GPU情報

インテルARC A380ディスクリートグラフィックスカード、128個のEU(最大2.45GHz)と6GB GDDR6メモリを搭載し、GTX 1650 SUPERと同等の性能を実現

投稿日:

 

インテルのARC Alchemist GPUを搭載したグラフィックスカードは、ARC A380の仕様が明らかになり、いよいよ形になってきました。

インテルARC A380グラフィックスカードにAlchemist 128 EU GPUを搭載し、最大2.45GHzクロック、6GB GDDR6メモリ、GTX 1650スーパーパフォーマンスを実現

TUM_APISAKさんのツイートで、インテルのARC Alchemist GPU搭載グラフィックスカードのラインナップの仕様と命名規則が明らかになりました。

インテル社のARCラインナップは、既報の通り、A***シリーズのブランドを利用するようです。このネーミングは、各グラフィックスカードの性能レベルを示すものです。

インテルARC A380グラフィックスカードの仕様は、GPUにAlchemist(Xe-HPG DG2)を採用し、128個の実行ユニットまたは1024個のALUを8個のXeコアに格納しています。

最上位のGPU SKUは、32個のXeコアに512個の実行ユニットまたは4096個のALUを搭載しています。

このDG2 SKUにはいくつかのバリエーションがあるが、8 Xeコアのダイがトップパーツとなる。

このGPUはTSMC社の6nmプロセスノードで製造され、2.45GHzの高クロックに対応します。

これが平均ブーストクロックなのか最大クロックなのかは報告されていませんが、AMD Navi 22およびNavi 23 GPUのゲームクロックに近づいていることは間違いありません。

また、Intel ARC A380グラフィックスカードは、6GBのGDDR6メモリを搭載する。バスインターフェースについては言及されていませんが、先月のリーク情報で示唆されていたように、96ビットであると思われます。また、デスクトップタイプでは16Gbpsのピンスピードが採用され、最大192GB/sの総帯域幅を実現します。

A380グラフィックスカードのTDPは75Wで、電源用の外部ピンはないと思われますが、インテルとそのパートナーが、より高いクロックとパフォーマンスを実現するために、カードにさらなるパワーを詰め込もうとしている可能性もあります。

Intel Xe-HPGベースのディスクリートAlchemist GPUコンフィギュレーション:

GPUモデルグラフィック
カードモデル
GPU SKUExecution
Unit数
Shading
Unit数 (コア数)
メモリ容量メモリバス幅TGP
Xe-HPG
512EU
ARC A***DG2-512EU512 EUs409616/8 GB
GDDR6
256-bit225~275W?
Xe-HPG
384EU
ARC A***DG2-512EU384 EUs307212/6 GB
GDDR6
192-bit225-275W?
Xe-HPG
256EU
ARC A***DG2-512EU256 EUs20488/4 GB
GDDR6
128-bit150-200W?
Xe-HPG
192EU
ARC A***DG2-512EU192 EUs15364 GB
GDDR6
128-bit150-200W?
Xe-HPG
128EU
ARC A***DG2-128EU128 EUs10248/6/4 GB?
GDDR6
96/64-bit?50-75W?
Xe-HPG
96EU
ARC A***DG2-128EU86 EUs7688/6/4 GB?
GDDR6
64-bit50-75W?

インテルARC A380 Alchemistは、NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPERと同等の性能を持つと言われていますが、その性能を示す数値は示されていません。

このカードの発売がまだ数ヶ月先であることを考えると、GPUが小売店に並ぶまでには、ドライバー側の最適化がまだたくさん必要です。

そのため、最終的にはより良いパフォーマンスが期待できます。また、インテルARC Alchemistは、AMDとNVIDIAの現在のエントリーレベルのカード(RX 5000 / GTX 16シリーズ)にはない、レイトレーシングとXeSS機能を搭載しています。

価格については明らかにされていませんが、このカードのスペックを考えると、希望小売価格は200ドルから250ドル程度になるものと思われます。

ソース:wccftech - Intel ARC A380 Discrete Graphics Card To Feature 128 EUs Clocked at Up To 2.45 GHz & 6 GB GDDR6 Memory, Performance On Par With GTX 1650 SUPER

 

 

 

解説:

割と本気で良い性能のARC A380

新しいリークを見てびっくりしました。

補助電源端子無しになると言われているARC A380ですが、メモリ6GB搭載でGTX1650SUPERと同程度の性能になると言われています。

これが本当だとしたら、近年、AMDとの競争と(恐らくは)マイニング需要増でnVidiaが無視してきた75W枠が久々に性能アップすることになります。

現時点での75W枠最高性能はGTX1650無印ですが、それがGTX1650SUPER並みの性能になりメモリも6GBになるとしたら、かなりの進歩と言うことになります。

GTX1650とGTX1650SUPERは明確に性能が違いますので、かなり嬉しい方もいるのではないでしょうか?

実際、もっと消費電力を上げて性能がアップされる可能性も0ではないようですが、出来れば75W枠で出して欲しいところ。

75W枠で収まれば、スリム系PCのアップグレードにも使えて、需要も結構あると思います。

第一世代のIntel製dGPUは地味に良い仕事をするようです。

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.