CPU情報

24コアと48スレッドが確認されたAMD Ryzen Threadripper 3960X、第3世代HEDT「TR4 +」ラインナップの命名スキームの詳細

投稿日:

TUM_APISAKによるAOTSベンチマークのリストを通じて、最初の24コアと48スレッドのバリアントが確認されたため、AMDの第3世代Ryzen Threadripperプロセッサの命名スキームはすぐに手に入るようです。

 

AMD Ryzen Threadripper 3960X「第3世代Zen2 7nm」CPUがAOTSベンチマークで24コアと48スレッドをロッキング

AMDは先月、第3世代のRyzen Threadripper CPUが16コア/ 32スレッドのRyzen 9 3950Xフラッグシップメインストリームプロセッサーとともに11月に発売されることを確認しました。

AMD Ryzen Threadripperファミリは24コアと48スレッド製品でプレミアになりますが、このチップの最も興味深い点は、新しい7nm Zen 2コアアーキテクチャと第2世代の類似のチップレット設計に基づいているという事実です。

EPYC 'Rome'プロセッサは、既存のZen +コア上でIPCに15%の増加を提供し、より多くのI/O、より多くのキャッシュ、より多くの帯域幅、優れたマルチタスクパフォーマンスを提供します。

新しいThreadripperプロセッサのコードネームまたは命名スキームは明らかにされておらず、第3世代になると言われました。

ただし、24コアと48スレッドプロセッサがAMD Ryzen Threadripper 3960XとしてリストされているSingularityベンチマークのAshesでは、命名スキームが漏れているようです。

この命名スキームは興味深いだけでなく、ラインナップの残りの部分がどのようなものになるかというアイデアも提供します。

同様のニュースとして、昨日、デスクトップのThreadripperチップを含む未リリースの第3世代AMD Ryzen CPUが発見されました。以下がリストです

  • DT Ryzen Threadripper 280W SP3R3 (16C)
  • DT Ryzen Threadripper 280W SP3R3 (32C)

手始めに、AMDはすでにZen +ベースの第2世代Ryzen Threadripperラインナップを備えた24コアおよび48スレッドモデルを発売しています。

Ryzen Threadripper 2970WXとして知られていましたが、第3世代のラインでは、Threadripper ** 60Xバリアントには同じコア構成があり、それぞれの製品世代のステップアップをコアとスレッドで示しています。

AMDがRyzen Threadripper 3970X / WXを発売する場合、おそらく32コアと64スレッドを備えています。

同様に、第3世代のThreadripper 3980X / WXは48コア/ 96スレッドを備え、フラッグシップの3990X / WXは64コア/ 128スレッドを備えています。

 

AMD第3世代Ryzen ThreadripperプロセッサーSKU(噂):

CPU名CPUコア数CPUスレッド数前モデルペースクロックブーストクロックキャッシュ(L2+L3)TDP価格(米ドル)
AMD Ryzen Threadripper 3990X/WX64 Core128 ThreadAMD Ryzen Threadripper 2990WX (32 Core / 64 Thread)不明不明(4.6GHz)不明(288MB)-280W$1799 US?
AMD Ryzen Threadripper 3980X/WX48 Core96 ThreadN/A不明不明(4.6GHz)不明(192MB)-280W$1499 US?
AMD Ryzen Threadripper 3970X/WX32 Core64 ThreadAMD Ryzen Threadripper 2970WX (24 Core / 48 Thread)不明不明(4.8GHz)不明(144MB)-250W$1299 US?
AMD Ryzen Threadripper 3960X24 Core48 ThreadN/A不明不明(4.7GHz)不明(96MB)-250W$999 US?

