CPU情報

AMD Ryzen 7000 CPUとAM5プラットフォームはDDR5メモリのみサポート、EXPO「メモリプロファイル」技術を搭載。

投稿日:

AMDのCPU「Ryzen 7000」とそれぞれの「AM5」プラットフォームは、DDR5メモリのみをサポートすることが明らかにされた。

AMD Ryzen 7000 CPUとAM5プラットフォームはDDR5メモリのみサポートだが、EXPO技術も搭載する

AMDはこれまでにも、AM5プラットフォームとRyzen 7000 CPUがDDR5メモリ規格を中心にしたものになることを示唆するヒントを数多く発表してきた。

最近では、Meet The ExpertsのWebセミナーで、AMDの担当者が、Zen 4コアアーキテクチャを採用したRyzen 7000 CPUのコードネームであるRaphaelが、最初のDDR5ゲーミングプラットフォームになることを確認した。

そのため、DDR4メモリを使用しているユーザーは、新しいプラットフォームに移行する際に別れを告げなければならないでしょう。

X670 チップセットがデュアルチップレット設計であることについて述べた Tomshardware の同じレポートで、技術アウトレットは、AMD の X670 および B650 チップセット搭載マザーボードは DDR5 オンリーになるだろうと述べています。

現在、下位の A620 チップセットで DDR4 をサポートするという憶測もありますが、リークされた AM5 機能互換性リストでは、このソケットが DDR5 メモリのみに対応することが確認されており、DDR4 メモリについては言及されていないため、そうではないでしょう。

しかし、AMDが2022年後半にDDR5へ移行することを考えると、DDR5の価格は下がり続け、入手性も数ヶ月前のIntelの第12世代Alder Lake発売時とは比べ物にならないくらい良いので、アップグレードを楽しみにしている人にとっては良いニュースだろう。

しかし、ブルーチームは、DDR5とDDR4の両方を選択できるオプションをユーザーに提供している。

AMDは、DDR4メモリをサポートする上位の選択肢を持たず、ユーザーは新しい規格に乗るためにはるかに高い価格を支払わなければならないので、難しい立場に立たされるかもしれない。

DDR5オンリーのアプローチ以外にも、AMDのRyzen 7000 CPU向けAM5プラットフォームは、多くの新技術を搭載すると予想されている。

その1つが、Videocardzによって詳細が明らかにされた技術だ。

EXPOまたはExtended Profiles For Overclockingとして知られるこの新機能は、AM5ボードに2つのメモリ・オーバークロック・プロファイルを保存できるようにするもので、以下のものを含みます。

  • 高帯域用に最適化されたプロファイル(周波数の向上)
  • 低レイテンシーに最適化されたプロファイル(Tighter CAS Timing)

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD EXPOは、UDIMM、RDIMM、SO-DIMMで動作することができ、モバイルプラットフォームでもこの技術を使用できるようになる。

現在わかっていないのは、この技術が、以前から新しいAMD CPUプラットフォームに搭載されると言われていたRAMP(Ryzen Accelerated Memory Profile)に代わるものか、その延長線上にあるものか、ということだ。

Raphaelの素晴らしい点の1つは、オーバークロックで大きな注目を集めようとしていることです。

AMDメモリイネーブルマネージャー Joseph Tao氏

この商標は、ごく最近(2月)に出願されたことが明らかになっており、レッドチームがこの名称を使用することになるようだ。

一部の監視・統計ソフトはすでにRAMPを予備的にサポートしているので、AMDが新しいEXPOブランドに切り替えた場合、それらをアップデートする必要があるかもしれない。

AMDメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

AMD CPU
ファミリ
コードネーム製造プロセスコア数/
スレッド数(最大)
TDPプラット
フォーム
チップセットサポート
メモリ
PCIe
サボート
発売年
Ryzen 1000Summit Ridge14nm (Zen 1)8/1695WAM4300-SeriesDDR4-2677Gen 3.02017
Ryzen 2000Pinnacle Ridge12nm (Zen +)8/16105WAM4400-SeriesDDR4-2933Gen 3.02018
Ryzen 3000Matisse7nm (Zen 2)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02019
Ryzen 5000Vermeer7nm (Zen 3)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02020
Ryzen 5000 3DWarhol?7nm (Zen 3D)8/16105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02022
Ryzen 7000Raphael5nm (Zen 4)16/32?105-170WAM5600-SeriesDDR5-4800Gen 5.02022
Ryzen 8000Granite Ridge3nm (Zen 5)?不明不明AM5700-Series?DDR5-5000?Gen 5.02023

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 CPUs & AM5 Platform Will Only Support DDR5 Memory, Comes With EXPO ‘Memory Profile’ Technology

 

 

 

解説:

Raphael+AM5はOCに力を入れる

前から噂が上がっていましたが、Raphael+AM5はOCに力を入れるようです。

CPU自体にOCのマージンがどのくらいあるのかわかりませんが、メモリのOCにまで力を入れるということはOC出来るマージンはそれなりにあるのではないかと思います。

A620でDDR4をサポートするという噂もでているようですが、記事中では否定されています。

私もこれには同意で、恐らく、RaphaelのメモリコントローラはDDR5のみ対応になると思います。

Rembrandtが出るのかどうかは微妙ですが、Rembrandtが出るとしたらAM5でしょうね。

理由はRembrandtもまたメモリがDDR5対応だからです。

Rembrandtは今、デスクトップで出しても意味が無いため、APUはPhoenixからになる可能性もあるのかなと思っています。

APUですらもそのような状態のため、A620が出るとしたらDDR5の価格がこなれると言われている2023年以降になると思います。

それまではSocketAM4(ロー)とAM5(ハイ)のハイローミックス戦略を取るものと思います。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

AMD Ryzen 9 5950X without cooler 3.4GHz 16コア / 32スレッド 72MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000059WOF
AMD

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

 

 

Ryzen3

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.