5200メモリ、28のPCIeレーン、より多くのNVMe 4.0 & USB 3.2 I/O を特徴とし、ネイティブUSB4をサポートして出荷される可能性もあります。

AM5用の600シリーズチップセットは、当初、X670フラッグシップとB650メインストリームの少なくとも2種類が用意される予定です。

X670チップセットのマザーボードは、PCIe Gen 5とDDR5メモリの両方をサポートする見込みだが、サイズアップのため、ITXボードにはB650チップセットのみが搭載されると伝えられている。

また、Raphael Ryzen Desktop CPUは、RDNA 2オンボードグラフィックスを搭載する見込みで、Intelのメインストリームデスクトップラインナップと同様に、AMDのメインストリームラインナップもiGPUグラフィックスをサポートすることになるという。

新しいチップに搭載されるGPUコアの数については、2~4個(128~256コア)と噂されている。

これは、まもなくリリースされるRyzen 6000 APU「Rembrandt」のRDNA 2 CU数よりは少ないが、IntelのIris Xe iGPUを寄せ付けない程度にはなるだろう。

Zen 4ベースのRaphael Ryzen CPUは2022年後半まで期待できないので、発売にはまだ多くの時間が残されている。

IntelのRaptor Lake第13世代デスクトップCPUのラインナップと競合することになる。

AMDメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

AMD CPU
ファミリ
コードネーム製造プロセス最大コア数/
スレッド数
TDPプラット
フォーム
チップセットサポートメモリPCIe世代発売
Ryzen 1000Summit Ridge14nm (Zen 1)8/1695WAM4300-SeriesDDR4-2677Gen 3.02017
Ryzen 2000Pinnacle Ridge12nm (Zen +)8/16105WAM4400-SeriesDDR4-2933Gen 3.02018
Ryzen 3000Matisse7nm (Zen 2)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02019
Ryzen 5000Vermeer7nm (Zen 3)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02020
Ryzen 6000Warhol?7nm (Zen 3D)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02022
Ryzen 7000Raphael5nm (Zen 4)16/32?105-170WAM5600-SeriesDDR5-4800Gen 5.02022
Ryzen 8000Granite Ridge3nm (Zen 5)?未確認未確認AM5700-Series?DDR5-5000?Gen 5.0?2023

ソース:wccftech - AMD RAMP Is XMP For AMD’s Ryzen 7000 CPUs, Accelerates DDR5 Memory on AM5 Platform

 

 

 

解説:

先日RAMPが何かわからないとかいたのですが、親切な(笑)wccftech様が解説してくださいました。

RAMPとはAMPのDDR5版で、XMPに対抗するもののようです。

最近のAMDマザーはXMPも読んで対応可能になっていたのでAMPを意識する機会そのものが無くなっていたのですが、DDR5でもRAMPと言う独自のプロファイルでメモリ設定を管理するということのようです。

IntelのRaptorLakeもどんどん情報が出てくる中、AMDのZen4もリーク情報が出始めてきました。

2022年CPU戦争を制するのは土地からなのか続報が出たらお伝えしたいと思います。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥80,000 (2022/08/08 07:39:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.