ゲームについて

Steam Deck Handheld Consoleのベンチマーク - いくつかのAAAゲームで60 FPS、ネイティブ解像度のCyberpunk 2077では30 FPSと、まずまずの画質を実現

投稿日:

携帯型ゲーム機「Steam Deck」について、中国のユーザーが、いくつかのAAAゲームおよびeSportsゲームでの最初のベンチマークを公開しました。

ベンチマークされたのは開発キットで、最終製品の仕様とほぼ一致していますが、最終製品では性能が向上する可能性があります。

Steam Deckのパフォーマンスベンチマークでは、AAAゲームではそこそこのクオリティで60FPS、サイバーパンク2077ではネイティブ解像度で30FPSを記録

Steam Deckは、Valve社が開発し、Steam OSで動作する、最も期待されている携帯型ゲーム機の一つです。このゲーム機の仕様については、すでにこちらで詳しく紹介していますが、以下にまとめてみました。

Valve Steam Deckのスペック一覧

「Steam Deck」は、4コア8スレッドのAMD Van Gogh APUを搭載しています。CPUのベースクロックは2.4GHzで、最大3.5GHzまでのターボ動作が可能です。

GPUについては、AMD RDNA 2アーキテクチャを採用しており、8つのCompute Unit、合計512のストリームプロセッサを搭載し、最高クロックは1600MHzです。

CPUは448GFlops、GPUは1.6TFLOPsのFP32能力を持ち、合計で2TFLOPs以上の性能を発揮し、初代「Xbox One」や「PlayStation 4」よりも高速なゲームを実現します。

  • プロセッサー:AMD APU
  • CPUです:Zen 2 4c/8t, 2.4-3.5GHz (FP32で最大448GFlops)
  • GPU 8 RDNA 2 CU, 1.0-1.6GHz (最大1.6TFlops FP32)
  • APU消費電力:4-15W
  • RAM:16GB LPDDR5 RAM(5500MT/s)
  • ストレージ:64 GB eMMC (PCIe Gen 2 x1)
  • 256 GB NVMe SSD (PCIe Gen 3 x4)
  • 512 GB 高速 NVMe SSD (PCIe Gen 3 x4)
  • 全モデルに高速microSDカードスロットを搭載

ディスプレイには、携帯型ゲーム機「Steam Deck」に7インチ液晶を搭載し、携帯型では最大1280×800、60Hz、ドックモードでは最大8K/60Hzまたは4K/120Hzの解像度に対応しています。

ゲームのベンチマークは、ハンドヘルドモードで計測しています。開発キットのOSバージョンはSteam OS 3.0で、Steamライブラリ全体を問題なくサポートしています。

 

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」のベンチマークでは、高品質では平均36FPSでしたが、カスタム設定を使用することで、ネイティブ解像度では60FPS以上で動作するようになりました。

また、ユーザーは、高設定プロファイルで30 FPSで動作しているにもかかわらず、スタッターやラグが発生しなかったと述べています。

DOOM Eternal」では、設定を「中」にした場合、平均で約60FPSを記録し、画質を向上させると46FPSまで低下しましたが、ユーザーによるとプレイ可能でスムーズに動作しているとのことです。

もちろん、DOTA 2のようなeSportsタイトルでも、ヒーロー選択メニューで140FPSを実現していますが、最高画質では平均FPSが47に、低画質では80FPSに低下しています。

また、画質の面で最も重いタイトルの一つである「Cyberpunk2077」もテストしましたが、これは高プリセットで20~30FPS程度でした。

Valve社の「Steam Deck」が携帯型ゲーム機としては初の試みであり、同社はすでに今後2、3年のうちに4Kに対応した後継機の話をしていることを考えると、この性能は非常に優れています。

Steam Deckゲーミングパフォーマンスベンチマーク:

  • Shadow of th Tomb Raider(高) - 平均30以上のFPS
  • Shadow of th Tomb Raider(カスタム) - 平均60以上のFPS
  • Doom Eternal(カスタム) - 平均46 FPS
  • Doom Eternal (Low) - 60 FPS平均
  • DOTA 2 (高) - 47 FPS
  • DOTA 2 (低) - 80 FPS
  • Cyberpunk 2077 (High) - 20 - 30 FPS

また、ユーザーが温度を測定したところ、Steam Deckはゲーム中に背面で約43℃、グリップ周辺で約29℃で推移しました。

バッテリー残量については、3時間後に100%から46%に低下しました。ほとんどのユーザーは、携帯モードで約4~5時間のゲームを簡単に楽しむことができると思われます。

また、先日、携帯型ゲーム機「Steam Deck」がWindows 11オペレーティングシステムに対応し、リモートプレイによりPCのコントローラーとしても使用できることをご紹介しました。

Valve社のデバイスは、2021年12月に出荷が開始される予定で、第一次予約で入手した幸運なユーザーが対象です。

それ以外のユーザーの皆様には、2022年までお待ちいただくことになります。

価格は、64GBのeMMCストレージを搭載した基本モデルが399ドル、256GBモデルが529ドル、512GB NVMeモデルが649ドルです。

ソース:wccftech - Steam Deck Handheld Console Benchmarked – 60 FPS With Decent Image Quality In Several AAA Games, 30 FPS in Cyberpunk 2077 at Native Resolution

 

 

 

解説:

Steam DeckはHD画質(1280x800)で相当のクオリティを実現する

Steam DeckでAAAゲームや有名タイトルを動作させたFPSが公開されたようです。

一番重たいCyberpunk2077が「High」設定で20-30FPSと言うことで、MiddleやLowに設定すれば60FPS行きそうです。

それ以上はこの手の携帯ゲーム機に要求するのは厳しいでしょう。

私はこのSteam Deckが言われているように任天堂Switchと競合するとも購入したいと思うような魅力があるようにも見えません。

しかし、非常に優れたゲーム機であることは確かだと思います。

日本だと情報発信されている方でも一部誤解されているので、お断りしておきます。

Steam DeckのデフォルトOSはSteamOSでより互換性を高めるにはWindowsを別途インストールする必要があります。

この時点でSteam Deckはかなりユーザーを選ぶデバイスと言うことが言えると思います。

ストレージの問題もあり、Switchのように誰でも手軽に何も考えずに遊べるという種類のゲーム機ではありません。

どちらかと言うとパソコンとゲーム機の中間くらいのイメージです。

この点、自作er向けのゲーム機であり、自作市場のあまり大きくない日本ではヒットしないゲーム機だと思います。

安いことは安いですが、Windowsのライセンス代が入っていないことを考えると微妙な価格だと思います。

 

-ゲームについて
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.