※ カッコ内は管理人の予測です。

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU-価格、仕様、パフォーマンスの観点から予想されること

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、内部的に「キャッスルピーク」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。

ファミリはパフォーマンスの新しい基準であることが証明されます

新しいプラットフォーム機能は、改良されたソケットと新しいプラットフォーム上の古いプロセッサの互換性を制限する新しいチップセットを搭載すると噂されている新しいおよび強化されたTR4 +マザーボードに導入されます。

 

AMD TRX40 'Enthusiast' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

TRX4 HEDTプラットフォームは、クアッドチャネルメモリ、チャネルごとに2つのDIMM、チャネルごとに最大256 GBの容量のUDIMMメモリをサポートします。

これは、プラットフォームが最大1 TBのメモリをサポートすることを意味します。

SATAインターフェースで切り替え可能な16レーンの64 Gen 4 PCIeレーンもサポートされます。

TDPに関する情報もあるようで、ここでもセグメンテーションに気付くことができます。

グループ「A」シリーズのプロセッサ。280WTDP、60℃のTcase Max温度、および100℃のTctl Maxを備えたTRX40プラットフォーム用のHEDTラインナップです。

 

AMD WRX80 'Workstation' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

WRX80シリーズに来て、純粋なワークステーションのラインアップを見ています。

このプラットフォームを中心に構築されたプロセッサでさえ、EPDIC 7002製品と同様の仕様であり、UDIMM、RDIMM、LRDIMMフレーバーで8チャンネルDDR4-3200をサポートしています。

プラットフォームは、最大2 TBのメモリをサポートする1 DIMM /チャネルをサポートします。

TRX40シリーズのようなOCサポートはありませんが、SATAに32の切り替え可能なレーンを備えた96-128 Gen4 PCIeレーンを取得できます。

WRX80プラットフォーム用のワークステーションラインアップであるグループ「B」シリーズプロセッサも、280W TDPを備えていますが、Tcase Max温度が81C、Tctl Maxが100Cの異なる温度範囲を備えています。

 

AMD Ryzen Threadripper世代の比較:

世代AMD 1st Gen Ryzen ThreadripperAMD 2nd Gen Ryzen ThreadripperAMD 3rd Gen Ryzen Threadripper
アーキテクチャーZen 1Zen+Zen 2
Process Node14nm12nm7nm
最大CPUコア数163264?
最大CPUスレッド数3264128?
PCIe サポートPCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0
最大PCIeレーン数6464128?
最大L2キャッシュ8 MB16 MB32 MB?
最大L3キャッシュ32 MB64 MB256 MB?
ソケットTR4TR4不明
チップセットX399X399TRX40, TRX80, WRX80
発売201720182019

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper 3960X With 24 Cores & 48 Threads Confirmed, Naming Scheme For The 3rd Gen HEDT ‘TR4+’ Lineup Detailed

 

解説:

この情報はツイッターの@TUM_APISAK氏がソースです。

一応アカウントでリツイートしましたので入れるかどうか迷ったのですが、一応入れておきます。

最新情報を知りたい方は、ツイッターのアカウントをフォローしてください。

Threadripperの情報がリークしています。

これによると24コア48スレッドは3960Xということでギッチギチに詰まった従来の型番を使いまわすようですね。

64コア128スレッド以上は行かないという風にも読めます。

一応次のZen3コアの最大コア数は112コアと言われていますが、さすがにそこまで考えてないんでしょうね(笑

一応真ん中あたりの表に関しては私が機械的に計算したキャッシュや2000シリーズを参考にしたクロック周波数をカッコ書きで入れてあります。

当たらずとも遠からずという感じだと思います。

Threadripperに使われるコアはノーマルRyzenの選別品なので、24コアと32コアのブーストクロックはおそらく3950Xと同等か上になると思います。

2000シリーズの仕様から逆算すると3960Xが4.8GHzで3970Xが4.9GHzかなとも思ったのですが、4.9GHzはさすがに難しいのではないかと思います。

よって3960Xが4.7GHz、3970Xが4.8GHzとしました。

ゲーミングワークステーションとして使える(使いやすい)のは2000シリーズまでと同じく、やはり3970Xまでではないかと思います。

それ以下だとシングルスレッド性能が落ちそうですね。

まあ、XとWX両方出る可能性あるんじゃないかと思いますし、でターボの設定を変更してくる可能性はあるんじゃないかと思っています。

恐らく、メモリ4chと8chではCPUにかかる負荷も変わってくるのではないかと思います。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.