CPU情報

Intel Core i9-13900K Raptor Lake デスクトップ CPU は、シングルスレッド性能で Core i9-12900K より 15% 速く、AMD Ryzen 9 5950X よりも 35% 速くなる可能性があります。

投稿日:

IntelのRaptor Lakeは、今年後半にAMD Raphael Ryzen 7000 CPUに真っ向から対抗する&フラッグシップのCore i9-13900Kの性能は、現在のAlder Lakeフラッグシップ、Core i9-12900Kより15%も速くなる可能性があるとのことです。

IntelのRaptor Lake Core i9-13900Kは、シングルスレッドベンチマークでCore i9-12900Kより15%速く、AMD Ryzen 9 5950Xより35%速い性能を特徴とするのか?。

最新の性能に関する噂は、Alder Lakeの性能に関する主張が正確であった@OneRaichu氏からもたらされたものです。

このリーカーは、第13世代Raptor LakeラインアップのフラッグシップであるIntelの次期Core i9-13900Kが、Geekbench 5ベンチマークで2300ポイントを超えるスコアを提供する可能性があると述べています。

https://twitter.com/OneRaichu/status/1532439497757331456?ref_src=twsrc%5Etfw

ただ、比較のために、インテル Core i9-12900K Alder Lake CPUのスコアは約2000点、AMD Ryzen 9 5950X 'Zen 3' CPUは約1700点にとどまっています。

このスコアを参考にすると、Alder LakeのCPUと比較して最大15%、Zen 3のCPUと比較して最大35%の性能向上が得られます。

より多くのコア/スレッド、キャッシュ、そして最大5.8GHzと言われる高クロックを詰め込んだ、少しオーバーホールされたチップとしては、嬉しいブーストと言えそうだ。

 

 

さて、このスコアがAMDの次期Zen 4チップ(コードネームRaphael)に対してどのように積み重なるのか、誰もが気になるところでしょう。

Ryzen 7000デスクトップCPUは、シングルスレッド性能が15%以上向上すると予想されており、16~19%になる可能性もあります。

この結果から、シングルスレッド・スコアは約1800~1900ポイントとなり、Zen 3チップのシングルスレッド性能はAlder Lake CPUよりもわずかに遅くなるが、Raptor Lakeは同じベンチマークで最大20%速くなる可能性があることが分かる。

AMDはパフォーマンス(シングルスレッド)の数字を保守的にしていると言っているので、15%程度に終わる可能性もあるが、それでもここではRaptor LakeがZen 4に対してわずかに優位に立つ可能性がありそうだ。

Intel 第12世代 Alder Lake-S & 第13世代 Raptor Lake-S デスクトップCPU比較(速報版):

CPU名Pコア数Eコア数合計コア数
/スレッド数
Pコアベース /
ブースト(最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコアベース /
ブースト(最大)
Eコアブースト
(全コア)
キャッシュTDP希望小売価格
Intel Core i9-
13900K
81624 / 32未確認 /
未確認?
未確認未確認未確認68 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W (PL1)
241W (PL2)
$599 US
Intel Core i7-
13700K
8816 / 24未確認 /
未確認?
未確認未確認未確認54 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W (PL1)
190W (PL2)
$419 US
Intel Core i5-
13600K
6814 / 20未確認 /
未確認?
未確認未確認未確認44 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W (PL1)
150W (PL2)
$299 US

フラッグシップのCore i9-13900Kを含むIntel第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、Z790プラットフォームで10月に発売される予定です。

このCPUは、同じく2022年秋に発売されるAMDのCPUラインナップ「Ryzen 7000」に対抗することになる。

ソース:wccftech - Intel Core i9-13900K Raptor Lake Desktop CPU Could End Up 15% Faster Than Core i9-12900K & 35% Faster Than AMD Ryzen 9 5950X In Single-Threaded Performance

 

 

 

解説:

RaptorLake-S Core i9-13900Kのシングルスレッド性能の比較がリークしています。

私が下の記事の「解説」で書いたような比較になっているのは面白いです。

AMDのロバート・ハロックとフランク・アザーが、AMD Ryzen 7000 CPUとAM5プラットフォームの特徴について語ります。170W ソケット電力制限、5.5GHz ストッククロック速度、スマートアクセスストレージ、その他

5950Xのシングルスレッド+15%ではやはり12900Kよりも若干遅い程度のシングルスレッド性能にしかならないという結論が出るのは当然だと思います。

簡単な計算が出来る人ならば、すぐに出せる結論と言うことになります。

私はまだ性能が上がるという希望は捨ててないですが、現時点ではやはり13900Kが優勢と言わざるを得ません。

これを覆すにはやはりRaphaelのさらなる(高性能を示唆する)リークが出てくる必要があるでしょう。

DDR5を使う以上、システム価格が高止まりするのは決まっていますので、AMDには発売までにRyzen7000シリーズの性能を少しでも上げる努力をしてほしいところです。

心情からAMD寄りの書き方をしていますが、Core i9-13900Kも素晴らしい製品になると思います。

MeteorLakeのデスクトップ版は1年遅れるという噂も出ていますので、ここで更新しておくのも一つの考え方です。

買って損はないでしょう。

KabyおじさんとSkylakeおじさんはそろそろ買い替え時ですよ。(笑

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.