CPU情報

Intel 第10世代 Comet Lake-SデスクトップCPUが5月27日に正式に発売– Core i9-10900K、Core i7-10700K、Core i5-10600Kが製品をリード

投稿日:

Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップCPUは今月末に発表されますが、当社の情報筋は、新しいCPUを店頭で購入できるようになる正確な日付を指摘しています。

 

Intelの第10世代デスクトップCPU、コードネームComet Lake-Sが発表から1か月後の5月27日に発売

私が受け取った情報によると、インテルのComet Lake-Sデスクトッププロセッサーは、4月30日の発表からほぼ1か月後に小売チャネルにヒットするようです。

この情報は、プレスエンバーゴとローンチエンバーゴの2つのセグメントを持つ最新のNDAの一部です。

プレス禁止は4月30日13:00 GMTに終了し、第10世代ラインナップのプレスリリースと、400シリーズチップセット(主にZ490)に基づく製品発表が表示されます。

ただし、新しいハードウェアを入手するまでに1か月待つ必要があります。

実際の小売発売と製品の出荷は、5月27日GMT 13:00から始まります。

また、新発売のレビューも読むことができます。

2020年半ば近くに本質的に着陸する5月の終わりに発売が設定されると、最近のうわさがその後すぐの後継製品の発表を示唆しているように、Comet Lake-S CPUがどれくらいの保存期間になるかという疑問が生じ、第11世代Rocket Lake-Sファミリーは今年後半に発売される予定です。

これは、Comet Lake-S CPUがそれよりも優れたラインナップに置き換えられるまでが6か月未満であることを意味します。

 

Intel第10世代Core Comet LakeデスクトップCPUファミリー:

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
シングルコア
ブースト
Turbo Boost
Max 3.0
(Single-Core)
全コア
ブースト
キャッシュTDP価格
Intel Core
I9-10900K
10/203.7 GHz5.1 GHz
5.3 GHz
(Velocity)
5.2 GHz4.8 GHz
4.9 GHz
(Velocity)
20 MB125W不明
Intel Core
I9-10900
10/202.8 GHz5.0 GHz
5.2 GHz
(Velocity)
5.1 GHz4.5 GHz
4.6 GHz
(Velocity)
20 MB65W不明
Intel Core
I9-10900T
10/202.0 GHz4.5 GHz不明不明20 MB35W不明
Intel Core
I7-10700K
8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125W不明
Intel Core
I7-10700
8/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65W不明
Intel Core
I7-10700T
8/162.0 GHz4.4 GHz不明不明16 MB35W不明
Intel Core
I5-10600K
6.124.1 GHz4.8 GHz無し4.5 GHz12 MB125W不明
Intel Core
I5-10600
6.123.3 GHz4.8 GHz無し4.4 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10600T
6.122.4 GHz4.0 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10500
6.123.1 GHz4.5 GHz無し4.2 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10500T
6.122.3 GHz3.7 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10400
6.122.9 GHz4.3 GHz無し4.0 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I3-10350K
4/8不明不明無し不明8 MB125W不明
Intel Core
I3-10320
4/83.8 GHz4.6 GHz無し4.4 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10300
4/83.7 GHz4.4 GHz無し4.2 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100
4/83.6 GHz4.3 GHz無し4.1 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100T
4/82.3 GHz3.6 GHz無し不明8 MB35W不明
Intel Pentium
G6400
2/43.8 GHz3.8 GHz無し不明4 MB65W不明
Intel Pentium
G6400T
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明4 MB35W不明
Intel Celeron
G5900
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明2 MB65W不明
Intel Celeron
G5900T
2/43.0 GHz3.0 GHz無し不明2 MB35W不明

 

Intel第10世代Comet Lake-Sロック解除125WデスクトップCPUファミリー

Intel Comet Lake-Sまたは第10世代コアファミリは、14nm Skylakeアーキテクチャを再利用する最後のCPUラインナップになると予想されています。

Skylakeアーキテクチャは2015年から使用されており、インテルはデスクトップコンシューマー向けにそれを置き換える必要があります。

このアーキテクチャでは、4コアと8スレッドから10コアと20スレッドへの増加につながるいくつかの最適化と主要な改良が見られました。

同じ14nmプロセスも改善され、フラグシップCPUの速度が4.20 GHzのブーストから5.20 GHzのブーストに大幅に向上しました。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

