CPU情報

インテル第12世代Core "Alder Lake-S" non-KリテールCPUの写真が公開、スペックもリークされる

投稿日:

 

第12世代インテル Core non-Kシリーズの写真と販売店リスト

次期「ロックされた」non-K CPUの最終バージョンの写真が(ほぼ)公開されました。

Zhihuでは、DDAA117が非K Alder Lake-S CPUの最初の写真を掲載しています。

これは、Core i9-12900Kとi5-12600Kのリテールモデルを発売前に公開したのと同じリーカーによるものです。

Intel Alder Lake non-Kシリーズ、ソース:DDAA117

 

今回、DDAA117は、Core i9-12900(SRL4E)、Core i5-12600(SRL4F)、Core i5-12500(SRL4G)、Core i5-12400(SLR4P)といった、K以外のラインナップの写真を世界で初めて公開したと思われます。

このラインナップには、Core i7-12700とCore i3-12300/12100が含まれておらず、統合型GPUをサポートしていないFバージョンも含まれています。

この写真と同時に、シリーズのクロックに関するいくつかの新しい情報が確認されました。

いくつかの詳細は、リーカーの@momomo_us氏から提供されたもので、いくつかはDDAA117氏自身が上の写真のサンプルのCPU-Zスクリーンショットを提供して確認したものです。

Core i9-12900は16コア24スレッド(8P+8E)のCPUで、ベースクロックは2.4GHz、ブーストは5.1GHzまで可能です。

このCPUには30MBのL3キャッシュが搭載されます。また、「Core i7-12700」と呼ばれる小型モデルは、Efficientコアの半分(8P+4E)を有効にすることで、合計12コア20スレッドを実現します。

ベースクロックは2.1GHz、ブーストクロックは4.9GHzと、12900よりも200〜300MHz低いクロックで動作する予定です。

ただし、この周波数はパフォーマンスコアにのみ適用されます。

Intel Alder Lake non-Kシリーズ、ソース:DDAA117

 

インテルの「Core i5」は、「i5-12600」(ベースクロック3.3GHz、ブースト4.8GHz)、「i5-12500」(ベースクロック3.0GHz、ブースト4.6GHz)、「i5-12400」(ベースクロック2.5GHz、ブースト4.4GHz)の3つのパーツから構成されています。

リーク情報によると、これらのCPUはいずれもEfficientコアが完全に無効化されており、実際にはこの種のコアはシリコン上に存在していないとのことです。

MSIが明らかにしたように、インテルが開発したAlder Lakeデスクトップ用シリコンには、8+8コアと6+0コアの2種類があり、Core i5 non-Kのラインアップにはもっぱら後者が採用されています。

しかし、ここで興味深いのは、Core i5-12600Kというハイスペックなモデルが、実は同じシリコンではなく、6P+4Eの構成を採用していることです(通常の場合)。

つまり、Core i5-12600KとCore i5-12600では、TDPやクロックが異なるだけでなく、コア数も異なります。

Intel Alder Lake non-Kシリーズ、ソース:@momo_us

 

ついにCore i3シリーズが一部だけ確定しました。主に「Core i3-12300」は今のところ謎のままです。

コアの構成はまだ確定していませんが、ハイブリッド機能を持たないクアッドコアCPUになると予想されています。

Core i3-12100も同様で、"Core "ブランドを冠したAlder lake-Sのパーツの中では最も遅いものです。

現時点で確認されているのは、12300は最大4.4GHz、12100は最大4.3GHzまで向上する可能性があるということです。

KではないAlder LakeのCPUのいくつかは、すでに販売店でリストアップされています。

カナダの小売店からのリーク情報を確認しましたが、今度はバングラデシュのNexusというお店から、これらのCPUの在庫があるというリストが出てきました。これは、non-Kシリーズがすでに小売店に出荷されたことを確認する初めてのケースとなります。

 

 

Intel Alder Lake non-Kシリーズ、ソース:Nexus

 

インテルは現在、B660およびH610マザーボードとともに、Kシリーズ以外の製品を1月中旬に発売する見込みです。

このラインナップについては、インテルが次世代のAlder Lake-Pモバイルシリーズや、できればArc Alchemist GPUシリーズなど、多くの発表を行う2022年のCES前後に、さらに詳しい情報が得られるはずです。

インテル第12世代Coreシリーズ "Alder Lake-S"

