CPU情報

Intel Core i5-12600K Alder Lake CPUのベンチマークでは、AMD Ryzen 5 5600Xに対してマルチスレッド性能が50%向上していると言われています。

更新日:

Intel Core i5-12600K Alder Lake CPUのベンチマークで、AMD Ryzen 5 5600Xよりもマルチスレッド性能が50%向上しているとの疑惑が浮上しています。

Intel Core i5-12600K Alder Lake CPUは、AMD Ryzen 5 5600Xよりも最大で50%速く、5800Xや11900Kよりも速いとされるベンチマークを発表しました。

このベンチマークでは、Intel Core i5-12600Kが未知のプラットフォーム(おそらくDDR5メモリを搭載したZ690システム)上で、ノーマル構成で動作しています。コアベンチマークに入る前に、Core i5 Alder Lakeチップの仕様を簡単におさらいしておこう。

インテル Core i5-12600K 10コア/16スレッド デスクトップCPU

インテル Core i5-12600Kは、第12世代の中ではエントリーレベルのアンロックド・チップです。

6つのGolden Coveコアと4つのGracemontコアを搭載し、合計10コア(6+4)と16スレッド(12+4)を実現しています。

Pコア(Golden Cove)は、1-2個のアクティブコアで最大4.9GHz、すべてのコアがアクティブの場合は4.5GHzの最大ブースト周波数で動作し、Eコア(Gracemont)は、1-4個のコアで3.6GHz、すべてのコアがロードされている場合は最大3.4GHzで動作します。

このCPUは20MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)および228W(PL2)を維持しています。

インテル Core i5-12600Kは、シングルコアテストで746.2ポイント、マルチコアテストで7058.1ポイントのスコアを記録しました。

これにより、Core i5 Alder Lakeは、AMD Ryzen 5 5600Xに対して50%の大幅な差をつけており、AMDの8コア16スレッドのRyzen 7 5800Xよりも高速であることは非常に印象的です。

また、リークされたCore i5-12400のベンチマークと比較すると、Core i5-12600Kはマルチスレッド性能が44%向上しています。

これは、Eコアが適切に使用されていることを意味しており、さらに高クロック化によって性能がさらに向上しています。

 

 

https://twitter.com/TUM_APISAK/status/1451897610843787271?ref_src=twsrc%5Etfw

Intel Core i5-12600Kは、Rocket LakeのフラッグシップモデルであるCore i9-11900Kを楽々と打ち負かしており、この数字が信じられるならば、Intelはメインストリームセグメントで本気でAMDに苦戦を強いようとしていることがわかります。

NDA解除まであと数週間となりましたが、Core i5-12600Kは、多くのコンシューマー、特にゲーマーが注目するチップになるでしょう。

インテル Core i5 デスクトップ CPU 世代別比較:

CPU名Core i5-12600KCore i5-11600KCore i5-10600KCore i5-9600KCore i5-8600KCore i5-7600KCore i5-6600K
ファミリ12th Gen
Alder Lake
11th Gen
Rocket Lake
10th Gen
Comet Lake
9th Gen
Coffee Lake
8th Gen
Coffee Lake
7th Gen
Kaby Lake
6th Gen
Skylake
アーキテクチャーGolden Cove
(P-Core)
Gracemont
(E-Core)
Cypress CoveSkylakeSkylakeSkylakeSkylakeSkylake
製造プロセスIntel 7
(10nm ESF)
14nm14nm14nm14nm14nm14nm
CPUコア数10 (6+4)666644
CPUスレッド数16 (12+4)12126644
ベース
クロック
3.70 GHz
(P-Core)
2.80 GHz
(E-Core)
3.90 GHz4.10 GHz3.70 GHz3.60 GHz3.90 GHz3.50 GHz
ブースト
クロック
4.90 GHz
(P-Core)
3.60 GHz
(E-Core)
4.90 GHz4.80 GHz4.60 GHz4.30 GHz4.20 GHz3.90 GHz
キャッシュ20 MB L312 MB L312 MB L39 MB L39 MB L36 MB L36 MB L3
TDP (PL1)95W95W95W95W95W91W91W
価格$262?$262$262$262$257$257$242
発売2021202120202018201720172015

性能はAMD Ryzen 7 5800Xと同等以上であることはわかりましたが、価格はどのようになるのでしょうか。

Core i5-12600Kは、これまでのIntel Core i5チップの価格設定を踏襲するとされています。

第7世代から始まり、最近の第11世代Rocket LakeパーツまでのインテルのCore i5 CPUの過去の価格設定を見ると、希望小売価格が260ドルから270ドルの米国内の価格帯に収まっていることがわかります。

インテルが第12世代プロセッサーでCore i5 CPUの価格モデルを変更する可能性は低いので、もしそうであれば、Core i5-12600Kの価格は260ドル前後になるでしょう。

また、「KF」と呼ばれるモデルも登場し、こちらは約25~30ドル安くなり、全体で235~245ドルの範囲に収まると思われます。

つまり、400ドル以上するAMD Ryzen 7 5800Xよりもわずかに優れた性能を、Ryzen 5 5600Xよりも30ドル低い価格で手に入れることができるということになります。

驚異的な価格といえます。もちろん、新しいプラットフォームへの投資や、新しいOSプラットフォーム(この場合はWindows 11)への移行など、コストや手間がかかるという難点はありますが、こうした目先の問題を抜きにして考えれば、Core i5-12600Kの方が圧倒的に優れたパフォーマンスを、非常にお得な価格で提供していることになります。

さらに、12600KはCore i5の中でも特にセグメント化されているため、消費電力や発熱がハイエンドモデルほど大きくならないとも言われています。

ソース:wccftech - Alleged Intel Core i5-12600K Alder Lake CPU Benchmark Shows 50% Higher Multi-Threaded Performance Versus AMD Ryzen 5 5600X

 

 

解説:

12600Kのベンチマークがリーク

実は私は今回のAlderLakeの中で一番バランスが取れているのではないかと思っているモデルがこのCore i5-12600Kです。

Golden Coveが6コアしかありませんが、Eコアが4コアあるため、マルチスレッド性能が不足しているということもありませんし、他のCore i5モデルはEコアが一切搭載されていませんが、この12600Kにはあります。

AlderLakeはRyzenのマルチスレッド性能に追いつくためにかなり無茶なチューニングをされている製品ですが、フラッグシップほど無茶な性能が求められないミドルレンジの製品である12600Kなら扱いにくい発熱もさほどではないでしょう。

まさに、intelの10nmの美味しいところをたっぷり使っている製品と言っても過言ではありません。

シングルスレッド性能は12900Kより1割ほど劣りますが、それでも従来の製品と比較すると圧倒的と言ってもよいレベルです。

そのため、一番人気になるのではないかと思っています。

繰り返しますが、Core i7がPコア+Eコアが8+4でCore i5が6+0になります。

Core i5で唯一この12600Kだけが6+4と言う変則的な構成であり、マルチスレッド性能もシングルスレッド性能も満足のいくレベルだと私は思います。

アンロックもされていますが、今回のAlderLakeのチューニングは本当にギリギリのレベルなので12600Kの性能当たりが扱いやすいギリギリレベルではないかと思います。

よって、12600Kが今回のAlderLakeのなかで最もコストパフォーマンスの高いモデルになると思います。

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

末尾K付きロック解除モデル以外の通常モデルは2022年発売予定です。

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.