Intel Core i9-10900K 10コアCPU仕様

Intel Core i9-10900Kは、第10世代デスクトップCPUファミリの主力製品になります。

Intelは、Core i9-9900KSよりも優れたパフォーマンスを提供するために、いくつかのトリックを用意しています。

i9-10900Kは、10コア、20スレッド、合計20 MBのキャッシュ、および125W TDPを備えています。

チップのベース周波数は3.7 GHz、ブースト周波数は5.1 GHzです。

ただし、IntelのTurbo Boost Max 3.0テクノロジーを使用すると、チップはシングルコアで最大5.2 GHzまでブーストでき、さらに優れているのは4.9 GHzオールコアブーストです。

この特定のチップのいくつかの機能は次のとおりです。

  • 最大4.8 GHzオールコアターボ
  • 最大5.3 / 4.9 GHz熱速度ブーストシングル/オールコアターボ
  • 最大5.2 GHzのIntel Turbo Boost Max 3.0
  • 最大10Cおよび20T
  • 最大DDR4-2933 MHzデュアルチャネル
  • 強化されたコアとメモリのオーバークロック
  • アクティブなコアグループのチューニング

ここに興味深い部分があります、チップは現在の主力部品と同様に、熱速度ブーストも取得します。 Core i9-10900KなどのこのアルゴリズムをサポートするCPUは、5.3 GHz(シングルコア)および4.9 GHz(オールコア)のさらに高速のブースト周波数を備えています。

ただし、その名前が示すように、熱速度ブースト機能を完全に利用できるのは最上位の冷却ソリューションだけです。

したがって、ハイエンドのAIO液体クーラーやクローズドループのセットアップをロックしない限り、速度が持続的にブーストするのではなく、しきい値に達するまでバーストが発生することを期待してください。

この機能が提供する機能の全範囲と、Core i9-10900Kが一般的にどのような種類の冷却を必要とするかを知ることは興味深いでしょう。

Core i9-10900KとAMD Ryzen 9 3900X CPUのいくつかのベンチマークがここにあります。

 

Intel Core i7-10700K-8コア、最大5.1 GHzシングルコアターボ、4.7 GHzオールコアターボ

Intel Core i7-10700Kは8コアと16スレッドを特徴とします。

このチップは、16 MBの合計キャッシュと125WのTDPを収容します。

チップは、3.8 GHzのベースクロック、5.0 GHz(シングルコア)および5.1 GHz(シングルコア)のブーストクロックを備え、Turbo Boost Max 3.0を備えています。

チップは、シングルコアでは100 MHz高速ですが、500ドルを超える価格で販売されているCore i9-9900Kよりもすべてのコアで100 MHz遅くなります。

これはi7のパーツなので、価格は約350〜400 USドルになると予想しています。

Intel Core i5-10600K-6コア、最大4.8 GHzシングルコア、4.5 GHzオールコア

 

Intel Core i7-10600Kは、6つのコアと12のスレッドを備えています。

このチップは、12 MBの合計キャッシュと125WのTDPを収容します。

チップは、4.1 GHzのベースクロック、4.8 GHz(シングルコア)、4.5 GHz(オールコア)のブーストクロックを備えています。

チップは、第8世代のフラッグシップであるCore i7-8700Kよりも高速で、シングルコアとオールコア全体でベースとブーストクロックが高くなっています。

Core i5は、220ドルから270ドルの米国セグメントで販売されているはずです。これは、高速の6コアとマルチスレッドチップに適した価格です。

 

400シリーズプラットフォームおよびLGA 1200ソケットのサポート

コメットレイクSファミリーも、LGA 1200と呼ばれる新しいソケットに移行します。

LGA 1200ソケットはLGA 1151ソケットと同じ寸法(37.5mm x 37.5mm)ですが、ソケットのキーイングが左側に移動し、Comet LakeはCoffee Lakeマザーボードと電気的または機械的に互換性がありません。

コメットレイク用の新しいLGA 1200パッケージとソケットの詳細:

  • コメットレイクはピン数の多いパッケージに移行します
  • コメットレイクLGAにはレガシープラットフォームとの下位互換性がありません。
  • ILMの寸法または熱ソリューションの保持に変更はありません
  • コメットレイクLGAは、電力供給と将来のインクリメンタルI / O機能のサポートを改善します
  • ピン1の方向は同じですが、ソケットのキーイングが左にシフトしています

