GPU情報

次世代Radeon RX 7000グラフィックスカード用GPU「AMD Navi 33 RDNA 3」に4096コア搭載の疑惑が浮上

投稿日:

Greymon55からの新しい噂によると、次世代のRadeon RX 7000シリーズのグラフィックカードに搭載されるAMDのRDNA 3ベースのNavi 33 GPUは、当初予想されていたよりも少ないコアを搭載するようです。

AMD Radeon RX 7000「RDNA 3」Navi 33 GPUは4096コアを搭載するが、パフォーマンスはNavi 21よりも速いとの噂

以前、Greymon55氏は、RDNA 3ベースのNavi 33 GPUには最大5120コアまたは20WGPが搭載されると述べていたが、同氏の最新の情報によると、WGP数とコア数は少ないようだ。

しかし、だからといって全体的な性能が変わったわけではありません。

しかし、これは全体的な性能が変わったということではありません。

Navi 33 GPUは、現在AMDのハイエンドセグメント向けフラッグシップRDNA 2チップであるNavi 21 GPUよりも高速なGPU性能を提供することになります。

Radeon RX 7700シリーズ用AMD RDNA 3 Navi 33 GPU

AMD Navi 33は、RDNA 3ファミリーの中でモノリシックセグメントを開始するGPUです。

このGPUはシングルダイを採用している。

このダイは、フラッグシップモデルである「Navi 21」と非常によく似ており、製造には6nmプロセスノードを使用する予定です。

Navi 33 GCDは、2つのShader Engineを搭載し、各Shader Engineは2つのShader Array(SEあたり2個/合計4個)を持つと予想されている。

各Shader Arrayは5つのWGP(1SEあたり10個/合計20個)で構成され、各WGPには32個のALUを持つSIMD32ユニットが8個(1SAあたり40個/1SEあたり80個/合計160個)搭載されると予想されていた。

これらのSIMD32ユニットを組み合わせて5120コアを構成しており、これはRX 6900 XT(Navi 21 XTX GPU)と同じコア数となります。

しかし、今回の数字を基にすると、RDNA 3 Navi 33 GPUには、合計16個のWGP、つまり4096コアが搭載されることになります。

これがチップ自体の構成が更新されたものなのか、それとも新しいRadeon RX 7000カードがNavi 33チップの構成を削減し、各シェーダーアレイで1WGPを無効にしたものを搭載するのかは分かりません。

翻訳

n33は6900xt以上の性能を目指して設計されており、設計目標を達成できなかったとしても、性能は6900xt程度だろう。

興味深いことに、Kopite7kimi氏はNavi 33がNavi 23の後継となるGFX11アーキテクチャであると述べていますが、Navi 23には2048コアしか搭載されておらず、Navi 33に搭載されているとされるコア数の半分であることがわかっています。

Navi 23 GPUはRadeon RX 6600シリーズに搭載されているので、AMDがNavi 31をRX 7900シリーズ、Navi 32をRX 7800シリーズ、Navi 33をRX 7700シリーズと1段階上のラインナップにしたいと思わない限り、Navi 33はAMDのRX 7600シリーズのラインナップに搭載されると推測されます。

RX 7600シリーズ以下のラインアップは、ここで報告されているように、リフレッシュされた6nm RDNA 2 GPUをベースにすることになるでしょう。

AMD RDNA 3 Navi 3X GPUコンフィグレーション(暫定版)

GPU名Navi 21Navi 33Navi 32Navi 31
製造プロセス7nm6nm5nm/6nm5nm/6nm
半導体
パッケージ
モノリシックモノリシックMCMMCM
シェーダー
エンジン数
424 (1ダイに
つき2)
6 (1ダイに
つき3)
GPU WGP数402040 (1ダイに
つき20)
60 (1ダイに
つき30)
WGP毎のSP数128256256256
演算ユニット数
(ダイ毎)
804080
160 (Total)
120
240 (Total)
コア数 (ダイ毎)5,1205,1205,1207,689
コア数(合計)5,1205,12010,24015,360
メモリバス幅256-bit128-bit192-bit256-bit
メモリ種類GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
インフィニティ
キャッシュ
128 MB256 MB384 MB512 MB
フラッグシップ
SKU
Radeon RX
6900 XTX
Radeon RX
7600 XT?
Radeon RX
7700 XT?
Radeon RX
7900 XT?
TBP330W~200W~300W~400W
発売時期2020Q42021Q4?2021Q4?2021Q4?

Navi 33(RDNA 3)は、256MBのInfinity Cacheを搭載する予定です。また、各GPUは2つのメモリコネクトリンク(32bit)を搭載するはずだ。

これは、128ビットのバスインターフェイスに対して、合計4つの32ビットメモリコントローラを搭載することになる。

これにより、AMD Radeon RX 7600シリーズの性能は、TDP200W程度でRX 6800シリーズやRX 6900シリーズを上回ることになる。

Navi 33 GPUは、近日中にテープアウトし、2022年10月頃の発売を予定しています。

AMD RDNA世代のGPUラインナップ

Radeon
ラインナップ
Radeon
RX 5000
Radeon
RX 6000
Radeon
RX 7000
Radeon
RX 8000
GPU
アーキテクチャー
RDNA 1RDNA 2RDNA 3 /
RDNA 2
RDNA 4
製造プロセス7nm7nm5nm/6nm?5nm/3nm?
GPUファミリNavi 1XNavi 2XNavi 3XNavi 4X
フラッグシップ
GPU
N/ANavi 21
(5120 SPs)
Navi 31
(15360 SPs)
Navi 41
ハイエンド
GPU
Navi 10
(2560 SPs)
Navi 22
(2560 SPs)
Navi 32
(10240 SPs)
Navi 42
ミドルレンジ
GPU
Navi 12
(2560 SPs)
Navi 23
(2048 SPs)
Navi 33
(5120 SPs)
Navi 43
エントリー
GPU
Navi 14
(1536 SPs)
Navi 24
(1024 SPs)
Navi 34
(2560 SPs)
Navi 4

ソース:wccftech - AMD Navi 33 RDNA 3 GPU For Next-Gen Radeon RX 7000 Graphics Cards Allegedly Features 4096 Cores

 

 

 

解説:

RDNA3のNavi33は4096SPになり、それでも現行のRX6900XTの5120SPと同等以上の性能になる

Navi33はモノリシックなGPUになることは今までのリークでもお伝えしてきましたが、どうも、RX6900XTより少ないSP数になるようです。

しかし、それ以上か同等の性能になると言われています。

RDNA2からレイトレーシング対応ですが、レイトレーシング対応世代ではトランジスタ当たりの効率が減ります。

RDNA3世代から恐らくTensorコアに相当する演算器が積まれると思うのですが、それはあまりトランジスタを圧迫しないようです。

Navi33がRX6900XT相当の性能になるのはほぼ確実で8割のSP数で同等の性能になるようですね。

恐らくクロックも相当上がると思われます。

あと1年ほどでこれほどの性能向上した製品が出るというのは恐ろしい気分になります。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.