CPU情報 その他

14nmの不足の中で、Intelは22nm Pentium G3420に命を吹き込みます

投稿日:

インテルは、14nmの製造能力が継続的に不足しているため、22nmプロセステクノロジーを採用しています。

これにより、Intelは製品変更通知の発行によりHaswellベースのPentium G3420を復活させました。

 

2019年に22nm - Haswelが帰ってくる

昨年、Intelは14nmの製造努力に追いつくのに多少の困難を抱えていたため、Intelは2013年第3四半期に発売された22nmプロセッサであるPentium G3420の復活に頼りました。

インテルは、Pentium G3420のステータスを「製造中止」から「新しいロードマップの決定ごとにこの製品の製造中止を完全にキャンセルし、製品を長期間有効にする」に変更しました。

HaswellベースのPentiumのこの復活は、DellがIntelプロセッサの不足により全体的な収益の減少を非難した直後であり、Pentiumにより、Intelは追加製品をできるだけ早く市場に投入することに注力しているようです。

さまざまなシステムメーカーとOEMが、チャネルを流れるIntelチップの不足の代替品としてAMDを利用するようになりました。

しかし、Intelは「Pentiumとの戦い」に取り組んでいますが、このチップがどれだけ古いかを考えると、廃止された製品にフォールバックするこの試みは、特にAMDの新しいAthlon 200およびAthlon 3000Gプロセッサに対しては、あまり効果的ではないかもしれません。

 

Intel Pentium G3420対AMD Athlon 3000G-6年間の違い

Pentium G3420は、低層システムをターゲットとし、残念ながら、14nmの同等の価格でありながら、かなり古いテクノロジーを市場に投入し、そうすることで、2020年5月まで生産されます。

システムインテグレーターがAMDのAthlon 3000GよりもPentium G3420を使用する決定を下す理由については疑問があります。

intelのPentium G3420とAMDのAthlon 3000Gは両方とも2つのコアを備えていますが、AMDのエントリーレベル製品には、SMTが有効になっているため、Pentiumを超える2つのスレッドがあります。

Athlon 3000Gは、Radeon Vega 3 iGPUも搭載しています。これは、Bristol Ridgeを大幅に上回り、PentiumのIntel HDグラフィックスよりもはるかに強力です。

Pentiumは古いソケットとDDR3に限定されていますが、Athlon 3000GはすべてのAM4マザーボードとDDR4と互換性があるため、エントリーレベルから強力なRyzen 9 3950Xまで簡単にアップグレードできます。

Athlonには、チップをオーバークロックする機能が追加されていますが、Pentiumには倍率がロックされています。

ソース:wccftech - Amid 14nm Shortage, Intel Breathes Life Into 22nm Pentium G3420

 

解説:

復活のHaswell

我々自作ユーザーからすると絶望的な話に聞こえますが、6年の時を超え、Haswellが復活します。

これが実際にはそれほど絶望的な話ではないのは、Athlon3000Gが12nmのPicassoベースであり、Intelの22nmとそれほど性能がかけ離れていないためです。

記事中ではクソミソにけなされていますが、世の中には「Intel製品が欲しい」という需要が一定数あり、システム一式として納入するならば、メモリが型落ちのDDR3であってもあまり関係ありません。

顧客は中を触りませんので。

これはそういう顧客に向けた製品ということになります。

一般のユーザーから見るとあまりに競争力がなさ過ぎて気が遠くなりますが、こんな物でも出せばOEM側の不満を少しでも解消できるのではないかというのがIntelの考えなのでしょう。

しかし、語るべくもなく、まったく競争力はないです。

オフィスが動かせてネットとメールができればとりあえず不満はないという顧客に向けた製品ということですね。

こういった製品は大量に一括納入されるものが中心ですので、ある程度まとまった数のパーツも調達できるはずです。

しかし、6年前のCPUを復活させるというのは何とも切なくなる話です。

もし、仮に一年後も製品のショートを解消できていなければ今度はAPUにも7nmが下りてきますので、性能差は目を覆わんばかりになります。

このような緊急避難的な対応をするとメーカーとしての評判も落ちますので、長くは続けられない対応だと思いますが、もし仮に一年後も同じことを続けていた場合、Renoir世代のAthlonにコテンパンにやられるかもしれません。

あまりに製品のショートが長引くと、OEMメーカーも商売ですから、現物のないIntelではなく、AMD製品をOEMメーカーが顧客にプッシュして売り込むセールスマンになってしまう可能性もあると思います。

DellがIntelを公然と非難するのは珍しいのではないかと思います。

約束していた2019年Q3の製品不足解消はできませんでした。

1年後、同じ轍を踏んでいるかどうかが焦点になると思います。

そこで同じ対応をしていた場合、さすがのIntelもかなりまずいのではないかと思います。

 

 

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.