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

LGA 1200ソケット(H5)の設計図もMomomo_Usによってリークされており、新しいソケット自体の設計を示し、既存のLGA 1151ソケット(H4)と比較しています。

H5 LGA 1200ソケットとH4 LGA 1151ソケットの間のピンおよびソケット固有の変更については、上記の設計図で詳しく説明しています。 (画像クレジット:Momomo_US

良い点は、既存のクーラーがLGA 1200ソケットと互換性があるため、心配する必要のないハードウェアの変更の1つです。

Comet Lake-Sファミリは、DDR4-2666メモリUDIMMのサポートを維持し、チャネルあたり最大32 GBの容量のDIMMをサポートします。

Intelは、400シリーズファミリにいくつかのチップセットを展開する予定です。

前述の「K」ロック解除SKUをターゲットとするZ490があることは明らかですが、それ以外では、W480(エントリーワークステーション)、Q470(Intel vProを搭載した企業)、およびH410(バリュー)チップセットを調べています。

これらは、より多くの企業およびエントリー層のユーザーをターゲットにします。

また興味深いのは、H410がW480およびQ470チップセットとピン互換性がないことです。これにより、エントリレベルのチップの非常に削減された設計が明らかになります。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

以下は、第10世代のComet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

  • 最大10個のプロセッサコアによるパフォーマンスの強化
  • 最大30 PCH-H高速I / Oレーンによるポートの柔軟性の強化
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi / BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig +)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2x1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

 

Intel 400シリーズチップセットファミリ:

チップセット名Intel Z490Intel W480Intel Q470Intel H410
全HSIO
レーン数
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
30 レーン
(16 CPI
+ 14 PCH)
全PCIe 3.0レーン数
(CPU + PCH)
最大40
(16 CPU +
最大40
(16 CPU +
最大40
(16 CPU +
22(16 CPU +
6 PCIe 2.0)
チップセット
PCIe 3.0 レーン数
最大 24最大 24最大 246 (PCIe 2.0 のみ)
SATA 3.0
ポート数
最大8最大8最大84
最大USB 3.2 Ports
Gen 2 (10 Gb/s)
/ Gen 1 (5 Gb/s)
8/108/106/100/4
全USBポート数
(最大 USB 3.2 Gen 1
(5 Gb/s))
14 (10)14 (10)14 (10)10 (4)
Intel RST テクノロジ
PCIe 3.0
ストレージポート数
3 PCH3 PCH3 PCH0
拡張シリアル
ペリフェラル
インタフェース
2 Chip Select2 Chip Select2 Chip Select1 Chip Select
オーバー
クロック
サポート
可能不可不可不可
Processor
PCIe Express 3.0
レーン数構成
1x16 or 2x8
Or 1x8 + 2x4
1x16 or 2x8
Or 1x8 + 2x4
1x16 or 2x8
or 1x8 + 2x4
1x16
ディスプレイサポート
(Ports / Pipes)
3/33/33/33/2
DMI 3.0
レーン数
4444 (DMI 2.0 Only)
メモリ
チャンネル数
/クロック
2/2
(DDR4-2666)
2/2
(DDR4-2666)
2/2
(DDR4-2666)
2/1
(DDR4-2666)

チップセットの機能に関しては、W480はここで言及されている3つのチップセットの中で最も機能が豊富です。

Z490はマニアとゲームユーザーにとって最も魅力的ですが、メインストリームチップセットを見てみましょう。

W480チップセットは、合計46の高速IOレーンと合計40のPCIe Gen 3.0レーンを提供します。

CPUは最大24のPCIe 3.0レーンを提供するチップセットで16レーンを保持します。

最大8個のSATA IIIポート、8個のUSB 3.2 Gen 2ポートまたは10個のUSB 3.2 Gen 1ポート、14個のUSB 3.2 Genポート、およびIntel RSTがサポートされます。

Z490チップセットに制限されているため、3つのチップセットのいずれもオーバークロックサポートを備えていませんが、オーバークロックの詳細については、Intel自身から後で入手できます。

第10世代ファミリーで期待できるZ490マザーボードの膨大なリストがあり、それらのほとんどはatwiki.jpですでにリークされています。

 

Intel Z490 'LGA 1200'マザーボード

Motherboard VendorASUSGigabyteMSIASRockSupermicro/NZXT/ECS
Z490ROG
MAXIMUS XII APEXROG
MAXIMUS XII
EXTREMEROG
MAXIMUS XII
FORMULAROG
MAXIMUS XII
HERO (WI-FI)ROG STRIX
Z490-A
GAMINGROG STRIX
Z490-E
GAMINGROG STRIX
Z490-F
GAMING

