GPU情報

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERおよびGeForce GTX 1650 Tiは、10月に発売予定-2つの新しいGTX Turingメインストリームカード

投稿日:

NVIDIAは、GeForce GTX 1660 SUPERとGeForce GTX 1650 Tiの2つのカードを10月に発売する準備をしています。

どちらのカードも、来月発売予定のAMDのメインストリームNaviラインナップに取り組む予定です。

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERおよびGTX 1650 Tiが10月に発売– Navi 14に対する2つのGTX Turnig

NVIDIAは、GeForce GTX 1660 SUPERとGeForce GTX 1650 Tiの2つのカードを10月に発売する準備をしています。

両方の車10月がNVIDIAとAMDの両方にとって大きな戦場になることは間違いありません。

どちらのライバルも大衆向けの主流オプションを備えており、1ドルあたりのパフォーマンスとワットあたりのパフォーマンスを向上させるライバルは、猛攻撃から抜け出すことができます。 NVIDIAのチューリングベースのGeForce GTXカード、特にGTX

1660とGTX 1660 TIはこれまでかなりの性能を発揮してきましたが、NVIDIAは通常の非TI GTX 1660グラフィックカードのスーパー製品を発売する予定です。

最新レポートは、GeForce GTX 1660 SUPERの4つのASUS製品を発見したVidecoardzによるもので、DUAL、EVO、Phoenix、およびTUF3.dsは、来月発売予定のAMDの主流Naviラインナップを発売する予定です。

 

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER – GDDR6メモリでアップグレード

前回のレポートで、NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERが残りの仕様を保持しながら新しいGDDR6メモリインターフェイスを提供する方法について説明しました。

仕様に関しては、GeForce GTX 1660 SUPERは既存のGeForce GTX 1660と同じTU116-300ダイを使用します。1408CUDAコア、80 TMU、48 ROPの同じコア構成を備えています。

クロック速度については言及していませんが、わずかに変化する可能性があります。

グラフィックカードの主な変更点は、メモリ設計です。

GeForce GTX 1660は8 Gbpsで動作する6 GBのGDDR5メモリを備えていますが、GeForce GTX 1660 SUPERは14 Gbpsで動作する6 GBのGDDR6メモリを備えています。

このメモリは、12 Gbpsのダイを備えたGeForce GTX 1660 Tiよりも高速です。

メモリは192ビットのバスインターフェイスに沿って機能し、336 GB / sの合計帯域幅を提供します。

NVIDIAがGPUクロック速度を上げることを決定した場合、カードはGeForce GTX 1660 Tiに近づいているでしょう。後者は非Tiバリアントよりも10%速いだけだからです。

カードは、Radeon RX 590よりも平均で約15%高速になり、これまでに確認したNavi 14のパフォーマンスリークを考慮すると、AMDがNavi 14ラインナップでさらに低価格のカードを発売することを望まない限り、それはかなりまともな価格での販売になるでしょう。

また、NVIDIAがGTX 1660 SUPERでどのような価格設定を念頭に置いているかを見るのも興味深いでしょう。

現在、GeForce GTX 1660の価格は229米ドルで、Tiバリアントの価格は249米ドルです。

これには2つの方法があります。

NVIDIAは、GTX 1660の生産を終了し、ほとんどのハイエンドRTX SUPERラインナップで行ったようにSUPER製品に置き換えるか、SUPER製品と非SUPER製品の両方を異なる価格で提供するかを決定します。

前者の場合、GTX 1660 SUPERは同じ229ドルの価格で入手でき、2番目の場合は、約249ドルのわずかな価格上昇を得ることができます。

NVIDIA GeForce 16 シリーズ予備仕様

GeForce RTX 2060 FEGeForce GTX 1660 Ti 6GBGeForce GTX 1660 SUPER 6GBGeForce GTX 1660 6GBGeForce GTX 1650 Ti 4 GBGeForce GTX 1650 4 GB
チップ型番TU106TU116-400TU116-300TU116-300TU117TU117
CUDAコア数19201536140814081024?896
Tensorコア数240無し無し無し無し無し
RTコア数30無し無し無し無し無し
Texture Units1209680806456
ROPs484848483232
ベースクロック1365 MHz1500 MHz不明1530 MHz不明1485 MHz
ブーストクロック1680 MHz1770 MHz不明1785 MHz不明1665 MHz
メモリ容量・種類6GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR54GB GDDR54GB GDDR5
メモリバス幅192-bit192-bit192-bit192-bit128-bit128-bit
メモリクロック14 Gbps12 Gbps14 Gbps8 Gbps8 Gbps8 Gbps
L2 キャッシュ3 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB
TDP160 W120W不明120W75W75W
トランジスタ数108億66億66億66億4.7億4.7億
ダイサイズ445 mm²284mm2284mm2284mm2200mm2200mm2
価格(米ドル)$349$279~$249$229$179?$149