コア数/
スレッド数
EコアPコアL2 + L3iGPUPBP / MTP希望小売価格
i9-12900K 8P+8E/24T2.4 / 3.9 GHz3.2 / 5.2 GHz14 + 30 MBUHD770125 / 241W$ 589
i9-12900KF 8P+8E/24T2.4 / 3.9 GHz3.2 / 5.2 GHz14 + 30 MB125 / 241W$ 564
i9-12900 8P+8E/24T1.8 / 未確認 GHz2.4 / 5.1 GHz14 + 30 MBUHD77065 / 未確認 W未確認
i9-12900F 8P+8E/24T1.8 / 未確認 GHz2.4 / 5.2 GHz14 + 30 MB65 / 未確認 W未確認
i9-12900T 8P+8E/24T未確認未確認 / 4.9 GHz14 + 30 MBUHD77035 / 未確認 W未確認
i7-12700K 8P+4E/20T2.7 / 3.8 GHz3.6 / 5.0 GHz12 + 25 MBUHD770125 / 190W$ 409
i7-12700KF 8P+4E/20T2.7 / 3.8 GHz3.6 / 5.0 GHz12 + 25 MB125 / 190W$ 384
i7-12700 8P+4E/20T1.6 / 未確認 GHz2.1 / 4.9 GHz12 + 25 MBUHD77065 / 未確認 W未確認
i7-12700F 8P+4E/20T1.6 / 未確認 GHz2.1 / 4.9 GHz12 + 25 MB65 / 未確認 W未確認
i7-12700T 8P+4E/20T未確認 未確認 / 4.7 GHz12 + 25 MBUHD77035 / 未確認 W未確認
i5-12600K 6P+4E/16T2.8 / 3.6 GHz3.7 / 4.9 GHz9.5 + 20 MBUHD770125 / 150W$ 289
i5-12600KF 6P+4E/16T2.8 / 3.6 GHz3.7 / 4.9 GHz9.5 + 20 MB125 / 150W$ 264
i5-12600 6P+0E/12T未確認3.3 / 4.8 GHz7.5 + 18 MBUHD77065 / 未確認 W未確認
i5-12600T 6P+0E/12T未確認未確認7.5 + 18 MBUHD77035 / 未確認 W未確認
i5-12500 6P+0E/12T未確認3.0 / 4.6 GHz7.5 + 18 MBUHD73065 / 未確認 W未確認
i5-12500T 6P+0E/12T未確認未確認 / 4.4 GHz7.5 + 18 MBUHD73035 / 未確認 W未確認
i5-12400 6P+0E/12T未確認2.5 / 4.4 GHz7.5 + 18 MBUHD73065 / 未確認 W未確認
i5-12400F 6P+0E/12T未確認2.5 / 4.4 GHz7.5 + 18 MB65 / 未確認 W未確認
i5-12400T 6P+0E/12T未確認未確認 / 4.2 GHz7.5 + 18 MBUHD73035 / 未確認 W未確認
i3-12300 4P+0E/8T未確認未確認 / 4.4 GHz5 + 未確認 MBUHD73065 / 未確認 W未確認
i3-12300T 4P+0E/8T未確認未確認 / 4.2 GHz5 + 未確認 MBUHD73035 / 未確認 W未確認
i3-12100 4P+0E/8T未確認3.3 / 4.3 GHz5 + 12 MBUHD73065 / 未確認 W未確認
i3-12100T 4P+0E/8T未確認未確認 / 4.1 GHz5 + 未確認 MBUHD73035 / 未確認 W未確認
Pentium G7400 2P+0E/4T未確認未確認2.5 + 未確認 MB未確認未確認未確認

ソース:Videocradz.com - Intel 12th Gen Core “Alder Lake-S” non-K retail CPUs have been pictured, specs leaked

 

 

 

解説:

AlderLake-Sのロックありモデルのスペックがリーク

かなり詳細にリークしていますが、TDP35WのTモデルは一部のスペックが未確認のままになっています。

実際ギリギリまでファクトリーOCされているロック解除モデルより、TDP65Wのロックありモデルの方が扱いやすく、OCしないならこちらの方が良いと思います。

AMDのようにリテールクーラーがLEDで光るタイプに変更になるという話もあって、全体的にお得感が高いモデルになると思われます。

この辺はAMDにやられたことをそっくりやり返している感じですね。

クロックに関してはK付きと無印で0.1GHzしか違いがありませんが、クロックを上げるところまで上げるとたったの0.1GHzでも温度的にはかなりの差になります。

そう言ったことを考えてもK付きモデルはかなりギリギリまでクロックが上げられていることが伺えます。

OCなんて必要ない、ギリギリまで性能を絞り出すよりも安定して動いて欲しいと考えている方はロックありモデルを待った方が良いでしょう。

他、Core i5に関してはKありと無しでダイそのものが違うことが指摘されています。

こちらは今までお伝えした通りになります。

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.