ROG STRIX
Z490-GIX
490 -H
GAMING

ROG STRIX
Z490-I
GAMING

TUF GAMING
Z490-PLUS
(WI-FI)

TUF GAMING
Z490-PLUS

PRIME
Z490-A

PRIME
Z490-P

PRIME
Z490M-PLUS

Z490 AORUS XTREME WATERFORCE

Z490 AORUS
XTREME

Z490 AORUS
MASTER
WATERFORCE

Z490 AORUS
MASTER

Z490 AORUS
ULTRA

Z490 AORUS
ULTRA-GU

Z490 AORUS
PRO AX

Z490 AORUS
PRO

Z490 AORUS
ELITE AC

Z490 AORUS
ELITE

Z490I AORUS
ULTRA

Z490
DESIGNARE

Z490
GAMING X

Z490M
GAMING X

Z490 WHITE

Z490
VISION D

Z490
VISION G

Z490 UD AC

Z490 UD

Z490 D

Z490M DS3H
Z490M

MEG Z490
GODLIKEMEG Z490
ACEMEG Z490
UNIFYMEG Z490I
UNIFYMPG Z490
GAMING
CARBON WIFIMPG Z490
GAMING
EDGE WIFIMPG Z490M
GAMING
EDGE WIFI

MPG Z490
GAMING
PLUS

MAG Z490
TOMAHAWK

Z490-A PRO

Z490 AQUA

Z490 Taichi

Z490 PG
Velocita

Z490
Phantom
Gaming 6

Z490
Phantom
Gaming 4 / 2.5G

Z490
Phantom
Gaming 4 /
Ac

Z490
Phantom
Gaming 4

Z490
Phantom
Gaming 4SR

Z490
Phantom
Gaming-ITX /
TB3

Z490 Steel
Legend

Z490
Extreme4

Z490 Pro4

Z490M Pro4
-ITX Z490M / ac

NZXT N7-
Z49XTSupermicro
C9Z490-PGW

 

IntelデスクトップCPU世代の比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大コア数TDPチップセットソケットサポート
メモリ
PCI-Ex
Ver
発売
Sandy Bridge32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/
DDR3L
PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/
DDR3L
PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake14nm10/20不明500-Series?LGA 1200?DDR4?PCIe Gen 4.0?2021
Alder Lake10nm?16/32不明不明LGA 1700?DDR5?PCIe Gen 4.0?2022?
Meteor Lake不明不明不明不明不明DDR5?PCIe Gen 4.0?2023?

Intelは間違いなく第10世代Comet Lake-SデスクトップCPUファミリーのリリースに時間を割いています

しかし、第3世代のRyzen CPUが主要小売店で非常識な取引を獲得しているだけでなく、AMDはZen 3ベースのRyzen 4000デスクトッププロセッサが2020年末までに到着することを再確認しました。

これにより、AMDがまったく新しいアーキテクチャベースのCPUファミリーを搭載する前に、Intelは4分の2のヘッドルームを確保できます。

しかし、インテル自身は、Rocket Lakeが今年後半に到着する前に、Comet Lake-Sを一般的なリフレッシュにしたいと考えているようです。

ソース:wccftech - Intel 10th Gen Comet Lake-S Desktop CPUs Officially Launch on 27th May – Core i9-10900K, Core i7-10700K, Core i5-10600K To Lead The Pack

 

解説:

Comet Lake-Sは4/30発表、5/27発売。

え?5/27発売ですか?うーん。

ここにきて一か月発売を遅らせる意味って何なんですかね。

モバイルのComet Lake-Hが4/2発表、4/15発売であることを考えるとやはり歩留まりがあまり良くないのかなと思わざるを得ないです。

コロナウィルスに関してはComet Lake-Hのスケジュールが二週間遅れであることを考えると一か月遅らせるというのはほかの要因もあるように思えます。

世界は確かに今はそれどころではありませんので、今時期に発売することが良いとは私も全く思いません。

それにしても当初Q1といわれていた発売がIntelの都合で遅れねさらにコロナウィルス騒ぎにぶつかってしまいました。

当初からAMDに対してあまり有効とは言えないラインナップでしたが、発売時期も最悪の時期となってしまいました。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.