CPU情報

AMD Ryzen PRO 5000G Cezanne Ryzen 7 5750G, Ryzen 5 5650G & Ryzen 3 5350G リテール版「Zen 3」デスクトップAPUをテスト

投稿日:

AMD Ryzen 5000G Cezanne Desktop APUのトリオ、5750G、5650G、5350Gが、再びリテールバリエーションでテストされました。

Ryzen 5000G APUはZen 3コアを搭載しており、スタンダードとProの両方のバリエーションでリテールセグメント向けに発表されたばかりです。

Chiphell ForumsでテストされたAPUラインナップはProバージョンです。

AMD Ryzen 5000G PRO デスクトップAPU テスト済み - リテールチップには、Ryzen 7 5750G、Ryzen 5 5650G、Ryzen 3 5350Gが含まれる

AMD Ryzen 7 5700GおよびRyzen 5 5600Gは、Computex 2021でDIYセグメント向けに発表されましたが、Ryzen 5000G PROバリエーションのリテールユニットがAPACリテール市場に入ってくることが多くなっています。

DIY用のAPUが比較的早く発売されることを考慮して、古いAPUや既存のZen 3ベースのCPUに対してこれらのチップがどのように評価されるかを示す新しいベンチマークがChiphell Forumsによって公開されました。まずは、そのスペックをご紹介します。

注-AMD Ryzen 5000GおよびRyzen PRO 5000GデスクトップAPUは仕様が同じなので、どちらのチップでもパフォーマンスは同じだと考えてください。

AMD Ryzen 7 PRO 5750G 8 Core Cezanne Zen 3 Desktop APU

AMD Ryzen 7 PRO 5750Gは、ラインナップの中でもフラッグシップとなる製品です。

8コア、16スレッドを搭載します。クロック速度はベースが3.8GHz、ブーストが4.6GHzとされています。

L3キャッシュ16MB、L2キャッシュ4MBを搭載し、TDPは65Wとなっています。

APUには、8つのCUまたは512のストリームプロセッサーを持つVega統合GPUが搭載されており、約2.0GHzのクロックで動作します。

35Wのモデルは同じスペックですが、コアクロックがベースで3.2GHz、ブーストで4.6GHzとなります。販売価格は350ドルから400ドル程度を想定しています。

AMD Ryzen 5 PRO 5650G 6 Core Cezanne Zen 3 Desktop APU

AMD Ryzen 5 PRO 5650Gは、ラインナップの中で6コア12スレッドの製品です。

ベースクロックは3.9GHz、ブーストクロックは4.4GHzです。また、16MBのL3キャッシュと3MBのL2キャッシュを搭載しています。TDPは65Wで、1900MHzのVega 7 iGPU(448 Stream Processors)を搭載しています。

35Wモデルは同じスペックで、コアクロックをベース3.4GHz、ブースト4.4GHzに下げています。

AMD Ryzen 3 PRO 5350G 4 Core Cezanne Zen 3 Desktop APU

次にご紹介するAMD Ryzen 3 PRO 5350Gは、標準的な4コア8スレッドAPUです。ベースクロックは4.0GHz、ブーストクロックは4.2GHzとなっている。

APUは、8MBのL3キャッシュと2MBのL2キャッシュを搭載しています。

Ryzen 3 5300GのVega iGPU構成では、1600MHzで動作する6つのCompute Unit(384個のストリームプロセッサー)を搭載しています。

このチップのTDPは65Wである。35Wモデルは、同じスペックでありながら、コアクロックをベース3.6GHz、ブースト4.2GHzに低減しています。

AMD Ryzen 5000G Cezanne Zen 3 Desktop APU

CPU名AMD Ryzen
3 5300GE
AMD Ryzen
3 PRO 5350G
AMD Ryzen
3 5300G
AMD Ryzen
5 5600GE
AMD Ryzen
5 PRO 5650G
AMD Ryzen
5 5600G
AMD Ryzen
7 5700GE
AMD Ryzen
7 PRO 5750G
AMD Ryzen
7 5700G
アーキテクチャーZen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3
コア数/
スレッド数
4/84/84/86/126/126/128/168/168/16
ベース
クロック
3.60 GHz4.00 GHz4.00 GHz3.40 GHz3.90 GHz3.90 GHz3.20 GHz3.80 GHz3.80 GHz
ブースト
クロック
4.20 GHz4.20 GHz4.20 GHz4.40 GHz4.40 GHz4.40 GHz4.60 GHz4.60 GHz4.60 GHz
L3キャッシュ8 MB8 MB8 MB16 MB16 MB16 MB16 MB16 MB16 MB
L2キャッシュ2 MB2 MB2 MB3 MB3 MB3 MB4 MB4 MB4 MB
iGPUVega 6Vega 6Vega 6Vega 7Vega 7Vega 7Vega 8Vega 8Vega 8
iGPUクロック1.7 GHz1.7 GHz1.7 GHz1.9 GHz1.9 GHz1.9 GHz2.0 GHz2.0 GHz2.0 GHz
TDP35W65W65W35W65W65W35W65W65W
価格$159 US?$159 US?$159 US?$259 US$259 US$259 US$359 US$359 US$359 US

