GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 3080のヒートシンクの写真が流出

更新日:

NVIDIA GeForce RTX 3080のヒートシンクが露出している

近日発売予定のAmpere RTXシリーズのヒートシンクがまたもやリークされたが、今回はシュラウドが取り付けられていない。このクーラーは、少なくとも4本の太いヒートパイプを持つ巨大な冷却ブロックを持っています。

セカンダリヒートシンクは、物理的にクーラーのプライマリ部分の残りの部分に取り付けられており、ユーザーが取り外したり変更したりすることができないことを意味します。NVIDIAは、クーラーの設計でヒートパイプをこれほど頻繁に使用することはもうありません。

ヒートパイプを使用した最後のGeForceグラフィックスカードはRTX 2060 Founders Editionで、その前のカードはGTX 480でした。

このユニークな形状のヒートシンクは、カードの反対側にそれぞれデュアルファンを搭載しています。これにより、カードをどのようにシステムに設置してもエアフローが改善されるはずだ。これもNVIDIAによるオープンエア冷却システムであり、ブロアタイプのデザインは過去のものとなっているようだ。

ソース:Videocardz.com - NVIDIA GeForce RTX 3080 heatsink leaked

 

解説:

RTX3080のヒートシンクの写真が流出したようです。

単体で150ドルほどすると言われているRTX3080のヒートシンクですが、内部でヒートパイプが使われているようです。

リファレンスカードの写真では確認できなかったので、ヒートパイプが使われていないのではないかと言われていましたが、やはり使われていたようです。

リファレンスカードでヒートパイプを使ったのはRTX2060FE版の前はGTX480で、nVidiaはあまり積極的ではなかったようです。

性能上の問題でないならば、多分コスト的な問題だったのだと思いますが、AMDへの対抗上、ヒートパイプを採用せざるを得なかったのかもしれません。

既にPS5や新Xboxの性能でも明らかになっていますが、今度のBig Naviは決して油断できるような性能ではありません。

このヒートパイプ採用の冷却システムがnVidiaの警戒感を物語っているように見えます。

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

RTX2080Ti最安

RTX2080Ti OCモデル

 

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.