CPU情報

HWiNFO、次世代CPU「AMD Zen 4」の早期サポートを強化

投稿日:

HWiNFOは、AMDの次世代CPUであるZen 4に対応するために、次期ビルドで強化されたサポートを導入します。

このソフトウェアは、次のビルドでこの早期でありながら強化されたサポートを追加します。

HWiNFOは、次世代AMD Zen 4 CPUベースのシステムのために強化された早期サポートに対応します。

最近の噂で伝えられているように、AMDのZen 4 CPUの発売はまだ1年以上先のことですが、HWiNFOはZen 4ベースのシステムのために、予備的でありながら強化されたサポートを追加することにしました。

HWiNFOは、非常に人気のあるPCハードウェア検出・診断ソフトウェアで、通常、次期ハードウェアのサポートリストを早い段階で発表しています。

最新のサポートリストは、v7.05 (4490)の変更履歴に記載されていますので、以下にご紹介します。

HWiNFO 7.05 (4490) Changelog

  • NVIDIA GeForce RTX 3080, 3070, 3060 Ti の LHR バリアントを追加しました。
  • Rocket Lake 6c/4cにおけるメモリクロックとその他のパラメーターの報告を修正しました。
  • 一部のZen4ベースのシステムの早期サポートを強化しました。
  • 動かないSMBusが大きな遅延を引き起こすシステムに対する回避策を追加しました。
  • ASRock Z590 Extreme、Z590 Phantom Gaming 4、H570 Phantom Gaming 4、H570 Steel Legend、B550 Extreme4、B550 PG VelocitaにVRMモニタリングを追加しました。
  • 複数のNVIDIA GeForce RTX 3070 Tiおよび3080 Tiカードモデルを追加しました。

プレリリース版はこちらからダウンロードできます。

 

 

AMDのZen 4コアアーキテクチャは、来年の発売を予定しており、Ryzen「Raphael」、EPYC「Genoa」、Ryzen「Phoenix」ラインのチップに搭載される予定です。

コンシューマー向けのメインストリーム製品は、AM5プラットフォームに対応し、発売される頃には、最大24コア32スレッドのインテルのRaptor Lake CPUと競合することになります。

Zen 4システムの検出をサポートすることで、エンジニアリング/テストサンプルを含む次世代プロセッサの初期のリストを見つけやすくなります。

AMDのRaphael Ryzen「Zen 4」デスクトップCPUについて現在、分かっていること

Zen 4ベースの次世代RyzenデスクトップCPUは、コードネーム「Raphael」と呼ばれ、コードネーム「Vermeer」と呼ばれるZen 3ベースのRyzen 5000デスクトップCPUに取って代わることになります。

現在得られている情報によると、Raphael CPUは5nmのZen 4コアアーキテクチャをベースとし、チップレットデザインの6nm I/Oダイを採用するとのことです。

AMDは、次世代のメインストリーム・デスクトップCPUのコア数を増やすことを示唆しているので、現在の最大16コア、32スレッドからわずかに増加することが予想されます。

AMD Ryzen Raphael「Zen 4」デスクトップCPU期待される特徴:

  • 新しいZen 4 CPUコア(IPC/アーキテクチャの改善)
  • 新開発のTSMC 5nmプロセスノードと6nm IOD
  • LGA1718ソケットを持つAM5プラットフォームのサポート
  • デュアルチャネルのDDR5メモリをサポート
  • 28本のPCIe Gen4.0レーン(CPU専用)
  • TDPは105~120W(上限は~170W)

新しいZen 4アーキテクチャは、Zen 3に比べてIPCが最大25%向上し、クロックスピードは約5GHzになると噂されています。

「マーク、マイク、そしてチームは驚異的な仕事をしてくれました。現在の製品でも遜色ありませんが、野心的なロードマップを持つ当社では、極めて高い競争力を持つために、Zen 4とZen 5に注力しています。

「将来的にはもっとコア数が増えるでしょうが、それが限界だとは言いません。それは、我々がシステムの残りの部分をスケールアップしていくことで実現するでしょう」。

AMD CEO、Dr.リサ・スー  Anandtechより

AMDのリック・バーグマン氏、Ryzen CPU用の次世代Zen 4コアについて

Q-5nm TSMCプロセスを採用し、2022年初頭に登場するかもしれないAMDのZen 4 CPUが実現する性能向上のうち、コア数やクロック速度の向上ではなく、IPC(インストラクション・パー・クロック)の向上によるものはどの程度になるのか。

