CPU情報

インテル第12世代Alder Lake 無印 CPUラインナップの仕様がリーク - Core i9-12900, i7-12700, i5-12600, i5-12400チップを含む

投稿日:

インテルの第12世代ノンK Alder Lake CPUファミリーの仕様がリークされました&ロック解除されたパーツとロックされたパーツのクロックとコア構成の違いを示しています。このリークはMomomo_USによって報告されたもので、6種類のSKUの仕様が含まれています。

Intel 第12世代 Alder Lake Core i9-12900, Core i7-12700, Core i5-12600, Core i5-12400のスペックがリークしました。

予想通り、Core i9とCore i7は、「K」シリーズと同じコア構成を採用しています。主な違いは、クロックスピードとTDPです。Core i9-12900(F)では、16コア/24スレッドの構成で、30MBのL3キャッシュを搭載しています。

クロックスピードは、Pコアが2.40GHz、Eコアが1.80GHzに引き下げられています。最大ブーストクロックは100MHz下がって5.1GHzになります。これは、ロック解除されたSKUの125W(241MTP)に対し、65Wの低いTDPに対応するための措置です。

Intel Core i7-12700(F)は、12コア、20スレッド、25MBのL3キャッシュを搭載します。

クロックスピードは、Pコアが2.10GHz、Eコアが1.60GHz、最大ブーストクロックが4.90GHz、TDPは65Wに抑えられています。次に、最も大きな変更点であるハイブリッドではないデザインのCore i5シリーズを紹介します。

Core i5-12600」と「Core i5-12400」は、いずれも6コア12スレッドの設計で、ゴールデンコーブ(Pコア)のみで構成されます。

両チップとも18MBのL3キャッシュを搭載し、クロックはそれぞれ3.30GHzと2.50GHzとなります。両チップともTDPは65Wで、同じセグメントを狙っているAMDのRyzen 5 5600Xに対して、これらのチップがどのように作用するかは非常に興味深いところです。

Intel Non-K Alder Lakeのラインナップは2022年初頭に発売される予定で、B660や、予算のあるPCビルダー向けのよりメインストリームなマザーボードのオプションも含まれます。

インテル第12世代Alder LakeデスクトップCPUのスペック「噂」:

CPU名Pコア数Eコア数全コア/
スレッド数
Pコア ベース /
ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコア ベース /
ブースト
Eコアブースト
(全コア)
L3キャッシュTDP (PL1)TDP (PL2)予想
小売価格
Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W241W$599 US
Core i9-
12900
8816 / 243.2 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
未確認未確認30 MB65W~200W$509 US
Core i9-
12900T
8816 / 24未確認 /
4.9 GHz
未確認未確認未確認30 MB35W未確認未確認
Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W190W$429 US
Core i7-
12700
8412 / 203.6 / 4.9 GHz4.6 GHz
(全コア)
未確認未確認25 MB65W~200W$359 US
Core i7-
12700T
8412 / 20未確認 /
4.7 GHz
未確認未確認未確認25 MB35W未確認未確認
Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W150W$279 US
Core i5-
12600
606 / 123.7 / 4.8 GHz4.4GHz
(全コア)
未確認未確認18 MB65W~200W$249 US
Core i5-
12600T
606 / 12未確認 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-12500T606 / 12未確認 /
4.4 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-
12400
606 / 12未確認未確認未確認未確認18 MB65W~200W$203 US
Core i5-
12400T
606 / 12未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i3-
12200T
404 / 8未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認
Core i3-
12100T
404 / 8未確認 /
4.1 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認

ソース:wccftech - Intel 12th Gen Alder Lake Non-K CPU Lineup Specifications Leaked – Include Core i9-12900, i7-12700, i5-12600 & i5-12400 Chips

 

 

 

解説:

Alderlakeはロック解除モデルが発売されたばかりですが、来年に発売されると言われている無印モデル、65Wの通常モデルの仕様について一部リークしました。

12700無印、12900無印は定格で100MHzしか変わらず、OCする気のない人にとって、H670、B660と言った安価なマザーボードと組み合わせるにはうってつけと言ってもよいでしょう。

12900Kなどのロック解除モデルはRyzen5000シリーズへの必勝を期すために、かなり無理目のファクトリーチューンをされており、一般ユーザー向けとしては若干扱いにくいところがありましたが、無印はそう言う点はありません。

トータルでのコストもかなり抑えられるはずで、ロック解除モデルが、完全無欠の全部乗せだとすると、こちらはお得感を強調した一般向けモデルと言える仕上がりになっています。

こうしたリークを見ても今年は完全にIntelの年と言ってもよいでしょう。

尤もこのような「祭り」は2022年の前半までで、後半になれば、Zen4が出てくるでしょうから、最近のCPU情勢は本当にどうなるのかわからないと言った状況です。

Zen4に関しては私もRaptorLakeとどちらが優れているかと言う予想は全くできない状態です。

そのうちベンチマークのリークなども出るでしょうから、来年になって情報が集まってくれば、おおよその目途は付けられるのではないかと思います。

来年はIntelもAMDも是非派手な販売合戦を繰り広げてほしいところです。

最近は旧Athlon64の時のようなお互いに鼻白むような真剣勝負と言うのはありませんが、あまりエグいマーケティング合戦などはせずに、ソフトにやり合って欲しいと思っています。

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

末尾K付きロック解除モデル以外の通常モデルは2022年発売予定です。

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.