CPU情報 その他

インテル(INTC)が2020年第4四半期に比較的好調な業績を報告、TSMCとの提携の正式発表を待ちわびる投資家が続出

更新日:

Intel (NASDAQ:INTC 62.165 5.96%) は、現在、重要な改革の真っ只中にある会社です。

半導体ベヘモスのトップの衛兵が交代した後、活動家のヘッジファンドであるサード・ポイントの強硬な戦術に拍車がかかり、インテルはTSMCとの広範なパートナーシップに向けて準備を進めているように見える。

※ べへモスは旧約聖書に出てくる陸の怪物。マンモスよりさらに巨大と言うくらいの意味でしょう

このような背景から、本日の同社の2020年最終四半期の決算発表は、さらに大きな意味を持つものとなっている。

Intel(NASDAQ: INTC)2020年第4四半期の財務スコアカード

2020年12月31日に終了した3ヶ月間、インテルは200億ドルの収益を報告し、昨年の同四半期と比較して1%の減少を記録しました。

通年では、インテルは779億ドルの収入を得ており、2019年のレベルと比較して8%の増加に対応しています。

(数字はすべて数十億ドル)

※ Guidance(ガイダンス)は企業の自己申告での業績予想、Consensus(コンセンサス)は市場の予想平均値です。コンセンサスは当然ですが、イコールアナリスト予想の平均値です。

当四半期のインテルのセグメント別売上高を分析する前に、読者の皆様には、同社のビジネスユニットに関するコンセンサス予想にご注目いただきたいと思います。

(数字はすべて数十億ドル)

Intelの事業セグメントの業績は以下の通りです:

以下、同社の決算リリースからの抜粋では、補足的なプラットフォーム収益情報を掲載しています:

Intelのその他の主要な財務指標は以下の通り:

(数値は全て数十億ドル、営業キャッシュ・フローは前年同期比)

最終的にIntelはEPS(非GAAP)で1.52ドルを獲得し、コンセンサス予想を46%上回った。

(数値はすべてドル)

2021年第1四半期のガイダンスを見る限り、インテルのGAAPベースの収益は186億ドルになると予想されている。

これはアナリストのコンセンサス予想である160億8000万ドルを上回る。さらに、インテルは2021年第1四半期の営業利益率を27%(GAAPベース)と予想しています。

Intelの製品群に関しては、同社はプレスリリースで次のように述べている。

10nm ベースの第 3 世代イIntel Xeon スケーラブル・プロセッサー (Ice Lake) の生産を開始し、第 1 四半期に生産を開始しました。

第 11 世代Intel Core プロセッサー (Tiger Lake) を発表、第 11 世代インテル Core S シリーズ・デスクトップ・プロセッサー (Rocket Lake) を発表し、出荷を開始。

インテル初の Xe ベースのディスクリート GPU、Intel Iris Xe MAX グラフィックスでディスクリート・グラフィックス市場に参入。

Amazon Web Services が EC2 トレーニング用にインテルの Habana Gaudi AI プロセッサーを採用したことを発表。

エンタープライズやクラウド向けにIntel Optane SSDシリーズと第3世代インテル® Optaneパーシステントメモリ「Crow Pass」の新製品を発表。

前述したように、Intelは今回の決算発表サイクル中に、5nmおよび3nmプロセスノードでの次世代エントリーレベル、ミッドレンジ、ハイエンドCPUの量産に向けて、TSMCとの正式な協業を発表するのではないかと広く予想されていた。

プレスリリースには、この件についての更なるガイダンスは記載されていないが、詳細については、引き続き決算説明会の様子を追っていくことになるだろう。

もちろん、この動きが実現すれば、Intelは、10nmと7nmノードをベースにした製品の発売が絶え間なく遅れていることで失った競争力の一部を取り戻すことができるだろう。

市場はIntelの財務報告に肯定的に反応している, 株式は主にEPSの健康的なビートのために時間外取引で5%以上の利益を投稿している.

バックストーリー

先日、Intelは2021年2月15日付でCEOのロバート・スワン氏が退任することを発表した。後任には、VMwareの元CEOであるパット・ゲルシンガー氏が就任する。

このリーダーシップの交代は、Intelが「マルチアーキテクチャのXPU企業」へと移行するためのものだ。

それにもかかわらず、この動きは、一連の高官レベルの接触と、サードポイントのダニエル・ローブ最高経営責任者(CEO)が、Intelのオマール・イシュラック会長に宛てて書いた痛烈な書簡に続いている。

書簡では、半導体の巨大企業がその衰弱したブレイン ドレイン問題を是正し、スピンオフや他の業界プレイヤーとのジョイントベンチャーを含む戦略的な政策オプションを評価することを要求していた。

ソース:wccftech - Intel (INTC) Reports Relatively Strong Q4 2020 Earnings as Investors Await an Official Announcement of the Partnership With TSMC

 

 

解説:

やはり株式市場関係者もIntelがTSMCに生産を委託することを渇望している

テック企業の陥りやすい罠として、そのほかに簡単な道があるにも関わらず、自社の技術を偏重した政策をとり、淘汰されていくというものがあります。

テック企業である以上、自社の技術にプライドを持つことはもちろん大切ですが、業界の趨勢を見て、時には自社の技術を捨てる判断をするのも重要です。

これが出来なくて潰れていったテック系企業と言うのは多いでしょう。

このような状態は「独自技術症候群」と呼ばれています。

それはソフトやハードに関係ありません。

自社の技術を捨てるというのはプライドを捨てるということに他なりません。

すぐにプライドを捨ててしまうのはもちろんよくありませんが状況を見て「プライドを捨てる」判断が出来ることは大きな武器になります。

我々のように半導体業界をゲーミングPCの視点から追っているものは時にこのプライドを捨てることに関して非常に嫌悪感を持つ人種です。

私もかつてはそうでしたが、「人がプライドを捨てる」と言うことにどれだけ覚悟がいるかわかるようになってからは、純粋にそういう人たちを尊敬できるようになりました。

企業と言うのは調子のよいときだけではありませんので、必要なことだと思います。

それはIntelのような超巨大な企業であってもです。

 

Intelが凄いところはこれだけ製造技術に差を付けられてゲーミングPCや自作市場でボロクソに叩かれても実際は業績は予想よりも前年よりも上であるところです。

しかし、製造技術に差を付けられるとじり貧になり、後からボディブローのように効いてきますので、早急に切り替えを決断する(=金があるうちに決断する)ことは必要だと思います。

今のところまだ正式発表されていませんが、TSMCは2022年に3nm(Intel5nmに相当)の量産を開始し、Intelはまだ目途も立っていない状態ですので、致命的な差になるでしょう。

今決断しなくても時間の問題だと思います。

タイミングとしては今が最良です。2世代分の差を付けられる前に決断する必要があると私は思います。

 

 

 

 

-CPU情報, その他
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.