Bergman氏は次のように述べています。Bergman:「現在のx86アーキテクチャの成熟度を考えると、答えは "上記のすべて "ということになるでしょう。Zen 3の技術資料を見ると、19%のIPC向上を実現するために行ったことが延々と書かれています。Zen 4も同様に、キャッシュから分岐予測、実行パイプラインのゲート数に至るまで、あらゆることを検討しています。より多くのパフォーマンスを引き出すために、すべてが精査されます」。

"確かに(製造)プロセスは、ワットあたりのパフォーマンスなどを向上させるための新たな扉を開くものであり、我々はそれを活用していく。"

AMD EVPのリック・バーグマン氏、 The Streetより

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

プラットフォームについては、AM5マザーボードは、長く使用できるLGA1718ソケットを採用しています。

このプラットフォームは、DDR5-5200メモリ、28本のPCIe Gen 4.0レーン、より多くのNVMe 4.0およびUSB 3.2 I/Oを備え、ネイティブUSB 4.0をサポートする可能性もあります。

また、AM5プラットフォームでは、最大170W(ベースTDP120W)のCPUをラインナップするとしています。

また、Raphael RyzenデスクトップCPUにはRDNA 2オンボードグラフィックスが搭載される見込みで、これはIntelのメインストリームデスクトップラインナップと同様に、AMDのメインストリームラインナップもiGPUグラフィックスをサポートすることを意味します。

Zen 4ベースのRaphael Ryzen CPUの発売は2022年後半になると予想されているので、発売までにはまだ時間があります。このラインナップは、IntelのRaptor Lake第13世代デスクトップCPUのラインナップと競合することになります。

AMD Zen CPU / APU ロードマップ:

Zen
アーキテクチャー
Zen 1Zen+Zen 2Zen 3Zen 3+Zen 4Zen 5
製造プロセス14nm12nm7nm7nm6nm?5nm3nm?
サーバーEPYC Naples
(1st Gen)
N/AEPYC Rome
(2nd Gen)
EPYC Milan
(3rd Gen)
N/AEPYC Genoa
(4th Gen)
未確認
ハイエンド
デスクトップ
Ryzen Threadripper
1000
(White Haven)
Ryzen Threadripper
2000 (Coflax)
Ryzen Threadripper
3000 (Castle Peak)
Ryzen Threadripper
5000 (Chagal)
N/ARyzen Threadripper
6000 (未確認)
未確認
デスクトップRyzen 1000
(Summit Ridge)
Ryzen 2000
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000
(Matisse)
Ryzen 5000
(Vermeer)
Ryzen 6000
(Warhol / Cancelled)
Ryzen 6000
(Raphael)
未確認
デスクトップ
ノートPC向け
APU
Ryzen 2000
(Raven Ridge)
Ryzen 3000
(Picasso)
Ryzen 4000
(Renoir)
Ryzen 5000
(Lucienne)
Ryzen 5000
(Cezanne)
Ryzen 6000
(Barcelo)
Ryzen 6000
(Rembrandt)
Ryzen 7000
(Phoenix)
Ryzen 8000
(Strix Point)
低電圧
モバイル
N/AN/ARyzen 5000 (Van Gogh)
Ryzen 6000 (Dragon Crest)
未確認未確認未確認未確認

解説:wcctech - HWiNFO To Add Enhanced Early Support For Next-Gen AMD Zen 4 CPUs

 

 

解説:

HWinfoがZen4のアーリーサポートに対応

特に最終的な仕様がわかるわけではありませんが、これが来ると発売に向けて進んでいるんだなと言う実感がわきます。

当サイトでは取り上げませんでしたが、一部AMDの資料がリークされて、当初Zen4はDDR4向け(AM4向け)プロセッサとして開発されていたことが明らかになっています。

AMD単体ではDDR5を普及させることは不可能ですので、Intelの動向を見てDDR5の普及時期を考えてZen4はDDR5対応=AM5対応プロセッサとしたのだと思います。

Zen4からはiGPUも搭載しますので、単一構成の演算コアを搭載したCPUの最後のモデルはZen3+と言うことになろうかと思います。

Zen5からはハイブリッドテクノロジー相当の技術も搭載しますので、種類の違う演算コアがどんどん乗っていくという形になりますね。

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.