GPU情報

AMDは3月3日にRadeon RX 6700 XTの「Navi 22」RDNA 2グラフィックスカードを発表、RTX 3060 Tiにも対応予定

投稿日:

AMDは、Navi 22 GPUをベースにしたRadeon RX 6700 XT RDNA 2グラフィックスカードを3月3日に発表することを正式に確認しました。

AMDはまた、昨年リークされたカードと同じデザインを特徴とするカードのより良い外観を提供しています。

AMD Radeon RX 6700 XTは3月3日に発表され、後に発売され、入手可能になる - GeForce RTX 3060 Tiとの競合になるだろう

AMDは、米国東部時間3月3日午前11時にRadeon RX 6700 XTグラフィックスカードを発表すると発表した。

AMDは、これは正式な発表ではなく、お披露目であることを明確に述べていることに注意してください。

以前の噂では、発売日は3月18日とされている。AMDのRadeon RX 6700 XTは、Radeon RX 6000シリーズファミリーの最新の追加製品となり、希望小売価格が399ドルのGeForce RTX 3060 TIに対抗することを目指している。

AMD Radeon RX6700XTとNavi22XT、およびRadeon RX6700とNavi22XL'RDNA 2'GPU

最後に、Navi 22 XTベースのRX 6700 XTとNavi 22 XLベースのRadeon RX 6700グラフィックスカードを含むRadeon RX 6700シリーズの仕様をご紹介します。

AMD Radeon RX 6700 XTはフルNavi 22 XT GPU SKUを搭載し、40台のコンピュートユニットまたは2560ストリームプロセッサを搭載し、Radeon RX 6700はNavi 22 XL GPU SKUを搭載し、カットダウン構成を採用すると予想されます。

グラフィックスカードは、12GBのGDDR6メモリバッファと192ビットバスインターフェースを搭載する。

AMD は、ほとんどの場合、16 Gbps のダイを使用して、カードの合計帯域幅は 384 GB/s になります。

最近のリークでは、Radeon RX 6700 XTが2つのバリエーションで提供されていることが指摘されています。

デュアルスロット冷却ソリューションを搭載したAMD Radeon RX 6700シリーズ

デザインに移りますが、デュアルスロットカードは、トリプルスロットカードに似たデザインを採用していますが、ややコンパクトなフォームファクターを採用しています。

この外装は、AMD Radeon RX 6700シリーズカード用に設計されていると言われています。

このカードは、デュアルアキシャルテックファンのデザインを特徴としており、中央とファンにはRadeonブランドを象徴する大きな「R」のロゴがあります。

このカードはまた、側面にLEDライトのRadeonロゴを備え、アルミヒートシンクからの熱を排出するための大きなカットアウトを備えています。

カードには2つの8ピン電源コネクタがありますが、8+6またはより電力を最適化したバリエーションのための構成も見られるかもしれません。

このカードはデュアルスロットのフォームファクタを搭載しており、Big Naviグラフィックスカードと同様のI/Oを備えています。

このクーラーは、Radeon RX 5700シリーズのグラフィックスカード用のAMDのNavi 10 (RDNA 1) GPUに比べてわずかに小さいが、まだ大きいNavi 22 GPUを搭載することが期待されています。

AMD Radeon RX 6000シリーズ "RDNA 2 "グラフィックスカードをラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6700
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon RX 6900 XT
GPUNavi 22?Navi 22 (XL?)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTX
Process Node7nm7nm7nm7nm7nm7nm
未確認未確認未確認268億268億268億
Compute Units未確認未確認40607280
Stream Processors未確認未確認2560384046085120
TMUs/ROPs未確認未確認未確認240 / 96288 / 128320 / 128
Game Clock未確認未確認未確認1815 MHz2015 MHz2015 MHz
Boost Clock未確認未確認未確認2105 MHz2250 MHz2250 MHz
FP32演算性能未確認未確認未確認16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs
メモリ容量
・種類
12 GB
GDDR6?
6 GB
GDDR6?
12 GB
GDDR6
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
メモリバス幅192-bit192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック14 Gbps?14 Gbps?16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps
メモリ帯域幅320 GB/s320 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s
TDP未確認未確認未確認250W300W300W
価格未確認未確認未確認$579 US$649 US$999 US

ソース:wccftech - AMD Unveils Radeon RX 6700 XT ‘Navi 22’ RDNA 2 Graphics Card on 3rd March, Will Tackle The RTX 3060 Ti

 

 

解説:

RX6700XTが3月3日に発表

SP数がRX6900XTの半分ですから、単純計算ですと11.52TFLOPSと言うことになります。

RX5700XTは9.754TFLOPSでしたから、単純計算で+18.1%の性能向上と言うことになります。

ただし、インフィニティキャッシュが搭載されていた場合は演算性能と比較してかなりゲーム性能が高くなりますので、実ゲーム性能はもっとプラスになる可能性はあると思います。

RTX3060TiのTimeSpyスコアが11,887、FireStrikeExtremeが14,335ですので、恐らくその前後の性能になるのではないかと思います。

価格は現在のところあってないようなものですから、あまり触れる意味はありませんが、RTX3060TiのFE版が69,800円(税別)でした。

RadeonはGeforceと比較すると安めの価格が付くことが多いので、45,000-55,000円(税別)程度の価格になるのではないかと予想します。

nVidiaのようなマイニング対策が行われるかどうかに関しては多分しないだろうと思います。

元々BigNaviは演算能力があまり高くありませんでした。

Radeonは人気もイマイチなのでそこまで考えてないんじゃないかと思います。

どっちにしてもGDDR6搭載世代のGPUは極端に品薄になっていますので、何らかの対策はしてほしいところです。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥358,800 (2021/04/13 04:32:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.