CPU情報

AMD、Ryzen Threadripper「Pro」プラットフォームにデュアルソケットサポートを導入か - 最大128コアと4TBメモリ容量に対応

投稿日:

AMDはZen 3 Ryzen Threadripper CPUのラインナップをかなり前から延期しているかもしれませんが、プロフェッショナル・ワークステーション・セグメントについては何か壮大な計画を立てているようです。

AMD Ryzen Threadripper Pro Workstation CPUプラットフォームにデュアルソケットサポートが登場?最大128コア&4TBメモリ容量が提供される可能性も

数日前、Igor's Labは、AMDのRyzen Threadripper 5000 Pro CPUラインアップ(5 SKUで構成)の最終スペックをリークしました。

最大64コア、256MBキャッシュ、TDP280Wのラインナップで、Zen 3コアアーキテクチャを採用している。これらのチップには、特別な3D V-Cacheや6nmノードの最適化が向かっているわけではないが、ワークステーションセグメントにとって重要な点が1つあり、それがファミリーにやってくるかもしれない。

リークされたスペックでは、AMD Ryzen Threadripper 5000 Proのラインナップは「2P」ソケット構成に対応すると記載されています。

Intelの2Sと同様に、2P構成はデュアルソケットのサポートを意味し、レッドチームがOEMパートナーの協力のもと、ワークステーション向け専用マザーボードを提供することを指し示している。

これにより、AMDは、現在のRyzen Threadripper CPUプラットフォームに加えて、もう一つのプラットフォームを得ることになるだろう。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

AMDはハイエンドのsWRX8プラットフォームで128コアという驚異的なコア数のセグメントを制覇しており、Intelのワークステーションへの取り組みに再び取り残されることになるため、これは大きな打撃となる可能性があります。

さらに、TomsHardwareが発見したPassMarkのエントリでは、デュアルRyzen Threadripper Pro 3995WX 64コアCPUが1つのマザーボード上で実行されていることが確認されています。

デュアルCPUとシングルThreadripper Pro 3995WXの64コアチップを比較したところ、新しい構成では44%の性能アップに終わっている。性能結果は下表のとおりだ(Tomshardwareより)。

Ryzen Threadripper
Pro 3995WX
Dual Ryzen Threadripper
Pro 3995WX
Overall Score:85365123631
Integer Math495,791 MOps/Sec989,959 MOps/Sec
Floating Point Math278,871 MOps/Sec562,656 MOps/Sec
Find Prime Numbers579 Million Primes/Sec1,363 Million Primes/Sec
Random String Sorting196 Thousand Strings/Sec425 Thousand Strings/Sec
Data Encryption124,642 MBytes/Sec261,164 MBytes/Sec
Data Compression1,792 MBytes/Sec3,661 MBytes/Sec
Physics5,567 Frames/Sec14,653 Frames/Sec
Extended Instructions106,929 Million Matrices/Sec232,254 Million Matrices/Sec
Single Thread2,628 MOps/Sec2,652 MOps/Sec

性能向上は大規模ではありませんが、AMDのRyzen Threadripper Proチップの64コア、ましてやデュアルソケット構成の128コアを活用できる合成ベンチマークは数少ないことを忘れてはなりません。

これは、100以上のコア、非常識な4TBのシステムメモリ容量(16メモリチャネル/チップあたり8)、非常識な量のPCIeレーンを備えたワークステーションセグメントに全く新しいパフォーマンスカテゴリを開くものです。

ワークステーションユーザーにとって、非常に魅力的なソリューションであることは間違いないでしょう。

現在、デュアルRyzen Threadripper Pro CPUに対応した市販のマザーボードはないが、前述のように、AMDが本当に2Pソケット路線をとるのであれば、パートナー企業と協力して作ってもらうことになるのだろう。

AMDのEPYCサーバープラットフォームには、多くのデュアルソケットマザーボードがあるので、Gigabyte、Supermicro、ASRock RackなどのOEMメーカーは、間違いなく、こうしたハイエンドワークステーションマザーボードを最初に提供することができるだろう。

AMD Ryzen Threadripper Pro 5000 CPUは、2022年3月の発売が噂されているので、CES 2022でAMDからそれらの話が聞けるかもしれませんね。

AMD Ryzen Threadripper 5000とIntel Sapphire Rapids-X HEDT CPUの比較:

CPUファミリIntel Sapphire
Rapids-X
AMD Ryzen
Threadripper 5000
製造プロセス10nm ESF7nm
コア
アーキテクチャー
Golden CoveZen 3
プラットフォームW790TRX40/TRX80
ソケットLGA 4677?LGA 4096
最大コア数
/ スレッド数
56/112?64/128
最大キャッシュ
容量 (L3)
168 MB?224 MB + V-Cache?
サポートメモリDDR5-4800DDR4-3200
最大PCIe
レース数
64 PCIe Gen 5.0128 PCIe Gen 4.0
TDP最大225W最大280W

ソース:wccftech - AMD Could Bring Dual-Socket Support To Ryzen Threadripper ‘Pro’ Platform – Up To 128 Cores & 4 TB Memory Capacities

 

 

 

 

解説:

ワークステーション向けのThreadripper WXが2ソケット可能に?

2ソケットと言うのはWindowsでは正直あまり使いやすいとはいいがたいものなのですが、まあ、前時代的な大艦巨砲主義が正しいとされる自作界隈では正義なのでしょうね。

2ソケットをThreadripperにおろしてくるというのは少し驚きです。

280Wが2発で560Wになるわけですが、ちょっと厳しい感じがします。

用途にも寄るのでしょうが、Threadripperを2発積むならばRTX3090を2発積んだ方がいいような気もします。

購入できるだけの財力を持っている方は限られていると思いますので、あまり一般人には関係ない話ですが、これを聞いてIntelがどのように出てくるかに注目です。

2ソケットのXeonを個人向けワークステーションにおろしてくるだけでかなりの痛手だと思いますが・・・・。

Intelに対する嫌がらせとしてはこの上もない方策だと思います。

まあ、某外国製トゥーンアニメではありませんが、あまりガチにならずに仲良くケンカしてほしいものです。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥82,560 (2022/07/04 07:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.