GPU情報

AMD Radeon RX 7900 XTが発表された。NVIDIA 3090 Tiより高速な20GBメモリ搭載GPU「Navi 31 XT」が899USドルで登場

投稿日:

AMDは、Radeon RX 7900 XTXに加えて、NVIDIAのRTX 3090 Tiよりも高速なパフォーマンスを実現するRDNA 3搭載のRadeon RX 7900 XTも899USドルで発表しています。

AMD Radeon RX 7900 XT 20GB、RTX 3090 Tiよりも高速なRDNA 3 GPU性能でエンスージアスト層のゲームを899USドルで手頃に実現

AMD Radeon RX 7900 XTグラフィックスカードは、Navi 31「RDNA 3」グラフィックスコアと融合する2つのフラッグシップ製品のうちの1つである。

この2つのGPUは、RDNA 2「Navi 21」GPUに対して、ラスタライズやレイトレーシングでより高いゲーム性能を実現し、電力効率も向上させるさまざまな技術を搭載しているとのこと。

AMD Radeon RX 7900 XT 20GBグラフィックスカード「オフィシャル」仕様

また、GPUコアに「Navi 31 XT」を搭載したカットダウン版も用意される。このチップは、42個のWGP(84個のCompute Units)、つまり10,752個のコアを搭載する予定です。

これは、フルファットモデルと比較して12.5%少ないコア数です。

また、GPUの動作クロックは、XTXよりも300MHz低い2.0GHzにとどまります。

  • AMD Navi 31 XT:10752コア、320-bitバス、160MB Infinityキャッシュ、308mm2 GPUダイ @5nm
  • AMD Navi 21 XT:4608コア、256ビットバス、128 MB Infinity Cache、520mm2 GPUダイ @7nm

グラフィックスカードは、320bit幅のバスインターフェイスに20GBのGDDR6メモリを搭載する。

MCDが5枚しかないため、Infinity Cacheは80MBとなり、上位モデルより16MB少なく、16.6%減少している。

AMD Radeon RX 7900 XT "RDNA 3" Graphics Card リファレンスデザイン

このグラフィックスカードには、豪華な新リファレンスクーラーが搭載されます。

2.5スロットクーラーはやや厚く、それぞれ9つのファンブレードを持つ3つの二軸ファンを内蔵しています。

これらのファンは、シュラウドの下とGPU、VRAM、VRMなどの重要なコンポーネントの上に搭載された巨大なアルミニウムヒートシンクに向かって空気を押し出します。

外装はPCBからわずかに伸びており、6950 XTリファレンス・モデル自体が27cmなので、約30cmの大きさになるはずです。

また、このカードは、実に未来的なシュラウドデザインを採用しており、見た目も実に素晴らしい。

前面には中央のファン周辺に2本のRGBアクセントバーがあり、中央にも2本の金属製フレームがあります。

側面には「Radeon」ロゴがあり、ここもRGB LEDで照らされるはずです。

カードの側面を見ると、前回のフラッグシップモデル「RDNA 2」に比べて、かなり長いことがわかる。

Radeon RX 7000シリーズではヒートシンクの面積が増え、また3本の赤いストライプが特徴的なデザインになっている。

また、側面には空気の通り道となるスペースが確保されている。

このAMD Radeon RX 7900 "RDNA 3 "グラフィックスカードの最も興味深い点は、8ピンコネクタを2つだけ装備していることで、これは数日前にScott HerkelmanがNVIDIAが採用している16ピンコネクタを使用しないことをAMD自身が確認したものである。

このグラフィックスカードは、Radeon RX 6950 XTグラフィックスカードより20W増加した355WのTBPを特徴とする。

AMD Radeon RX 7900 "RDNA 3" グラフィックス・カード発売のお知らせ

AMD Radeon RX 7900 XTX 24GBおよびRadeon RX 7900 XT 20GBは、12月13日にそれぞれ999USドルおよび899USドルで発売されます。

AMD Radeon RX 7900 XT "公式 "スペック:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 7900 XTX
AMD Radeon
RX 7900 XT
AMD Radeon
RX 6950 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
GPUNavi 31 XTXNavi 31 XTNavi 21 KXTXNavi 21 XTX
製造プロセス5nm+6nm5nm+6nm7nm7nm
ダイサイズ308mm2
(GCDのみ)
533mm2 (MCD込)
308mm2
(GCDのみ)
533mm2 (MCD込)
520mm2520mm2
トランジスタ数580億
(GCDのみ)
580億
(GCDのみ)
268億268億
GPU WGP数48424040
ストリーム
プロセッサ数
12,28810,7525,1205,120
TMU数/
ROP数
384 / 192384 / 192320 / 128320 / 128
ゲームクロック2.3 GHz2.0 GHz2100 MHz2015 MHz
ブーストクロック2.5 GHz2.2 GHz2310 MHz2250 MHz
FP32 TFLOPS61 TFLOPs52 TFLOPs23.65 TFLOPs23.04 TFLOPs
メモリ容量
・種類
24 GB
GDDR6
20 GB
GDDR6
16 GB
GDDR6
16 GB
GDDR6
インフィニティ
・キャッシュ
96 MB80 MB128 MB128 MB
メモリバス幅384-bit320-bit256-bit256-bit
メモリクロック20 Gbps20 Gbps18 Gbps16 Gbps
メモリ帯域幅960 GB/s800 GB/s576 GB/s512 GB/s
実効帯域幅5.2 TB/s不明1728.2 GB/s1664.2 GB/s
TBP355W300W335W300W
PCIe
インターフェイス
PCIe 5.0 x16PCIe 5.0 x16PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16
価格$999 US$899 US$1099 US$999 US

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 7900 XT Unveiled: Navi 31 XT GPU With 20 GB Memory, Faster Than NVIDIA 3090 Ti For $899 US

 

 

 

解説:

RX7900XTが発表。

既にフラッグシップのRX7900XTXの記事の解説で私の思うところは書きましたので、今回は違う視点でお話したいと思います。

純粋に性能だけで語るならば、RX7900XTX/XTはかなり良い製品だと思います。

これで$899と言うのはコスパ重視のユーザーから見たら、かなり眩しく映ると思います。

最新のAAAタイトルのゲームの場合、Radeonでも細かい不具合を含めた不具合が起きる可能性はほぼ0ですので、そう言った誰もが知っている大型を中心にプレイされる方にとっては最良の選択肢になり得るGPUです。

最近ではスクエニ・コーエイなども含めた日本のゲーム企業も積極的にSteamに進出し、ゲーム機版との発売日の差が無くなりつつあります。

日本のゲーム企業の製品はGeforceに最適化されている場合が多いですが、さすがに利益を最大化しようとする上場クラスの企業がRadeonを無視するということはあり得ないので、Geforceに勝っているかどうかは別として、最新のゲームならば正常にプレイできると思います。

注意を要するのはマイナーゲームやインディーズタイトルを中心にプレイしたい方ですね。

こちらは素直に同価格帯の割高なGeforceを選んだ方が無難です。

敢えてRadeonを選ぶ場合は稀にトラブルに遭う可能性を覚悟して購入しましょう。

RDNA3はドルでの価格だけを見てもかなり割安なので、案外と日本でヒットにする可能性はあると思います。

RX7900XTXの記事ではボコボコに書きましたが、価格と性能、消費電力のバランスはこの上もなく良い製品だと思います。

ここまでの製品に仕上げたRadeon開発チームに惜しみない賛辞を贈りたいです。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.