 

NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti – 200ドル未満の価格帯をフルTU117でカバー

NVIDIAが取り組んでいるもう1つのカードは、GeForce GTX 1650 Tiです。

このカードには、ASUSからのいくつかのカスタムバリアントのリークも見られました。

仕様はありませんが、GeForce GTX 1650で見ているものに基づいて、GeForce GTX 1650は1024 CUDAコア、32 ROP、64 TMUを搭載できます。

このカードは、同じ8000MHzの実効クロック速度で128ビットバス上で実行される4 GB GDDR5 VRAMを特徴とし、128 GB/sの帯域幅を提供します。

現在、GTX 1650のTDPは75Wに設定されていますが、GTX 1650 Tiの同様のTDPも確認できます。

これは、起動に外部電源コネクタを必要としない同様のTDPを備えたTiと非TIの両方の製品を備えた以前のGTX * 50シリーズカードにも当てはまります。

GeForce GTX 1650と同様に、GTX 1650 Tiはさまざまなカスタムモデルで利用でき、ほとんどの場合、工場出荷時のオーバークロックを可能にする6ピン電源コネクタを備えています。

このカードの価格は、1100中国円(人民元)または150ドル前後と言われています。

GTX 1650の価格はすでに149 USドルに設定されているので、Tiバリアントの価格は179 USドルで30ドル余分にかかると個人的に考えています。

NVIDIAがGTX 1650の値下げを計画している場合にのみ、より低い価格が可能になります。

カードがGeForce GTX 1650(Ti無し)より10-15%高速であれば、Radeon RX 570(8 GB製品)よりもわずかに優れたパフォーマンスが得られますが、より低い電力とはるかに低い温度で動作します。

NVIDIAはゲームバンドルを追加して販売を強化することもできますが、正式な発売まで本当に行われるかどうかはわかりません。

また、CEOが2019年にレイトレーシングなしでGPUを購入するのはおかしいと述べているため、NVIDIAが新しいGeForce GTX Turingカードをどのように販売するかを見るのはかなり興味深いことです。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER & GeForce GTX 1650 Ti Expected To Launch in October – Two New GTX Turing Mainstream Cards For The Masses

解説:

GTX1660SuperとGTX1650Tiの情報がリーク

来月発売されるNavi14に対抗するためにGTX1660SuperとGTX1650Tiが予定されていますが、その仕様がリークしました。

完全にAMDのNavi14に対抗するための製品であり、逆に言えば、この2つの製品を見れば、Navi14がどのような性能であるか予想可能ということでしょう。

GTX1660SuperはこれまでのSuperラインナップを見ると、実質的なGTX1660Tiの値下げと見てよいと思います。

そのため、クロックを上げてより少ないCUDAコア数でGTX1660Tiと同等の性能になると考えてよいでしょう。

使われるメモリがGDDR6の6GB、14GbpsとGTX1660Tiより高速ですので、GTX1660Tiの仕様がバランスが取れていると仮定すれば、クロックを上げない限りは無駄な帯域が発生することになります。

新規に設計されるカードはそれは無いと思いますので、恐らくはGTX1660Tiの実質的な値下げモデルとなるでしょう。

GTX1650Tiに関してはフル仕様のTU117で、GTX1060≒GTX1660に近い性能になるのではないかと思います。

GTX1650はRX570より高速と公式発表されていますが、ユーザーが計測したデータを見るとそれよりもやや下であり、GTX1650Tiは完全にRX570より上になるものと思います。

この2つのGPUを見ると、Navi14には2つのバージョンがあることが予想できます。

それがRX5600とRX5500なのではないでしょうか。

RX5600はGDDR6、RX5500はGDDR5で、RX5500の方はRX5600のカットダウンモデル(SP数を減らしたモデル)になると思います。

nVidiaはRX5700/XTの実際の製品を入手して分析しているでしょうし、AMDが発注している電源周りのパーツやメモリなどの内容・種類・量を全体の出荷量を見てかなり正確に把握していると思いますので、恐らくは相当正確にNavi14の性能を予測していると思います。

そのうえでこれら2つの製品をラインナップしたとすれば、Navi14を使った製品群はこれらよりも若干性能が下ということが予想できます。

まあ、いずれにしてもAMDが本気を出さない限りnVidiaは値下げをしないということがあきらかになったわけで、Geforceにこだわりの無い方は勝手なお願いは重々承知の上でRadeonや来年出るIntelのXeを買ってあげてほしいなと思います。(笑

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.