AMD Ryzen PRO 5000G パフォーマンス・ベンチマーク

AMD Ryzen PRO 5000GデスクトップAPUのテストプラットフォームは、ASRock X570 Taichi Razer Editionマザーボード、16GB ZADAK SPARK DDR4-3600 (CL17)メモリー、ハイエンドタワー型エアクーラー、Antec HCG-X1000 PSUで構成されています。空冷装置はノーマル性能テストにのみ使用し、オーバークロックテストはTDP350Wの360mm AIOリキッドクーラーを使用しました。

テストの様子は以下の通りです。

AMD Ryzen PRO 5000G 'Cezanne' Zen 3 Desktop APU CPU Benchmarks(ソース:Chiphell)

Cinebenchマルチスレッドテストでは、6コアAPUが前モデルよりも18%向上して最大のスコアを記録し、8コアのフラッグシップモデルは前モデルよりも12%性能が向上しています。

4コアのAPUは最も弱く、前モデルのZen 2と比べて平均10%の性能向上にとどまりました。

すべてのCPUでシングルスレッド性能が平均20%向上していますが、これは新しいZen 3コアによるものです。

この傾向は、CPU-zおよび3DMark Syntheticベンチマークでも継続しています。

Ryzen 7 5750Gは、オーバークロックするとRyzen 7 5800Xに匹敵するはずですが、高クロックで動作するRyzen 7 5800Xの方が有利です。

AMD Ryzen PRO 5000G 'Cezanne' Zen 3 Desktop APU AIDA64 Benchmarks(ソース:Chiphell)

消費電力に目を移すと、AMD Ryzen 7とRyzen 5のパーツでは消費電力がほとんど変わらないのに対し、Ryzen 3ではZen 2の兄弟よりもわずかに多くの電力を消費していることがわかります。

温度もほとんど変わらず、主要な部分で少し改善されていますが、パフォーマンスが最も向上したのは、新しいZen 3キャッシュデザインによるメモリレイテンシーです。

AMD Ryzen PRO 5000G 'Cezanne' Zen 3 Desktop GPU Benchmarks(ソース:Chiphell)

※ Counter Strike:GO

※ Forza Horizon 4

最後にゲーミングパフォーマンスの数値ですが、約2~5%の向上が期待できます。興味深いのは、AMDのFSRテクノロジーに対応したゲームでは、Vega GPUアーキテクチャーの機能がサポートされているため、パフォーマンスの向上が期待できます。

また、APUラインナップに搭載されているVega GPUは、高いオーバークロック性能を備えており、最大2.6GHzの速度に達することができます。

また、AMD Ryzen 5000GデスクトップAPUは、PCIe Gen 4をサポートしていないため、これらのAPUを動作させるには、安価なA520またはB550マザーボードを使用するのが賢明な判断となるでしょう。

AMD Ryzen 7 5700G 8 CoreとRyzen 5 5600G 6 Coreは、8月5日にそれぞれ359USドル、259USドルでリテールセグメントに先行して投入されます。

FSRパフォーマンステストなど、より詳細なベンチマークも今後数週間で公開される予定です。

ソース:wccftech - AMD Ryzen PRO 5000G Cezanne Ryzen 7 5750G, Ryzen 5 5650G & Ryzen 3 5350G Retail ‘Zen 3’ Desktop APUs Tested

 

 

解説:

ChiphellからRyzen5000Gシリーズのベンチマークがリーク

8/5に発売予定のZen3コア採用、期待のAPUのベンチマークがリークしました。

最上位のRyzen 7 5700GのライバルはCore i7-11700無印のようで、AMDが公式に比較用のスライドを作っています。

11700無印は現在日本円で38,000円台で売られているので、恐らくその価格帯前後で売りに出すのだと思います。

既に出ている5800Xとの違いはクロックとキャッシュです。

当然のことながら5800Xの方がどちらもスペックが上なので、ベンチマークの数値もよくなっています。

Ryzen5000Gシリーズは良い製品だと思いますが、5800Xと比較するとゲームの性能はよくありません。

これは主にキャッシュの量が少ないことが原因でしょう。

印象的なのは、3D MarkのTimeSpyでOCするとRX560 4GBに5750Gの内蔵GPUが勝っており、内臓GPUと言えども2世代前の単体GPUのエントリークラスに勝ってしまう時代になったのだなあと思います。

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.